【レポート】ドイツフェスティバル2018に行ってきました!

先日11月1日(木)〜4日(日)に、青山公園で開催されていたドイツフェスティバル2018にいってきました!

ちょうど来月12月下旬〜1月上旬まで、

ドイツに立ち寄るので、それを先取りしてきました。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール

年末時期のビジネスクラスを検索して、意外にもまだ席が空いていることがわかり、予約してしまいました。 実際にビジネスクラスで予約しました  〜2018年末パリ・フランクフルト旅行...

週末にいってきまして、日差しがとても強かったですが、行楽日和でした。

4日は曇りで、ちょうどよいタイミング、時間帯に行くことができました。

さてお昼頃、会場に到着すると、すでに人でいっぱい。

活気溢れています。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ドイツフェスティバル2018とは

料理などを通じて、ドイツを知ってもらうイベントで、今年で8回目を迎えます。

ドイツ連邦共和国大使館主催イベントです。

大使館が近くの広尾にありますね。

料金

無料です。

ただし、会場内で売られているものは有料となります。

会場に並んでいるソーセージやビールを見ていると、

さすがに無料で帰る人はいないでしょう。

場所

青山公園(南地区)で行われていました。

乃木坂駅が近いですね。

六本木からでも歩ける距離です。

青山霊園を中心にして、周りに「青山公園」がいくつかありますので注意です。

青山公園(南地区)の方でやっていました。

入り口

入り口そばにドイツビールやドイツ料理の情報が一覧になっていてわかりやすかったです。

会場

スタンプラリーをやっていて、1等がベンツ試乗券(1泊2日)でした。

そのベンツ?かどうかわかりませんが、

ベンツが会場にありました。

走れませんが、中には入らせてもらっている人はいました。

お店は、以前2016年11月にヨーロッパ旅行した時にドイツ(ベルリン)のクリスマスマーケットで見た小屋をつかっていました。

テントやプレハブじゃなくて、木でくみ上げているんですよね。

雰囲気がでます。

どこも行列。。。

飲食スペースも座る場所がすぐには見つからず。。。

お昼を過ぎて、14〜15時くらいになると、

だんだん座れるスペースがでてきますよ。

フード・ビールブース

覚えきれないほどビールの種類がありました。

飲食は、当然ながら、ソーセージ推しのお店がほとんどです。

Markus’ Frankfurter Haus

こちらのMarkus’ Frankfurter Hausさんで購入することにしました。

かなり行列で店の前で折り返して並ぶほど。

美味しそうな品々。

バックヘンデルというドイツの唐揚げが飛ぶように売れていきます。

アイスバイン ザワークラウト添え

アイスバインのグリル ザワークラウト添え 1,000円

アイスバインは煮込まれた豚肉ですが、グリルで美味しく焼きあがっています。

焦げ目が美味しいです。

ザワークラウト(キャベツの酢漬け)もついてきます。

プレッツェル

発酵バター入りプレッツェル 400円

お肉とともに、こちらのプレッツェルも一緒に。

岩塩がまぶされているイメージでしたが、

こちらはございません。

中にバターが入っていて、単体でもOKです。

Ieckermaul

シュニッツェル

シュニッツェル 1,500円

ドイツ風カツレツです。

ペラペラにみえますが、

味がしっかりついていて、食べ応えあります。

Riegele

普段全く飲まず、以前ヨーロッパ旅行を何度かした中でもノンアルコールビールしか飲んでいなかったのですが、今回ばかりはドイツビールをちょっと飲んでみました。

こちらのお店で購入。

当初、4種類の飲み比べ(1,500円)を頼もうとしたところ、すでに完売。

行列を並んでやっとたどり着いたので、じゃあいいですとは言えず、

リーゲレケラービアとリーゲレピルスを注文。

せめて他の店のように、「完売」と看板か何かに貼って欲しかったですね。

私の後、何人かに1人はこのやりとりがありました。

ともかく、久々のビールです。

リーゲレケラービア(1,000円) リーゲレピルス(1,000円)

リーゲレケラービア(左)とリーゲレピルス(右)

苦みがどちらも微妙に違ってました。

しばらく飲んでいないため、

ビールの味を忘れてしまった・・・。

ともかく美味しかったです。

1杯500mlなのですが、我々早々に赤くなっていました。

インビスハライコ

やはりソーセージは外せません。

こちらのお店で購入!

ソーセージの盛り合わせ

ソーセージの盛り合わせ 1,500円

盛りだくさん!

カリーブルスト、やはりこれですね。

ハズレなしです。

カリーブルストの後だったので、

こちらがプレーンな味わいでした。

全体的に塩っ気が強かった気がします。

こちらにも、ザワークラウト。

添え物がポテトじゃないんですね。

その他

一番端のお店は、BBQぽくなっていて、めちゃめちゃ肉を焼いてきました。

ここが出所。

隣の店まで。。。

イベント

第九の歌や、ビアジョッキをだれが一番長く持ち続けられるか大会など、盛り上がっていました。

夕方ごろにはバンドの演奏もあるようでした。

終日、晴れていて、よい日でした。

物販ブース

フード・ビールゾーンとは反対側に物販ゾーンがありました。

ワイン試飲の他、

ハード系なドイツパンを売っていたり、

ダルマイヤーではコーヒーが振る舞われていました。

会場の外から

公園は米軍の敷地が隣接していました。

こんなところにあるのですね。

少し高くなっている場所があり、上ってみると、

「Danger」

賑わいの裏側には、このような「Dangerゾーン」が・・・。

Danger Zone柵越しからの六本木ヒルズ。

まとめ

天候にも恵まれ、美味しいソーセージとビールという

定番のドイツスタイルを堪能しました!

そういえば、野菜系のフードがなかったですね。。。

お昼に食べてから、しばらく夜もお腹が減らず、

お腹持ちもよかったです。

来年も行ってみたいですね。

以上です

ご参考になれば幸いです。