* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

JCB京爛漫 〜JCB ゴールド以上所有で利用可!JCBがおすすめの京都のお店情報が掲載されたガイドブック。歴史の重なりを感じるお店・旅館が多数掲載。

 

JCBから、京情緒が味わえる情報が掲載された、「JCB京爛漫」というJCBオリジナルガイドブックがございます。

JCB ゴールドカード以上の会員であれば無料でもらえます。

とはいいましても、自動的に送られてくる冊子ではなく、

必要の際は、資料請求する形となります。

 

 

ガイドブック・JCB京爛漫

 

JCB京爛漫とは

JCBが厳選した京都ガイドです。

 

全部で約74店が紹介されています。

 

この特典を使うために必要なJCBのクレジットカード

ネクサス(現在は新規発行中止)

ゴールド

ゴールド ザ・プレミア

プラチナ

ザ・クラス

となります。

ゴールド以上で利用できる特典、ととらえていただいてOKです。

 

JCBの資料請求ページから申込可能

以下のからアクセスすることで、申込ができます。

JCBカードの資料請求サービス

「GOLD Basic Serviceに関する資料(ザ・クラス、ゴールド、ネクサス会員の方のみ)」からアクセスしましょう。

 

MyJCBもしくはJCBカード番号が必要ですので、

ご自身のMyJCB IDか、手元にクレジットカードを控えておきましょう。

 

1週間ほどすると届きます。

 

優待期間が設定されています

2018年4月1日(日)〜2020年3月31日(火)の2年間

となっております。

2年ごとに刷新されております。

 

お店はウェブサイトにも掲載されています

JCBのウェブサイトにもお店が掲載されています。

京爛漫

 

 

地域毎にお店が掲載

構成としては、

祇園・白川

河原町・烏丸

四条・五条・九条

嵐山・高雄

伏見・貴船・花脊

などの地域毎に、お店が掲載されております。

 

平均予算、座席数や個室の有無、禁煙席などの記載の他、

お子様連れ、おひとり様利用、車イス利用の可否などもあり、

細かく記載されていてわかりやすいです。

 

旅館もございます。

 

お店の説明に、創業に触れる部分が必ずあるのですが、

元禄や享保年間、といった記載が普通にあり、歴史の重なりのあるお店の数々です。

 

明治時代からのお店もたくさんあるのですが、

それらと比べると最近のお店のように錯覚するほど。

 

京都という土地柄を感じさせます。

 

予算について

京都という土地柄、無意識に「高い」と感じてしまいます。

 

実際、

ランチ:1人あたり2,500円のところもありますが、だいたい5,000円〜10,000円。

ディナー:1人あたり10,000円〜20,000円ぐらい

までがボリュームゾーンです。

 

とはいいましても、単純に高いというのではなく、

食材、サービス、立地など鑑みると、相応なのではないかと思います。

 

お土産の紹介ページ

 

地図

最後に、記載されたお店の地図も掲載されています。

 

 

まとめ

 

「外したくない」との思いがある方であれば、

十分活用できるガイドブックだと思います。

 

京都にはお値段的にもサービスとしても飛び抜けて高いお店が数多くあるなか、

京都の中では比較的落ち着いたお店が掲載されていると思います。

 

京都は古いお店が多い中、新しいお店もドンドンできていますし、

昔からのお店も改善、改良を重ねて進化しているので

まずどこからいこうかな、といったところからでも活用できると思います。

 

 

参考・JCB Lounge 京都について

JCB ゴールド ザ・プレミア以上のカードで、JCB Lounge 京都の利用が可能

JCB ゴールド ザ・プレミア、JCB プラチナ、JCB ザ・クラスカード会員だと、

京都駅ビル内にあるラウンジ、JCB Lounge 京都を利用することができます。

上記イメージは、JCBのウェブサイトから引用させて頂きました:https://www.jcb.co.jp/premium/theclass/travel/jcb-lounge-kyoto.html

京都駅内という大変便利な場所にございます。

 

JCB京爛漫を活用して京都旅行をする時など、大変便利です

 

以前、JCB Lounge 京都を利用した際のレポートは以下となっております。

京都駅内に落ち着きの場所 〜JCB Lounge 京都
https://mashichan.com/entry/jcb-lounge-kyoto

こぢんまりとしていますが、ちょっと落ち着くにはちょうどよい広さでした。

 

場所

 

上記イメージは、JCBのウェブサイトから引用させて頂きました:https://www.jcb.co.jp/premium/theclass/travel/jcb-lounge-kyoto.html

 

京都タワーを側の改札をでて、右方面に進んでいくとあります。

京都劇場を目指せばよいですね。

 

駅近の場所で、ゆったりくつろげるというのは大変有益です。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE