* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ホテル・大阪】ザ・リッツ・カールトン大阪・朝食編

 

ザ・リッツ・カールトン大阪に宿泊した際、朝食もホテル内でとりました。

宿泊した時の記事はこちら

宿泊したホテル 〜ザ・リッツ・カールトン大阪

場所

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目5−25

朝食

会場:1F スプレンディード

営業時間(朝食)

6:30 ~ 11:30(朝食ブッフェ ~10:30)

金額 〜ブッフェの場合

宿泊者と外部者で金額が異なります。

 ブレックファースト ブッフェ

宿泊者:4,500円

宿泊者以外:5,000円

(消費税とサービス料込)

Marriott Bonvoyのエリート資格がプラチナであろうがそれ以上でも、リッツは朝食が無料にはなりません。

下記の公式サイトの規約にもございます。

参考 エリート会員資格Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム会員資格

リッツ・カールトン含めた対象ブランドホテルの参加料飲施設向け割引(10%から15%OFF)も残念ながらありません。

参考 Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード およびMarriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード 会員限定 レストラン&バー割引特典Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス提携カード 会員様限定レストラン&バー割引特典

しかし、ホテルにて、マリオットボンヴォイのエリート会員に向けに「ホテルクレジット2,000円分」が提供されており、朝食に利用しました。

そのため、2人で9,000円->7,000円となりました。

内装

1Fということや窓が限られるので、眺望は期待できません。

しかし、テーブル間はゆとりがあり、ゆったり食事ができます。

メニューは、和・洋食がございます。

洋食メニュー

フレンチトーストの他、ソーセージ、スクランブルエッグなどホットミールも一通りございます。

中央には、ハムやサラダ類が置かれています。

フルーツ類は、珍しくドラゴンフルーツがありました。

ベーカリー

パンはクロワッサンの他、食パンなど各種ありました。

和食メニュー

訪問したときは、和食は種類がかなり限られていた印象です。

いい言い方をすれば、体に優しい、さらっといただくような内容でした。

ドリンク

オレンジジュース、牛乳などございます。

コーヒーは個別にテーブルで注文してもってきてもらいます。

ポットでの提供ではなく、1杯ごとになります。

スパークリングワインあり

驚いたことに、スパークリングワインが冷やされておいていました。

朝から?と思いましたが、非日常を味わうべく、すこし1杯いただきました。

卵料理

エッグベネディクトやオムレツは個別注文になります。

それぞれいただきました。

お食事

洋食、和食それぞれ揃えました。

なお、元旦は、下記のようにお吸い物など、和なお正月メニューがでてきます。

めったに見ることのできないメニューです。

食事をしている際、レストランでやたらリアルな音楽が聞こえるなと思ったら、実際に演奏していました。

まとめ

リッツに宿泊(ほぼ無料)したからには、せっかくなのでリッツにて朝食を、と思って利用しました。

朝食が1人4,500円とお高いのですが、結果3,500円になったりで、リッツにしては金額としては落ち着いている感があります。

とはいえ、メニュー的には種類が特段多いわけでもなく、一般的なラインナップですので、正直メニューにおいては特別感はあまりなかったですが、他のリッツ・カールトンに比べると圧倒的に安いので内容的には妥当かと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください