* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

【パリ・ビストロ】L’Aller Retour 〜ワインとステーキ!パリの夜を気軽に満喫

 

2019年7月訪問

パリでのグルメは、ランチは予約をして、

ディナーはお腹具合を見ながらゆるりと決める感じで。

パリ滞在中に美味しいステーキを食べたいね、と話していたので、

この日のディナーは今回のお店に予約無しで訪問。

L’Aller Retour

お店は、Temple 駅から5分少しの場所にございます。

場所

このエリアはレストランも多く、テラス席まで人がいっぱいで賑わっています。

外観

ひっそりとした外観なので通り過ぎそうになりましたが、この看板が目印。

テラス席は無いこちらのお店。

パリの典型的なビストロです。

ちょうどカウンターが2席空いていたので滑り込み〜。

内装

店内満席、賑わっています。

たまたま空いたようにみえますが、予約が入っているようで、すぐ埋まりました。

オーダー

ワイン

まずはワインを。

 白ワイン

Sauvignon,Herve Villemade

(フランス) 12cl 6ユーロ

Les Greille,domaine Causse Marines

(フランス南部の街、Gaillac) 12cl 6ユーロ

ここでの頼み方は、

Verre(グラス)12cl 、 carafe 50cl 、 bouteille 75cl。

日本人に馴染みの無い「cl」という表記ですが、

×10で、12clは120ml になります。

スタッフがワインボトルとグラスを置き、そこにワインをいれてくれたのですが・・・、

ほんのちょびーーっと!

えーーー、少なすぎない??と二人でざわついてたところ、

スタッフから、「ワインの味はどう?」。

なんと、ティスティングだったんですね。

「気に入りました」と伝えたところ、

なみなみと注いでくれました。

香り良く、美味しいワインでした♪

ブーダンノワール のタルタル

Boudin béarnais et ses pommes 7ユーロ

ブーダンノワール のタルタルです。

上にはりんごのスライス。

シナモンの香る甘みのあるブータンノワールは濃厚。

パン

なぜか蒸籠(せいろ)に入って登場。

蒸されてはいませんでした!

アンガス牛のステーキ

Pave dlrish Angus 18.5ユーロ

アンガス牛のステーキ!!

表面は香ばしくカリッと、中はミディアムレアに焼かれたステーキは肉肉しくて、とても美味しい!

パリでいただくステーキは肉肉しさを感じる味わいで好きですね。

付け合わせはポテトとクレソンのサラダの二つをチョイス。

お会計

ワイン、タルタル、ステーキで合計37.5ユーロ(約4,600円)。

クレジットカードOKです。

まとめ

気持ち良くお腹いっぱいになり、満足!

まさにパリのビストロ、といったお店でした。

その日の気分でお店を選んでアラカルトで選んで気楽にシェア。

こういうレストランの訪問、楽しいですね♪

あと、細かい話ですが、店内、スマホの電波はめっちゃ入りづらいのでご注意を。。。

お店について

 L'Aller Retour
  • ウェブサイト
    こちら
    (公式サイト)
  • 営業日・営業時間
    【月〜水】
    ランチ :12:00 ~ 14:30
    ディナー:19:30 〜 22:30
    【木・金】
    ランチ :12:00 ~ 14:30
    ディナー:19:30 〜 23:00
    【土・日】
    ディナー:19:30 〜 23:00
  • 支払方法
    現金、クレジットカードが利用できます。
  • 住所(MAPはこちら
    5 rue Charles Francois Dupuis 75003 Paris
  • 電話番号
    +33 1 42 78 01 21
  • 定休日
    土日のランチのみ
  • その他
    完全禁煙

※2019年9月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください