* グルメや旅行を充実させるカード、ANAダイナースがマイル増量の入会キャンペーン中! *

【日比谷・パン】LePetitmec HIBIYA(ル・プチメック日比谷) 〜日比谷シャンテで復活!

2018年4月訪問

 

2018年3月、東京ミッドタウン日比谷がオープンしました。

オープン後、初めての週末に訪問。

 

皇居周辺のお花見の終着点として日比谷に向かっていたので、

おのぼりさんでミッドタウンに向かってみました。

ミッドタウン内はとっても人がいっぱい!

 

ミッドタウン内での食事は予定していなかったのですが、テラスや店舗をうろうろとチェックしていると、どこもかしこも人だらけ。

隣のビルの、リニューアルした日比谷シャンテに向かいました。

 

目的は、ルプチメック日比谷!

 

 

京都の烏丸御池に本店を置く「ルプチメック」。

東京では新宿の丸井に店舗がありましたが、丸井の工事に伴い2017年にクローズ。

 

ミッドタウン日比谷のオープンにあわせてリニューアルした日比谷シャンテの1階にてリスタートされました!

 

 

 

ルプチメック日比谷

 

場所

 

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2
日比谷シャンテ 1F

 

 

 

場所は日比谷シャンテの入口を入ってすぐ左。

以前もカフェがありましたね。

 

イートインスペースも併設されているので、おやつにパンと珈琲を頼めたらと思ったのですが、常に満席で座れる気配が無かったので、テイクアウトでパンを購入して帰ることにしました。

 

 

外観

 

パンのショーケースは廊下に並行に並んでいます。

 

その奥にはパンを焼く厨房が見えます。

 

パンは、店員さんにオーダーするスタイルなのですが、

まぁなんと、凄い行列が出来ています。

ほぼ女性!

 

20分位並んだでしょうか。

 

ショーケースの端で待っていると、店員さんがお迎えに来てくれて歩きながら、あれそれこれと注文し、レジでお会計〜という感じです。

 

 

 

 

サンド系も充実!

 

 

イートインで食べる場合も同じように並ぶことになります。

珈琲は京都のUnirのものを使用。

 

 

テイクアウトで購入

テイクアウトしたのは4点。

 

マカダミアナッツとホワイトチョコのブリオッシュ 250円

カリッカリにローストされたマカダミアナッツが香ばしく、

ブリオッシュ生地の柔らかさとベストマッチ。

 

 

パンオフロマージュ 380円

チーズの香りが濃厚。

生地は弾力良く、噛むと弾き返します。

 

 

クリームチーズ入りパンオレザン 270円

 

香りは軽やか、食べ応えはどっしりとしたクリームチーズに洋酒の効いたレーズンが華やか。

 

 

ポワールのデニッシュ 290円

食感の残った洋梨とカスタードを載せたサクサクのデニッシュ♪

 

 

お会計

合計で約1,200円。

 

支払いはクレジットカードOKです。

ダイナースもOKです。

 

まとめ

香りよく、軽やかだったりどっしりだったり、食感を楽しめるパンの数々。

イートインスペースも出来たので、お出かけの合間にイートインでも利用してみたいお店が出来ました。

以上です。

 

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

LePetitmec HIBIYA ル・プチメック日比谷

ウェブサイトはこちら

—–

■ 営業時間 ■ 

8:00~20:00(L.O.19:30)

■ 住所 ■

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2
日比谷シャンテ 1F

■ 定休日 ■

無休

 

※上記は、2018年4月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください