* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ウィーン・オーストリア料理】Plachutta 〜オーストリアの伝統料理、ターフェルシュピッツの名店♪

 

2019年7月訪問

 

2019年7月に、オーストリア(ウィーン、デュルンシュタイン)、フランス(パリ)に旅行してきました。

ウィーン観光1日目 〜ウィーン空港から中心地へ、カフェ・レストラン巡り!【2019年7月ウィーン・パリ旅行】6
https://mashichan.com/entry/201907-day2-1-wein

 

この時、オーストリアの伝統料理で食べたかった、ターフェルシュピッツとウィンナーシュニッツェルをいただきました♪

 

シュニッツェルはドイツでもいただいたことがありましたが、

ターフェルシュピッツは始めての体験になります!

 

 

Plachutta

場所

Wollzeile 38
1010
Wien
オーストリア

 

 

外観

場所は市立公園から少しステファン協会方面に歩いた場所で、

あまりお店が多くないエリア。

 

 

テラス席もある大きな店舗となりますが、テラスも店内も賑わっています!

 

予約必須のお店と聞いていましたが、すんなりと入店できました♪

内装

我々のテーブルの周りは予約席ばかりでしたので、たまたま入れました。

 

 

オーダー

スパークリングウォーター

 

ターフェルシュピッツ(Tafelspitz)

ターフェルシュピッツ 24.50€

ターフェルシュッピッツとは、牛肉を長時間かけてじっくり煮込んだもので、皇帝フランツヨーゼフ1世の大好物だったそうです♪

 

机に保温プレートと、牛肉・お野菜の入った大きな鍋が到着しました!

さぁ、どうやって食べるのか!?と思いましたが、英語バージョンの食べ方案内が机にありましたので、それを見ながらいただきましょ〜。

 

1.まずはスープをいただきましょう。

大きな鍋から個別のボウルにスープをいれていただきます。

ん♪これはビーフの旨味がギュっと詰まった味わい深いスープ。

 

これは私もKAZUも好みの味。

う〜ん♪スープが絶品!

旨味抜群で、これは日本人にも好まれる味わいでしょう。

 

今回、

VIENNESE soup filling 2.9€×2

も注文していました。

 

クレープ生地を細く麺状にカットしたもの・・・を頼んだつもりでしたが、

私達が頼んだのはクレープ生地ではないかも。。。

 

サイドディッシュとして注文した麺は〆のイメージでしたが、

早々にスタッフの方が、スープを入れてくれたので

スープと一緒にいただきました。

感触としてはお素麺のようなサラサラした食感。

生地がスープを吸って、とても美味しい!

 

2.お鍋に丸い骨が見えますが、これが骨髄。

骨の中の骨髄をパンに塗り、

塩胡椒で味付けしていただきます。

 

 

これは特に美味しいともまずいとも思わず。。。

 

3.お鍋からお肉や野菜を取り、いただきます。

付け合わせのソースで面白いのが、

西洋ワサビとすりおろしたリンゴを合わせたもの。

 

これは日本人には馴染みが無い組み合わせですね。

 

個人的には、リンゴはリンゴだけ、西洋ワサビは西洋ワサビだけがいいかな〜、という感じ。

 

パン

パンもたっぷりと!

大粒塩のパンはシンプルで美味しいです。

 

バターは氷で冷やされて提供されます。

 

ウィンナーシュニッツェル

オーストリア料理として押さえておきたかったもう1品も注文。

 

 

 

お皿から溢れんばかりのウィンナーシュニッツェルですが、

お肉は薄いので、意外にも綺麗にいただけました。

さっくりとした食感が香ばしいです。

 

お水と2品でしたが、かなりお腹いっぱいとなるボリュームでした。

 

お会計(このお店はチップ必要)

合計(チップ込み)で、約72ユーロ(約9,000円)でした。

クレジットカードOKです。

 

支払時、店員から、合計金額を提示されたのち、チップを要求されます。

これを知っていないと、何をいっているのかわからないかもしれないのでご注意を。

 

ドイツやフランスだとあまりなかったのですが、

オーストリアはチップの必要なお店が多いです。

だいたい10%ぐらいプラスして支払をしていました。

 

自分で金額を伝えて、店員が合計金額をクレジットカードの機械に入力し、支払の合計金額となります。

日本語で予約が可能です

海外レストラン予約サイト・グルヤクにて日本語で予約が可能です。

こちらからも予約ができます。

 

以上です

 

このウィーン、パリ旅行については、以下となります。

ウィーン市内観光1日目 〜ウィーン空港から中心地へ【2019年7月ウィーン・パリ旅行】6
https://mashichan.com/entry/201907-day2-1-wein

 

 

< 店舗情報 >

Plachutta

ウェブサイトはこちら

完全禁煙

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

11時30分~0時

 

■ 住所 ■

Wollzeile 38
1010
Wien
オーストリア

TEL: +43 1 5121577

 

■ 定休日 ■

無休

 

※上記は、2019年7月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください