* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

ANAプレミアムクラスについて詳細解説 〜上質な国内旅行を楽しめます

 

ANAのSFC(スーパーフライヤーズ)会員のシートにはいくつかグレードがあり、国際線ですとエコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファーストとあります。

国内線にも座席のグレードがあり、普通席とプレミアムクラスの2種類ございます。

普通席とは全くの別世界で、ANA国内線の中でも特別な空間・座席であるANAプレミアムクラス。

1度でも味わうとその良さがくせになります。

ANAプレミアムクラス

ANAプレミアムクラス

ANA曰く、国内最高峰の旅を味わえます。

実際にその通りですので、一度体験すると普通席が大変窮屈に感じますので、ご注意です。

ANAプレミアムクラスのメリット
  • ANAプレミアムチェックイン
  • プレミアムクラス専用の保安検査場の利用
  • ANAラウンジの利用
  • 優先搭乗が可能
  • 機内での特別な食事や飲み物
  • 優先降機
  • 預け荷物の優先引き取り

となっております。

対象

ANAの国内線フライトで提供されています。

 

ANAプレミアムチェックイン、プレミアムクラス専用の保安検査場が利用できます

セキュリティチェックの際、繁忙期や時間帯によっては行列ができたり混んだりでストレスに感じる場面もございます。

例えば、こんな感じです。

ANAプレミアムクラスを利用の場合は、プレミアムクラス専用の保安検査場が利用できます。

この奥の扉に、チェックインカウンター、セキュリティチェックがあります。

限られた人のみとなりますので、そもそも並んでいる人が(ほぼ)皆無です。

大変スピーディに通過できます。

プレミアムクラス専用の保管検査場のある空港

新千歳空港

羽田空港 第2旅客ターミナルビル

伊丹空港

福岡空港国内線旅客ターミナルビル

ANAスーパーフライヤーズ会員も利用できます

ちなみに、SFC(スーパーフライヤーズ)会員は、プレミアムクラスに乗らなくても会員資格でANA プレミアムチェックインを利用することができます。

大変バリューがあり、ANAの旅にはかかせません。

このSFC会員のメリットは以下にて詳細記載しております。

ANAスーパーフライヤーズ会員 〜メリットだらけのANA上級会員資格を永久に所持可能

SFC会員取得の方法

この会員資格を得るためには、ANAにのりまくって上級会員になる必要があります。

その方法は以下をご覧下さい。

ANAスーパーフライヤーズ会員を取得する方法(プラチナ経由)〜フライト全履歴公開

SFC会員であれば、その他、以下に記載しているサービス(ラウンジ利用や優先搭乗、優先荷物受け取りなど)において、プレミアムクラス利用時の座席、お食事以外のほぼ同等のサービスを受けられます。

しかもSFC会員のクレジットカードを保有することで、ずっとその資格を保持できます。

ANAをよく利用する方は取得を検討されてはいかがでしょうか。

ANAラウンジが利用できます

ANAプレミアムクラスの方は、ANAラウンジが利用できます。

保安検査場を通ったら、フライトまでの時間えおゆっくりとラウンジで過ごすことができます。

特にお酒を飲まれる方は、アルコールが飲めるので大変メリットかと思います。

ラウンジの大小はあれ、同じ仕様となっております。

以下、ご参考になればと思います。

【空港ラウンジ】羽田空港(国内線・第2ターミナル)・ANAラウンジレポート

【空港ラウンジ】岡山空港・ANAラウンジレポート 〜必要最低限にそろってます

 

国際線ラウンジも利用できます。

【空港ラウンジ】ANAラウンジ(成田空港第1ターミナル ・第4サテライト)レポート

なお、空港にはクレジットカードでゴールドカード所有者であれば無料で利用できるラウンジがございますが、サービス内容や空間に大きな違いがございます。

ちなみに、ゴールドカード所有で利用可能なラウンジは、以下となっております。

【空港ラウンジ】ゴールドカードで利用可能な国内空港ラウンジ一覧

優先搭乗が可能

飛行機に搭乗する際、体の不自由な方や会員資格のグレードにより搭乗の順番があります。

最初は、体の不自由な方やお子さま連れ、

2番目に、「ダイヤモンドサービス」メンバー、となっています。

プレミアムクラス利用者は、その次に搭乗することができます。

この段階となると、一気に対象者が増えて「プラチナサービス」メンバー、スーパーフライヤー(SFC)会員、スターアライアンスゴールド会員が重なっていますので、あまり優先感はないものの、早めに座席にいき、荷物置き場を確保できるのは大変メリットです。

プレミアムクラスの機内サービス

座席

国内線で最上級だけあり、座席は一番入り口に近い部分のエリアとなります。

座席数でも4〜12ぐらいしかありません。

座席はこのような構造。

1つづつ独立した構成ですので、プライバシーも守られていて、しかも広い。

リクライニングもできます。

特に、足は伸ばし放題でも全く問題なし。

読書灯もあります。

離陸後、ANAプレミアムクラスと普通席の間はカーテンで仕切られますので、より特別な空間となります。

機内サービス

自分の座席につくと、CAさんがあいさつにこられます。

一人一人対応されて、その際、雑誌や新聞をすすめられます。

アメニティ

スリッパが備え付けられていて、ANAカラーの青のスリッパです。

持ち帰り可能です。

離陸してしばらくすると、いよいよお楽しみの機内サービスです。

ウェルカムドリンク

最初にドリンクをすすめられますので、注文します。

私はオレンジジュースしか頼んだことありませんが、ワイン、スパークリングワイン、日本酒、焼酎、ビール、ハイボールなど、アルコールもございます。

ウェルカムドリンクだけではなく、飲み物は飲み放題ですので、欲しいだけ飲むことができます。

食事

ウェルカムドリンクの後は、いよいよお食事。

ご飯とおかず、お味噌汁、飲み物の構成です。

お食事はおかわりはできない(と思います)。

試したことがないのでわかりません。。。

 

 サービスの時間帯

出発便によって、メニュー構成が異なります。

時間帯

朝食:10:29まで

昼食:10:30 – 13:29

軽食:13:30 – 16:59

夕食:17:00以降

 

 メニュー内容

今回ご紹介する内容は、以前の構成となっております。

ご参考になればと思います。

 

現在はさらにサービスのグレードがあがり、以下のようなよりビジネスクラス、ファーストクラスのような雰囲気を味わえます。

弁当っぽくなくなりました

温かい状態ででてきますので、より美味しくいただけます。

 

機内食について、海外旅行によく感じるあまり美味しくないというイメージはないです。

大変おいしくいただけました。

また、季節やキャンペーンなど定期的にメニューは変わり、飽きさせないです。

 

 その1

季節にちなんだお食事がでたりします。

 

 その2

 

 その3

 

 その4

 

 その5

 

 その6

 

 その7

遅い時間帯の便に乗ったときの写真です。

照明の状態が悪いです。。。

 

軽食

 その1

お昼と夕食の間の軽食となると、このようにシンプルな構成。

 

 その2

軽食とともに、茶菓もついてきます。

 

茶菓はこちら。

こちらはお持ち帰りできます。

 

アイス

アイスも食べられます。

これがかなり固く、プラスチックのスプーンだとなかなかすくえません。

食事後の飲み物

ウェルカムドリンクと同様、アルコールも可能です。

コーヒーとクッキー。

料金

以前は、普通席に比べて、全路線一律9,000円の差分でした。

普通席を予約していてアップグレードする際は、搭乗当日、出発空港にてプレミアムクラスに空席がある場合に限り可能でしたが、搭乗日2日前からANAウェブサイトなどで事前に「アップグレード予約」が可能です(事前アップグレード予約)。

従来通り、当日アップグレード料金もございます。

参考 普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが搭乗2日前から可能に!ANA公式

さらに、全路線一律9,000円のアップグレード料金が、受付のタイミングと路線によって異なる料金設定になりました。

料金表はこちら

参考 のアップグレード料金ANA公式

ご注意

とはいいましても、路線によってはお値段アップとなっております。

羽田 – 札幌、九州・沖縄方面は、11,000〜15,000円となります。

また、最近はとても人気なので、空席はあまりないです。

優先降機

飛行機から降りるときにも一番前に座席がある、ということもありますが一番最初に降りることが可能です。

普通席とはカーテンで仕切られていたり、CAさんが普通席の人を制止しているので混雑もなく降りられます。

預け荷物の優先引き取り

優先的に預けていた手荷物を引き取りが可能です。

まとめ

国内線で上質な旅を満喫したい方はぜひお勧めです。

国内最上位のサービスをうけることができ、お食事も美味しいです。

プレミアムクラスをうまく利用すれば旅行を充実したものにできます。

しかしながら、すぐに予約が埋まりますので計画的に、意識的に予約が必要です。

よりプレミアムクラスを楽しむためには

プレミアムクラスは単なる移動する為の空間ではないため、逆に移動時間がある程度ないと十分楽しめません。

フライト時間が短いと、かなりバタバタしてゆとりが持てません。

例えば、羽田-伊丹だと1時間もございませんので、急いで食事しないといった焦りもでてきて落ち着けません。

一番サービスとしてゆとりだったのは、

羽田 – 那覇

でした。

2時間30分あれば、時間的にもちょうどよいです。

プレミアムクラスを利用するのであれば、ある程度時間のかかるご旅行での利用をおすすめします。

以上です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE