* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

ANAスーパーフライヤーズ会員を取得する方法(プラチナ経由)〜フライト全履歴公開

先日紹介しました、ANAスーパーフライヤーズ会員(略称、SFC:Super Flyers Card)。

 

ANAスーパーフライヤーズ会員
 〜メリットだらけのANA上級会員資格を永久に所持可能
https://mashichan.com/entry/ana-super-flyers-card

 

 

ANA便を利用する際に欠かせないカードです。

 

この会員になるためには、

ANA便に乗ってプレミアムポイントを50,000貯めて、

最低限プラチナメンバーになる必要がございます。

 

私が取得したのが、2015年でして、その時のメモをまとめてみました。

ご参考なればと思います。

 

 

 

 

プラチナメンバーとは

ANA便に搭乗し、年間プレミアムポイントが50,000に到達するとプラチナメンバー資格が得られます。
(うちANAグループ運航便利用分は25,000ポイントまでOK)

 

ANAスーパーフライヤーズ会員(SFC)となるためには、このポイントを獲得の上、クレジットカード会員となる必要がございます。

 

このプレミアムポイント50,000という数字ですが、結構大変です。

 

まずは、以下をご覧下さい。

実際に搭乗した全履歴です。

 

実録・プラチナメンバーまでの道のり 〜フライト全履歴(2015年)

 

※この表はスマホでみると、横にスクロールできます。

 #日にち出発到着クラス獲得
プレミアム
ポイント
獲得
マイル
プラチナ
獲得まで
14月
某日
羽田
1040
那覇
1325
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53747,140
24月
某日
那覇
1620
石垣
1720
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,01738546,123
34月
某日
石垣
1755
那覇
1850
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,01738545,106
44月
某日
那覇
1415
羽田
1640
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53742,246
55月
某日
羽田
0940
岡山
1055
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,29055640,956
65月
某日
岡山
1140
羽田
1300
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,29055639,666
75月
某日
羽田
1040
那覇
1325
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53736,806
85月
某日
那覇
1620
石垣
1720
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,01738535,789
95月
某日
石垣
1755
那覇
1850
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
1,01738534,772
105月
某日
那覇
1300
羽田
1525
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53731,912
117月
某日
羽田
1105
那覇
1340
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53729,052
127月
某日
那覇
1255
羽田
1525
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53726,192
139月
某日
羽田
0920
那覇
1155
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
3,0031,53723,189
149月
某日
那覇
1620
石垣
1720
普通席
(特割C)
80923122,381
159月
某日
石垣
1755
那覇
1850
普通席
(特割C)
80923121,572

 

さらに続きます。

 

※この表はスマホでみると、横にスクロールできます。

#日にち出発到着クラス獲得
プレミアム
ポイント
 獲得
マイル
 プラチナ
獲得まで
169月
某日
那覇
2040
羽田
2300
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
3,0031,53718,569
1711月
某日
羽田
0750
那覇
1040
普通席
(旅割)
1,4761,07017,093
1811月
某日
那覇
1115
石垣
1215
普通席
(特割C)
77023116,323
1911月
某日
石垣
1255
那覇
1350
普通席
(特割C)
77023115,553
2011月
某日
那覇
1810
羽田
2025
普通席
(旅割)
1,4761,07014,077
2112月
某日
羽田
0610
那覇
0905
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,53711,217
2212月
某日
那覇
0945
石垣
1045
普通席
(特割C)
77023110,447
2312月
某日
石垣
1115
那覇
1210
普通席
(特割C)
7702319,677
2412月
某日
那覇
1250
羽田
1505
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,5376,817
2512月
某日
羽田
1025
那覇
1320
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,5373,957
2612月
某日
那覇
1435
石垣
1540
普通席
(特割C)
7702313,187
2712月
某日
石垣
1610
那覇
1705
普通席
(特割C)
7702312,417
2812月
某日
那覇
1930
羽田
2140
プレミアムクラス
(プレミアム
株主優待割引)
2,8601,537-443

 

以上、全28フライトでした。

これだけの過程を経る必要がございます。

 

もっとも、石垣島に行くのにも、那覇経由となっていて乗り継ぎも交えていますので多めに見えます。

だいたい月に1回(1往復)ぐらいのペースでした。

 

最後の方は、プラチナがとれそうな感じだったので、

旅行先をあえて沖縄にしてプラチナに到達しました。

 

 

プレミアムポイント獲得を加速させるフライトがあります

上記を眺めますと、あるフライトが目についたかと思います。

 

フライト:羽田 – 那覇、那覇 – 石垣

シート :プレミアムクラス

運賃  :プレミアム株主優待割引運賃

 

株主優待割引券を使って、プレミアムクラスを予約しています。

なぜこれかというと、一番プレミアムポイント獲得の効率がよいからです。

 

 

 

ちなみに、株主優待割引券はこちら。

時期によってデザインが異なります。

この時は、登録用パスワードの部分がスクラッチとなっており、

削ると番号があります。

予約時、この番号を入れると株主優待が適用となり割引価格となります。

 

私の時は、1枚3,000円ぐらいかかりました。

1フライトあたり別途この株主優待割引券が必要です。

 

金券ショップでも扱いがありますのでお近くのお店でチェックしてみてください。

2018年1月現在、3,000円ほどですが、時期によって金額が増減します。

 

 

プレミアムポイントシミュレーションサイトで試算

ANAのプレミアムポイントシミュレーションサイトで計算できます。

 

ご自身のANA会員サイトでログイン後、

「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」をクリック。

 

「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」から入るとシミュレーションサイトにいけます。

 

ここで、区間、所有しているANAカード、プレミアムメンバーステータス、利用運賃などをいれるとプレミアムポイントの計算ができます。

 

いろいろ入れてシミュレーションが可能ですので、入れてみて下さい。

 

 

効率のよいフライト

結論から申しあげて、上記で記載しました、

 

フライト:羽田 – 那覇、那覇 – 石垣

シート :プレミアムクラス

運賃  :プレミアム株主優待割引運賃

 

が非常に効率がよいです。

プレミアムポイントをみてみましょう。

 

羽田 – 那覇

1フライトあたり、2,860プレミアムポイントとなります。

 

お値段は、プレミアム株主優待割引運賃だと、31,340円です。

私が利用した3年前よりも少し値上げされていますね。

 

細かいですが、これに株主優待割引券分のコスト(3,000円程度、時期によっては5,000円ぐらいの時もあり)がかかります。

 

ポイントあたりの費用は?

確認します。

 

羽田 – 那覇

金額:31,340+3,000=34,340円

ポイント:2,860

 

計算式:34,340 ÷ 2,860 = 12.0円 / ポイント

 

那覇 – 石垣

 

1フライトあたり、1,017プレミアムポイントとなります。

 

お値段は、プレミアム株主優待割引運賃だと、19,550円です。

こちらもやはり私が利用した3年前よりも少し値上げされていますね。

全般的に値上げされていますね。

 

細かいですが、これに株主優待割引券分のコスト(3,000円程度、時期によっては5,000円ぐらいの時もあり)がかかります。

 

ポイントあたりの費用は?

確認します。

 

那覇 – 石垣

金額:19,550+3,000=22,550円

ポイント:1,017

 

計算式:22,550 ÷ 1,017 = 22.17円 / ポイント

 

上記の羽田 – 那覇線に比べ、コストはアップしますね。

 

 

念のためですが、以下の条件でのシミューレーションとなります

クレジットカード:ANAワイドゴールドカード

ANAプレミアムメンバーステイタス:このときは何も無し

利用運賃:運賃2(プレミアム株主優待割引運賃)

という条件となります。

 

 

なぜ、ANAワイドゴールドカード?

スーパーフライヤーズ会員になる際に特定のクレジットカードが必要となりますが、このANAワイドゴールドカードがその一つなのです。

 

 

プラチナをとって、クレジットカード申請してもクレジットカードの審査は全く別ものなので審査落ちする可能性がなくはないです。

 

ANAスーパーフライヤーズ会員(SFC)になるために必要なクレジットカードは、以下となります。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/sfc/

 

ですので、あらかじめ取得しておけばスーパーフライヤーズ会員(SFC)になった際にカードを切り替えるだけでOKとなります。

これはあらかじめ準備できますので、プラチナメンバーをとる前(もしくはポイントを貯めている間)に準備しておきましょう。

 

一般カード

他ある中で、一般カードではなく、なぜゴールドカードなのか?

 

年会費

一般カード:11,070円

ゴールド:16,200円

その差は5,130円。

 

一般カードの方はポイントをためてマイル移行した場合に別途費用がかかります。

移行手数料は年間、

10マイルコース 5,400円(JCB)・6,480円(VISA・マスターカード)
5マイルコース 無料

です。

5マイルコースが無料ですので、そちらがよいかと思いきや、マイルの換算率が劣ってしまいます。

 

換算率

10マイルコース
1,000円=1ポイント=10マイル

5マイルコース
1,000円=1ポイント=5マイル

 

非常にもったいないです。

 

そこでゴールドカード

少しお高いですが、移行手数料が無料です。

年会費に含まれているという見方もありますが、

ゴールドカードですので、保険サービスも充実しておりますし、フライト時のマイル積算率が一般カードの35%に対して40%とアップします。

 

ですので、ゴールドカードを選択しました。

 

 

プレミアムポイントを計算してみます

さて。

 

上記、羽田 – 那覇 – 石垣を往復すると、

2,860 × 2 =5,720

1,017 × 2 =2,034

合計7,754プレミアムポイントとなります。

 

プラチナメンバーに必要なポイントは50,000ですので、

50,000 ÷ 7754 = 6.448

-> 約7回のればクリアです。

1〜12月までに到達する必要がありますので、月に1回ほどやっていけばクリアできますね。

 

これだけみると、なんだかできそうな気がします。

 

羽田 – 那覇は大人気路線です

しかし・・・。

 

ANAの予約ウェブサイトで確認していただければわかるのですが、

本数が多いのですが、先まで予約が入っていて、空席待ちが目立ちます。

 

 

週末で検索しているせいもありますが、だいたいの人は土日祝日がお休みでこういったフライトの利用が土日祝日が前提になるでしょうから、現実にあった見方です。

 

私が取得した3年前の時よりも満席が多いような気がします。

 

ANAの上級会員になるために、多くの人が同じようなことを考えてフライトしているのかもしれませんね。

金曜日もしくは月曜日に有休をいれたり、平日フライトを組み合わせて貯めていくしかないです。

 

なぜ、那覇 – 石垣をからめる?

コストも他よりかかるのに、なぜ利用するのか?

理由は時間を買う、という点にあります。

 

那覇からの乗り換えもでき、石垣へも片道1時間です。

羽田 – 那覇にからめると、それに比べて那覇-石垣1往復あたり約2,000ポイントプラスできます。

 

変な話ですが、石垣到着後、その同じ機材がすぐ那覇に戻ります。

ですので翌日をまたず、すぐに折り返すことも可能です。

本当にお金で時間(ポイント)を買う感じで全くなんの楽しみもないですが、やり方としてできてしまいます。

 

プレミアムクラスを利用しますので、CAさんのご挨拶があります。

行きも帰りも同じCAさんが挨拶に来ますのでご注意下さいね。

なかなか気まずいと思いますが。。。

 

なぜプレミアムクラス?

そもそも、なぜプレミアムクラスなのか?

当たり前のように、フライトにあたっての前提にしておりますが、上記石垣のところで申しあげたとおり、何度も往復する手間・時間を考えると、1回のフライトで多くポイントを積み上げた方が効率がよいという考えです。

 

積算率も落ちますし、コストをみても、例えば、

 

羽田 6:40 – 那覇 9:25

普通席・特割の場合:35,890円

 

同じ時間のプレミアムクラスでみてみます。

 

羽田 6:40 – 那覇 9:25

プレミアムクラス・プレミアム株主優待特割の場合:31,340円

+株主優待割引券3,000円=34,340円

 

これでみてもプレミアムクラスにするメリットがありますね。

 

上記に一緒に記載されている旅割で比較するとコスト的に明らかにプレミアムクラスの方が高くなりますが、旅割の方は積算率が75%になり、搭乗ポイント(プレミアムポイント)も0になります。

 

予約が取りづらいことを考えると、1回のフライトでできるかぎりプレミアムポイントを積み上げるのが一番効率のよいやり方かと考えます。

 

 

他の路線は?

羽田 – 那覇ルート以外にないかチェックしてみましょう。

長距離であればあるほどポイントがたくさん貯まりそうですが・・・。

 

例えば、那覇 – 札幌みてみましょう。

 

那覇 – 札幌のプレミアムポイント

3,892ポイントです。

羽田 – 那覇よりもポイントが高いです。

 

 

お値段は、プレミアム株主優待割引運賃だと、40,400円です。

 

細かいですが、これに株主優待割引券分のコスト(3,000円程度、時期によっては5,000円ぐらいの時もあり)がかかります。

 

 

ポイントあたりの費用は?

確認します。

 

金額:40,400+3,000=43,400円

ポイント:3,892

 

計算式:43,400 ÷ 3,892 = 11.15円 / ポイント

 

羽田 – 那覇よりもコストを低く押さえることができます。

 

ところが

しかし・・・。本数は1本なんですね。

 

 

しかも、予約できるいっぱいまで空席チェックしましたが、

そもそもあいていません。

 

 

最適なパターンは(実体験含めて)

 

フライト本数も多く、1ポイントあたりにかかる費用をみても、

羽田-那覇が一番効率的です。

 

この路線は、従来からの定番コースでして、定評があります。

それが故になかなか空席もないのですよね。

 

プレミアムクラスをからめる理由

かけるコストは低ければ低いほどよいのですが、特割などにした場合は、搭乗ポイント(400)が低くなったり(200)、つかなかったり(0)ですし、積算率も低くなります(75%など)。

 

 

 

そこで、おすすめするやり方は、

正規の料金で購入+株主優待による割引(50%OFF)を利用することで安く購入することができる上に、プレミアムポイントの積算率も上がり(125%)、搭乗ポイント(400)ももらえるというやり方です。

 

さらに、ブロンズにとどまらず、スーパーフライヤーズ会員になろうとするのであれば、プラチナ会員を目指すことになりますが、通過点であるブロンズステータスもプレミアムポイントをアップさせる条件になりますので、プラチナを使うまでの会員としてステータスを利用できますね。

 

 

プレミアムポイント50,000獲得後

上記のやり方を経て、無事50,000プレミアムポイントを獲得しましたら、翌日ぐらいにはご自身のANAのログインサイトが変更になります。

その瞬間はなかなか感動なので、楽しみにしておきましょう。

 

後日、会員カードも届きます。

あとは、スーパーフライヤーズ会員となるためのクレジットカードが必要となります。

 

すでに取得済みであれば、切り替えとなります。

まだ取得していない場合は、クレジットカード発行をする必要があります。

 

ここで万が一、審査落ちとなってしまうと面倒ですので、

スーパーフライヤーズ会員になる前にクレジットカードを取得しておきましょう。

 

 

まとめ

以下となります。

 

フライト:羽田 – 那覇、那覇 – 石垣

シート :プレミアムクラス

運賃  :プレミアム株主優待割引運賃

頻度  :月1回のペースで搭乗

注意

1 大人気路線のため、予約はお早めに。

2 株主優待券も事前に購入しておきましょう。

予約時は必要ありませんが、あとで必ず必要になります。

 

予約が取りづらいことを考えると、1回のフライトでできるかぎりプレミアムポイントを積み上げるのが一番効率のよいやり方かと考えます。

 

参考:プレミアムクラス

 

そもそもプレミアムクラスとはどんなところかと言いますと、

機内サービスの充実したエリアです。

 

シート

ANA国内線の先頭エリアにあり、ゆったりとした座席となっています。

 

お食事

食事サービスが提供され、お酒も飲めます。

 

私、この食事は大変気に入っていまして、

毎回楽しみにしていました。

暖かい状態で食べられます。

 

アイスももらえます。

カッチカチで毎回プラスチックのスプーンで食べるのに苦労しました。

(プレミアムクラスあるある)

片手であっためながらたべましょう。

 

また、国際線のビジネスクラスのように、

CAさんから直接座席にご挨拶にきてくれます。

なんともVIPな待遇が受けられます。

 

1度経験すると、また乗ってみたい、と思わせるサービス内容です。

 

 

普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが可能です

すでに普通席を予約していて、プレミアムクラスに空席がある場合、事前(搭乗2日前〜前日)および当日にアップグレードが可能です。

 

 

ANAマイレージクラブ会員限定
普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが搭乗2日前から可能に!
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/special-info/advance-upgrade/

 

搭乗区間、受付日により、料金が異なります。

以下が料金表となります。

 

アップグレード料金表
https://www.ana.co.jp/domestic/promotions/special-info/advance-upgrade/pdf/ug_fare.pdf

 

3,000〜15,000円と幅がありますね。

 

主要な路線で見ていくと・・・。

事前UG当日UG
羽田 – 札幌(新千歳)14,00015,000
羽田 – 福岡14,00015,000
羽田 – 沖縄(那覇)14,00015,000

(単位:¥=円)
※UG=アップグレード

 

従来は一律9,000円だったのですが、大幅アップですね。。。

3,000円のところって、新千歳 – 稚内とかですよ。

 

 

ちなみ

上記で説明しました羽田 – 那覇間は、2時間30分のフライトとなります。

食事をしてゆったりしてちょうどよい時間です。

 

これより短い時間でプレミアムクラスを利用すると、かなり急いでサービスが提供される感じが否めず、ちょっと残念な感じとなります。

例えば、那覇 – 石垣間は搭乗時間が1時間ですが、安定飛行して食事が提供され、食べ終えるや否や着陸態勢になりますので、ほんと落ち着けないです。。。

他、羽田 – 伊丹などもそんな感じになります。

 

結果、羽田 – 那覇ぐらいの時間があることで、プレミアムクラスのサービスも実感できる、と思います。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください