【京都・和食】いづ重 〜肉厚な鯖寿司&冬季限定の蒸し寿司

2018年2月訪問

今回の京都旅行中、お昼ご飯に訪問。

京都旅行についてはこちら。

冬の京都に行ってきました! 〜スケジュール【2018年2月】

先日、京都に旅行してきました! これまでも何度も京都には行っていましたが、 どこに行っても、人が多いこと。。。 特に、外国人が以前にもまして多かったです。 ...

グルメ、ラウンジめぐりな京都の旅でした。

場所は八坂神社のすぐ前という、好立地。

観光の合間に立ち寄りやすい場所です。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

いづ重

場所

〒605-0073
京都府京都市東山区祇園町北側292-1

八坂神社が目の前です。

外観

朝から夜までの通し営業されていることもあり、

ランチタイムを過ぎてから訪問してみました。

こちらの看板が目印。

「鯖寿司」・・・じゃなくて、「鯖婆寿司」?

内装

お店を入ると、1組待ち。

椅子に座って待機です。

目の前は、鯖寿司やお稲荷さんを作る厨房や販売をしている場所になります。

その様子を見ているだけも楽しいので、待ち時間もあっという間です。

外国人のお客さんが、おもいっきり1眼レフカメラを向けて撮影していました。。。

待っていると、お持ち帰りの方が頻繁に出入りしていました。

席があき、中に通されると、外国人の人ばかりでした。

日本人は我々くらい?!

オーダー

注文したのは2人で2点。

鯖婆寿司(メニュー表記もこちらでした!) 2,268円

蒸し寿司 1,620円

しばらくすると、2品が到着です。

鯖婆寿司

6カットで到着です。

昆布が巻かれた状態で到着ですが、昆布は固いので食べられません。

食べる前にとりましょう。

よく間違って食べるかたがおられるのか、

店内にも注意書きがございます。

日本海対馬沖でとれた真サバを使用。

とっても肉厚な鯖、冬なのでしっかりと脂がのっている状態で今が一番美味しそうですね。

キラッキラと輝いた鯖はとても美しい。

酢が優しく香る程度で、鯖の脂と良い塩梅。

蒸し寿司

冬季限定の品になるので、これが楽しみでうかがったようなものです。

お重に入って到着。

蓋を開けると、湯気がふわわぁ〜っとあがります。

錦糸玉子の上には、きくらげ、イカ、グリーンピース、海老。

ご飯には、椎茸とイカ。

ご飯に椎茸やイカの旨味が染みていて、とっても美味しい〜!

この蒸籠自体が蒸されているので、ご飯も上の具もホカホカになっています。

2品美味しくいただきました。

1年中楽しめる鯖姿寿司ですが、冬は蒸し寿司も楽しめるのでお勧めです♪

テーブル席にはヒーター付き

帰る少し前に気づいたのですが、机の裏側にヒーターがついていました!

こたつの様な造りですね。

膝下の長いほうでないと、なかなかこの暖かさには気づきにくいかと思うのですが、ちょっと足上げすると、ほんわり暖かさが伝わって来るかと思います。

他のメニュー

極上鯖婆寿司(お土産&発送のみ) 5,616円

上箱寿司 1,620円

あじ寿司 1,188円

いなり寿司 756円

大人のいなり(焼き九条ねぎ入り) 756円

巻寿司 864円

穴子の蒸し寿司(冬季限定) 2,160円

等がありました。

どれも美味しそうです。

お会計

鯖婆寿司(メニュー表記もこちらでした!) 2,268円

蒸し寿司 1,620円

で、合計3,888円

クレジットカード支払い可能です。

ダイナースOKでした!

以上です。

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

いづ重
https://www.facebook.com/izuju/

http://gion-izuju.com/

—–

■ 営業時間 ■ 

10:30〜19:00

■ 住所 ■

〒605-0073
京都市東山区祇園町北側292-1

TEL: 075-561-0019

■ 定休日 ■

水曜定休

※上記は、2018年2月時点での情報です。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする