* グルメや旅行を充実させるカード、ANAダイナースがマイル増量の入会キャンペーン中! *

【パリ・フレンチ】Le Duc 〜年末のパリで新鮮な海の幸を堪能♪

 

2018年12月訪問

 

ディナーで訪問。

 

日本から予約をしておきました。

 

パリに到着し、初めてのご飯はこちらのお店をチョイス!

 

創業1967年の老舗レストラン。

パリで初めて生の魚、魚のカルパッチョをだしたというお店です。

 

宿泊のホテル(ホテル オデッサ モンパルナス)からも歩ける距離。

モンパルナスというと、空港からの直通バスの停車駅ということもあり、大きな街というイメージですが、観光地では無く、夜になると街灯は少なく道も暗かったので、歩ける距離にお店があるのはとてもラッキーでした。

 

 

ホテルに到着し、荷物を置いてからお店に向かいました。

21時頃にお店に到着。

 

 

 

Le Duc

場所

243 boulevard Raspail
75014
Paris, France

 

モンパルナス駅からも歩ける距離です。

地下鉄Raspail駅も至近です。

 

外観

大きな道路の向かいに見えたお店の明かりが見えました。

 

ちょうど交差点角にお店があり、

外壁には「Le Duc」と書いてあるのでわかりやすいですね。

 

 

 

 

内装

店内はほぼ満席!

 

船室をイメージしたという店内はシックなインテリアで、お客様も年齢層が高く、大人が集うお店という感じ。

 

 

メニューはフランス語のみですが、英語が堪能なスタッフがいるので、いろいろと説明してくれます。

 

お勧めを聞いてみると「生の魚(law fish)は好きかい? 好きだったら、サーモンとスズキのカルパッチョがお勧めだよ♪」と。

そうそう、こちらのお店のカルパッチョが食べたかったのです♪

 

ということで、お勧めの3品をオーダーしました。

 

 

 

オーダー

スパークリングウォーター シャテルドン Chateldon

その前にドリンクをオーダーしました。

 

我が家恒例の、スパークリングウォーターです。

シャテルドン Chateldonというフランスブランドのスパークリングウォーター 。

初めて聞きましたが、参考まで、日本にも輸入されており、大塚ベバレジが取り扱っています。

 

スタッフの方からは「no wine?」 「no wine???」と2度聞きされましたが、お酒の弱い我が家は安定の炭酸水で。。。

 

パンとバター

さすが!

パンがたくさん出てきました。

外側パリッと、中モチっと♪

 

日本だと1つづつ、お店からもってくるパターンが多かったり、パン代が請求されたりと??なサービスも多々見受けられますが、パリではそんなことはありません。

 

しかし、美味しすぎるので、食べ過ぎるとメインが食べられなくなるので、要注意です。

 

それにしても、フランスで無料で提供されるパンはどこのも美味しいですね。

 

大きなバターの上には「Le Duc」の刻印。

塩のしっかりと効いた有塩バターでとても美味しかったです。

 

小さな貝

こちらはパンと同じく無料で提供の品。

茹でた小さな貝で、添えられたピンで中を出していただきます。

 

貝本来の塩気で、ちょびちょびつまむのに丁度良かったです。

 

 

いよいよ、お勧めの3品が続きます〜。

 

スズキのカルパッチョ Bar Cru

スズキ = bar(フランス語)。

美し〜!

透けるような薄さでカットされたスズキ。

 

味付けはシンプルにオリーブオイルと少量の塩だけと思われるお味です。

 

1枚で食べると繊細な味、

2枚食べると、お魚の力強さを感じます。

 

薄くスライスして焼かれたガーリックトーストと合わせるのがお勧め。

カリカリとしっとりの組み合わせがとても美味しかったです。

 

サーモンのエスカロープ Escalopes de Saumon

こちらは四角いお皿で提供。

こちらも、美し〜!

 

大きくカットされたサーモン。

日本だともう少し、脂がのった物を使いそうですが、

こちらのは結構さっぱりと淡白な味わい。

 

プレーンのカリカリバケットに合わせていただきました。

 

バケットにサーモンをON!

 

スープ・ド・ポワソンは売り切れ・・・

メニューにあった、スープ・ド・ポワソンをお願いしようとしたところ、売り切れだったのか、オーダーできずっ!

 

あー、残念。

夜も遅かったので、仕方ないですね。

 

これだけ魚介を扱うお店のスープ・ド・ポワソン、食べてみたかった〜!

 

海老のグリル Crevettes Sautees

2人分で注文しましたら、大きな海老が4尾も!!

 

この火入れがとても良かったです。

 

外側はプリッと。中はしっとり。

頭の部分を外すと、トロリと海老味噌が〜!

 

切れ味の良いPercevalナイフでカットし、

 

濃厚な海老味噌を付けたり、

スパイシーなソースを付けていただきました。

 

 

付け合わせは、黒米とマッシュポテト

黒米はパリで流行っているのでしょうか。

他のお店でも黒米をこんもりとのせたメニューを頼んでいる方を見かけました。

 

コーヒー Cafe

デミタスカップで登場。

エスプレッソのような濃いコーヒー!

 

同時に小菓子が登場。

しっかりと甘いオレンジピールやチョコレートが、並びます。

 

濃いコーヒーに合いました。

 

 

お化粧室

地下にありました。

 

狭いらせん階段も雰囲気あっていいです。

広々なお手洗いが男女別にございます。

 

お会計

上記合計で、168ユーロ(日本円で約21,000円)。

※2018年12月現在、1ユーロ=約125円換算。

 

こちらのお店、1品はだいたい20〜30ユーロと大変良心的なのですが、頼んだエビ(2人分)で120ユーロでして、ほぼエビのお値段。

 

大変おいしかったので後悔は全く無いのですが、

会計の時、ちょっとびっくりでした。

 

当然ながら、クレジットカードOKです。

 

アメックスで支払いしました。

ヨーロッパは意外にもVISA/Master並みに、

アメックスがどこでも使えます。

 

 

まとめ

 

落ち着いた雰囲気にキビキビと動くスタッフ。

良いお店に出会えました。

 

 

パリでお肉をいただけるお店は多いかと思いますが、

シーフードも新鮮なチョイスでいいですよ♪

 

次回の宿題としては・・・

魚介の名称、調理法をフランス語(英語も)で勉強しておく、ということですかね。

もっとメニュー選びを楽しめるようになると思います。

 

 

以上です。

 

 

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

Le Duc

ウェブサイトはこちら

 

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

11:00〜23:00

 

■ 住所 ■

243 boulevard Raspail
75014
Paris, France

TEL: (+33) 01 43 20 96 30

 

■ 定休日 ■

日、月曜、銀行休業日

 

■ 駐車場 ■

ありません。

 

※上記は、2018年12月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください