* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

【本塩釜・寿司】すし哲 〜本にもなった塩釜のお寿司屋さんは気軽に利用しやすい!

 

2019年3月訪問

 

2019年3月に、仙台にグルメ旅行にいってきました。

JCB ザ・クラス特典のメンバーズ・セレクション、JCBトラベルクーポンを使って、またまた仙台グルメ旅行に行ってきました【2019年3月】
https://mashichan.com/entry/201903-sendai

 

ホテルで朝食をとり、ゆっくりとチェックアウトした後に塩釜に向かいました。

仙台駅から本塩釜駅までは電車一本で移動出来るのでとても便利。

 

本塩釜駅から徒歩5分。

塩釜で一番有名なお寿司屋さんです!

本も出されているそうで、仙台で有名なお店。

 

塩竃のチョコレート工房 クレオバンテールに訪問した際、ランチで訪問。

 

 

すし哲

場所

〒985-0002
宮城県塩竈市海岸通2−22

 

外観

予約もしていなかったので、入れるかな・・・と伺ってみましたが、すんなり入れました。

お昼の時間帯を少しずらしたからかもしれません。

 

 

内装

1階がカウンター、2階がお座敷。

私達は2階へ。

 

3階はHPから見る様子では、カウンターとテーブル席のようです。

約90席というから、かなりの大人数が可能ですね。

 

 

有名なお寿司屋さんですが、壁にメニューが貼ってあったりなど、カジュアルな雰囲気。

 

丼物も気になりましたが、やっぱり握りかな・・・と。

 

オーダー

店名のついている「すし哲物語」と「特上にぎり」の違いを聞くと、

「煮ダコ」が付いてる違いとのこと。

 

KAZUとそれぞれ注文してみました。

 

お茶

飲み物はお茶を。

 

すし哲物語

すし哲物語 3,980円

 

 

 

 

特上にぎり

特上にぎり 3,400円

 

どちらも大きなお皿でまとめて到着します。

 

 

 

 

すし哲物語と特上にぎり

残念ながらタネの説明が無かったので、

恐らくですが、共通するのは、

穴子、たまご、子持ち昆布、

トリ貝、鮑、まぐろ、鯛(だったかな)、

鮪、雲丹、海老、イクラ

 

すし哲物語と特上にぎりの違いは、

煮ダコがある

以外にも

2貫入っているマグロの部位が違うところ!

 

どちらもとても美味しかった〜♪

 

毛ガニの味噌汁

毛ガニの味噌汁 460円

 

目抜(赤魚)のあら汁

目抜(赤魚)のあら汁 460円

 

 

具だくさんでとても美味しかった〜♪

 

お味噌の色が特徴的だったので、どちらの味噌か聞いてみたけど、

わからない様子・・・。

 

デザート

デザートは苺のシャーベットでした♪

 

お会計

2人で、お寿司と汁物で、合計8,300円。

クレジットカード利用可能です。

 

 

まとめ

お寿司はシャリも小さいですが、どれもタネは新鮮で美味しかったです。

品行方正な上品な握り、といった感じで印象に残りにくいかな。。。

 

2階、3階は観光地のお寿司屋さんといった感じで、

安心して食べられるものの、すし哲ならでは!という印象は感じられず、

しっかりと味わいたいなら1階のカウンターを狙うべきかな〜、

と感じたのでした。

 

 

以上です。

 

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

すし哲

ウェブサイトはこちら

 

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

平日:

11:00~15:00

16:30~22:00

 

土・日・祝:

11:00~22:00

 

■ 住所 ■

〒985-0002
宮城県塩竈市海岸通2-22

TEL: 022-362-3261

 

■ 定休日 ■

木曜日(祝日は営業)

 

※上記は、2019年4月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください