* 年末年始、ストの中のパリ旅行を紹介中〜 *

【パリ・レストラン】Huguette(ユゲット)〜2019年大晦日は賑やかな魚介のレストランでディナー♪

 

2019年、最後の食事はこちらのお店へ!

魚介が美味しいと人気のお店です。

あらかじめ、日本から席のみ予約しての訪問でした。

 

この日も宿泊先のホテル(ホテル バック サン ジェルマン)から徒歩でお店へ。

メトロ12号線・リュー・デュ・バック駅からすぐそばにホテルがありますが、サンジェルマン通りを歩いて約10分でいける距離です。

サンジェルマン通りからは一歩中に入った場所になりますが、レストランも多く、最終日、大晦日ということもあってかとても賑やかでした。

Huguette Bistro de la Mer 〜ユゲット ビストロ デ ラ メール

場所

81 Rue de Seine, 75006 Paris, フランス

外観

通りに面した覆われたテラス席もあり、そこは満席。

ヒーターも付いており、テラス席ですが冬でも快適です。

内装

私達は店内へ。

大きな白熊がお出迎えです♪

海外ならではですが、ペットもOK。

お子様とワンコ連れ。

まわりと見ると、魚介の盛り合わせを頼んでいる方が多いです!

海老、蟹、そして牡蠣!!

魚介を得意とするお店ですからね。

おまけに、みなさん食べ方が手慣れています。

旅行中なので、安全をとって我々は生ものはなるべく避け、火の入った物を。。。

オーダー

ドリンク(ビール)

 Fischer

Fischer(25cl) 5ユーロ 

軽めな飲み口のビールです。

 

 Edelweiss

Edelweiss(25cl) 5.8ユーロ

とてもフルーティーなビール。

お食事にも合います。

 

 炭酸水(Badoit)

Badoit 8.5ユーロ

炭酸水はボトルで。

パン

食事の付け合せにパンがついてきます。

ともかく食事にはパンがつきものですが、どこのお店のものもおいしく飽きがきません。

お店のロゴが入ったバター付きです。

サラダ

Ceviche Thon 24ユーロ

マグロ、キュウリ、トマト、人参…などがマリネされ、サラダ風でいただきました。

マグロもたっぷりでボリュームもしっかりあります。

魚介を得意とするレストランならではのサラダ。

小魚のフリット

Fritune poissons 11ユーロ

小魚のフリット。

想像を超えた小魚の量!

これがサクサクと香ばしく美味しい!

そこにはチップスも。

タルタルソースを付けたりしながら飽きずにいただきました。

スープ

Soupe Poissons Maison 12ユーロ

スープドポワソン。

魚介のお店なので良い旨味が出ているに違いない!とたのんだ一品は大正解。

ドロリとした食感には魚介の美味しさがギュッと詰まっています。

チーズやアイオリソースも欠かせません。

お会計

全部で66.3ユーロ(日本円で約8,200円)。

クレジットカードOKです。

まとめ

3品でお腹いっぱいになりました!

大晦日もパリのレストランは賑わい、家族やカップルでお店は満席状態でして、人気店であることがうかがえました。

かたぐるしさもなく食事ができ、賑やかなパリの年末を堪能しました。

レストランからホテルまでも徒歩で帰りました。

お店について

 Huguette ユゲット
  • ウェブサイト
    こちらです。

    お店の予約は、こちらからだと日本語で予約可能です。
  • 営業日・営業時間
    8:00 – 2:00
    ※変則的な営業時間になっている可能性がございますので、上記facebookで事前のご確認を。
  • 支払方法
    現金他、各種クレジットカードが利用できます。
  • 住所(MAPはこちら
    81 Rue de Seine, 75006 Paris, フランス
  • 電話番号
    +33 1 43 25 00 28
  • 定休日
    無休
  • その他
    完全禁煙

※2020年5月時点での情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください