* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【パリ・レストラン】Le Procope(ル・プロコップ) 〜1686年開店!パリ最古のカフェ・レストランでディナー

 

2019年12月。

パリに到着したその日のディナーは賑やかなお店でディナーを。

 

パリを訪問した2019年の年末、ほとんどの地下鉄がストで停止していたので、ホテルから徒歩で行けるレストランをチョイス。

日本から予約しての訪問です。

今回、訪問した際のパリ旅行についてはこちらから。

ソウルからパリへ到着、オペラ座経由でホテルのあるサンジェルマン・デ・プレへ【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】4

Le Procope ル プロコープ

ありがたいことに、日本語で予約可能です!

TripAdvisorにて、「ル プロコープ」で検索するとでてきます。

場所

13 Rue de l’Ancienne Comédie, 75006 Paris, フランス

Saint-Germain-des-Prés(サンジェルマン・デ・プレ)駅、Mabillon(マビヨン)駅が最寄り駅です。

メトロは動いていないのでこのときは使えませんでしたが、我々の宿泊しているホテルからも歩いていける距離です。

ホテルからの道のりはサン・ジェルマン・デ・プレ教会を見たりしながら向かう道で有名なカフェも多く、楽しい通りでした。

 

賑やかな小径に一際目立つイルミネーション。

外観

内装

超老舗のレストランでありながら、内装も大変格式高いのですが、意外にも気軽に利用出来る雰囲気でした。

長い歴史を感じる店内は絨毯が惹かれ、1階、中二階、2階…と、造りもとても興味深いです。

詩人や哲学者が常連だったと思わせるものを数々見ることができます。

内装だけでも見る価値ありです。

その中でも必見なのが、ナポレオンの帽子!

お金を払うかわりに自身の帽子を置いていった、というその帽子もしっかりと飾られています。

オーダー(PHILOSOPHE MENU)

英語メニューありです。

 

PHILOSOPHE MENU

前菜+メイン+デザート 38.5ユーロ✕2=77.0ユーロ(日本円で、約9,500円)

をお願いしました。

それぞれ3種類ほどから選択出来る、プリフィックスのスタイル。

パン

パンのクオリティが高い!

ドリンク(シャンパン)

JCB優待があり、シャンパンサービスでした!

前菜・メイン・デザートの3品をアラカルトまたはセットメニューで注文した場合にいただけます。

こちらのJACQUARTという銘柄、他のお店でも食前酒でよく見ました。

こちらのウェブサイトを事前に紙にプリントアウトして持参の上、セットメニューなど注文時に提示しましょう。

前菜

 French onion soup オニオングラタンスープ

今回のパリ訪問でも一度はいただきたいと思っていたオニオングラタンスープ♪

ぼってりとしたチーズの厚い層に覆われ、中は熱々!

塩辛いこともなく、美味☆

たっぷりの炒めたオニオンとバゲットが中に入っています。

 

 Marbled with leeks 西洋ネギの冷製サラダ

西洋ネギが縦に敷き詰められ、その上からマスタードドレッシングがかかっています。

火の入った西洋ネギはトロリとまろやか。

マスタードドレッシングがさっぱりと仕上げています。

メイン

 Trout Meuniere with flaked almonds 鱒(マス)のムニエル

ドン!と丸ごとの登場です。

アーモンドがちりばめられ、シンプルな味付けで、皮目はカリッと。

そえられたレモンとともにいただきます。

骨もしっかりと残っているので食べるのに手がかかりますが、綺麗にいただきました。

 

 Buchers cut , French fries ステーキとフレンチフライ

どしっと大きなステーキ。

フレンチらしい一品。

エシャロットソースで爽やかに。

デザート

 Procope’s special Tiramisu プロコープ スペシャル ティラミス

甘すぎない大人のティラミスは瓶で提供されます。

 

 Moist Valrhona chocolate cake ヴァローナチョコを使ったチョコレートケーキ

トロリと火の入ったチョコレートは濃厚。

カスタードソースが優しく甘く、余韻に浸ります。

お会計

シャンパンはJCB優待で無料サービスでした。

PHILOSOPHE MENU

前菜+メイン+デザート 38.5ユーロ✕2=77.0ユーロ(日本円で、約9,500円)

JCBで払わないとだめとは書いていませんが、JCBで支払いました。

まとめ

19時くらいに入店しましたが、だんだんと混み始め、20時台が入店のピークといった印象。

フランス人の夕食はちょっと遅めのスタートなのですね。

 

なお、フランスのレストラン、特に今回のような人気で老舗のお店は予約をしておくことをお勧めします。

ご年配のご夫婦から、ご家族、若いカップルも、賑やかにお食事を楽しんでいました。

パリ旅行のスタートを素敵なレストランで過ごす事が出来ました。

お店について

日本語で予約可能です!

TripAdvisorにて、「ル プロコープ」で検索するとでてきます。

 Le Procope
  • ウェブサイト
    こちら
    (公式サイト、日本語表示可能です)
    TripAdvisorにて、「ル プロコープ」で検索!
  • 営業日・営業時間
    日~水 12:00~0:00
    木~土 12:00~1:00
  • 支払方法
    現金、各種クレジットカードが利用できます。
  • 住所(MAPはこちら
    13 Rue de l’Ancienne Comedie 75006 Paris
  • 電話番号
    +33 1 40 46 79 00
  • 定休日
    無休!
  • その他
    完全禁煙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください