* 年末年始、パリ旅行でした! *

【クレジットカード】JCBの主要カードまとめ 〜それぞれの特徴、メリットなど所有経験を交えてまとめました

 

JCBといえば、世界の5大クレジットカードの1つにあげられ、アジアの他、ヨーロッパなど海外でも利用できる国際ブランドです。

(こちらは、JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス

 

本記事では、JCBの各種クレジットカードについての特徴、メリットなどについてまとめております。

上から下の順で特典のグレードがアップし、優待の内容も充実したものとなっています。

JCB ゴールド

いわゆる「JCB一般カード」なるものもございますが、

JCBの中心的なカードはこのJCBゴールドカード

特徴

標準的なゴールドカード!
  1. グルメ系サービス
    〜JCB優待ガイド
    〜ポケットコンシェルジュ優待
  2. JCB京爛漫 〜JCBがおすすめの京都のお店情報が掲載されたガイドブック
  3. 優待サービス 〜JCB GOLD Service Club Off
  4. ポイントプログラム 〜Okidokiランド
  5. 空港ラウンジサービス
  6. 保険サービス
  7. ヘルスケア、その他相談サポート
  8. ギフトサービス

グルメ系サービス

 JCB優待ガイド

全国の対象店舗で利用金額から20%OFFになるサービスです。

このグルメ特典については、以下にて詳細解説しております。

JCBゴールド グルメ優待サービス 〜全国のお店で20%OFFで利用可能!JCBゴールドカード以上の所有で利用できるグルメ特典。

 

 ポケットコンシェルジュ優待

このサービスを経由することで、なかなかとりづらい有名人気レストランの予約に加え、コース料金が2,000円引きになるサービスです。

東京・大阪を中心に、全国北海道から九州・沖縄まで約820店舗ほどのお店がラインナップされており、ミシュランの星を獲得したお店も多数あります。

このサービスについて、以下にて詳細解説しております。

ポケットコンシェルジュ優待利用 〜JCB ゴールド以上所有で利用可!有名人気レストランのコース料金が2,000円引きに!

JCB京爛漫

JCBがおすすめする京都のお店情報が掲載されたガイドブックを無料で入手できます。

平均予算、座席数や個室の有無、禁煙席などの記載の他、お子様連れ、おひとり様利用、車イス利用の可否などもあり、細かく記載されていてわかりやすいです。

京都のお店というと(そんなことはほぼないのですが)一見さんお断りや値段が高いなどいわれることも多いですが、このガイドブックはいわゆる、ハズレのないお店が掲載されているので利用にあたっては安心できます。

このサービスについて、以下にて詳細解説しております。

JCB京爛漫 〜JCB ゴールド以上所有で利用可!JCBがおすすめの京都のお店情報が掲載されたガイドブック。歴史の重なりを感じるお店・旅館が多数掲載。

優待サービス 〜JCB GOLD Service Club Off

リロクラブが運営する福利厚生サービス・クラブオフの利用ができ、全国70,000ヵ所以上のさまざまな施設を利用できます。

ジェフグルメカードが購入できるなど、使い勝手のよいサービスです。

以下にて詳細解説しております。

JCBカードでサービス拡充! 〜クラブオフの利用が可能になり、ジェフグルメカードをクレジットカードで購入できます!

ポイントプログラム 〜Okidokiランド

利用金額1,000円につき通常1ポイント。

マイルで換算すると、1ポイント=3マイルと還元率は1%以下です。

しかし、利用サービスやランクにより倍率がアップしますので、一概には判断ができません。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港、およびハワイホノルル国際空港内のラウンジを無料で利用することができます。

ソフトドリンクや新聞・雑誌の閲覧などのサービスが利用できます。

JCB ゴールドで利用できるラウンジについては、以下にてまとめております。

【空港ラウンジ】ゴールドカードで利用可能な国内空港ラウンジ一覧

 

 空港ラウンジの利用レポートはこちら

【空港ラウンジ】羽田空港第1ターミナル・POWER LOUNGE NORTH ラウンジレポート

【空港ラウンジ】羽田空港第1ターミナル・POWER LOUNGE SOUTH ラウンジレポート

【空港ラウンジ】羽田空港第1ターミナル 到着ラウンジ・エアポートラウンジ(中央)

【空港ラウンジ】熊本空港・ラウンジ「ASO」 レポート、ゴールドカード以上で利用可能!

保険サービス

国内・海外旅行において、カード利用の有無にかかわらず家族会員も本会員と同様の傷害保険が適用されます。

ヘルスケア、その他相談サポート

ドクターダイレクト24(国内、24時間年中無休)、健康チェックサービス(10%OFF)、人間ドックサービス(優待料金)などのヘルスケアサポートのほか、JCB暮らしのお金相談ダイヤルで相談をすることができます。

ギフトサービス

通常料金より5%引きでお花を届けてもらえるサービスです。

JCBギフトカードの他、タクシーチケットも購入でき、使い勝手がよいです。

タクシーチケットを購入した際の使い勝手について、以下にまとめました。

JCBのカードで金券購入が可能 〜タクシーチケットも購入できて使い勝手がよいです

年会費

10,000円+税です。

家族カードは1名まで無料で、2人目より1名につき1,000円(税抜き)となります。

JCB ゴールドカードについての詳細について

以下にて詳細まとめております。

JCB ゴールドカード 〜JCBの中心的なカード。上位のゴールド ザ・プレミア、ザ・クラスカードへのアップグレードもまずはここから。

上位カード、JCB ゴールド ザ・プレミアへアップグレードできます

上位のカードになればなるほど、さらにプレミアムなサービスや優待を受けることができます。

JCBにて、以下のようにステップアップの記載もございます。

私が実際にアップグレードした経験も踏まえ、以下にて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

(過去所有していましたが、下記JCB ゴールド ザ・プレミアにアップグレードした際に、裁断しました。。。)

JCB ゴールド・ザ プレミア

上記JCB ゴールドを持っていて、一定の条件を満たせば無条件にインビテーションがくるわかりやすい仕組みです。

簡単にいうと、上記記載したJCB ゴールドをベースとして、プラスアルファなメリットを享受できるクレジットカードです。

特徴

ゴールド特典+プライオリティパス無料発行!
  1. グルメ系サービス
    〜ダイニング30
  2. トラベル系サービス
    〜プライオリティ・パス無料発行
    〜JCB Lounge 京都利用が可能
  3. OkiDokiポイント有効期限が延長、ボーナスアップ

グルメ系サービス

 ダイニング30

JCB ザ・クラスJCB プラチナゴールド ザ・プレミア会員であれば、JCBの対象レストラン・飲食店でそれらのクレジットカードを利用すると、利用金額またはコース代金が30%OFFになる、「ダイニング30」という大変オトクなサービスです。

ラインナップは、いわゆるチェーン系のお店はなく雰囲気がよく立地のお店ばかりで、家族や夫婦、カップルなどでの特別なディナー、ビジネスでの会食などさまざまなシーンで活用できます。

このサービスについて、以下にて詳細解説しております。

ダイニング30 〜JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミアカードでの支払いで30%OFFに!

 

 ゴールドカードと同様のグルメ系サービス

JCB優待ガイドポケットコンシェルジュ優待などは、JCB ゴールドと同様です。

 

トラベル系サービス

 プライオリティ・パス無料発行

世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジが利用できるサービス、プライオリティパスが無料で発行できます。

年会費がUS$399もかかる最上位ランク「プレステージ」会員の資格がなんと無料でゲットできます。

プライオリティパスについては、以下にて詳細解説しております。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

 

 ラウンジ・JCB Lounge 京都の利用が可能

京都駅至近のラウンジ「JCB Lounge 京都」にてくつろぐことができます。

以下にて利用した際のレポートをまとめています。

【ラウンジ】京都駅内に落ち着きの場所 〜JCB Lounge 京都

 

 ゴールドカードと同様のトラベルサービス

空港ラウンジサービスは、JCB ゴールドと同様です。

 

OkiDokiポイントの有効期限が延長、ボーナスアップ

ゴールドカードだと3年の期限が、5年間(60ヶ月)に延長されます。

また、JCBゴールドに比べてポイント優遇率が10%アップし、最大70%の優遇率になります。

ゴールドカードと同様のサービス

JCB京爛漫JCB GOLD Service Club Off、ヘルスケア、その他相談サポート、ギフトサービスについては、上記JCB ゴールドと同様です。

年会費

15,000円+税となります。

年会費の内訳

JCB ゴールドのカード年会費:10,000円(税別)

JCB ゴールド ザ・プレミアのサービス年会費:5,000円(税別)

が、年間100万円(税込)以上のショッピング利用でこのサービス年会費:5,000円(税別)が無料となります。

JCB ゴールド ザ・プレミアについての詳細について

特徴、メリットについては、以下にて詳細まとめております。

JCB ゴールド・ザ プレミアについて詳細解説 〜JCB ザ・クラスへのアップグレードに欠かせないクレジットカード。プライオリティパスが無料発行できる特典もメリット!

上位カード、JCB ザ・クラスへのアップグレードについて

このJCB ゴールド・ザ・プレミアを取得することで、さらに上位にあるJCB ザ・クラスが視野にはいってきます。

このステップアップについては、私の体験談も交えて以下にて解説しております。

参考 JCB ゴールド・ザ・プレミアからJCB ザ・クラスへのアップグレードましちゃんのブログ

JCB プラチナ

JCBのラインナップとして、JCB ザ・クラスに匹敵するカードが、このJCB プラチナ

特徴

JCB ザ・クラスに匹敵するプラチナカード!
  1. プラチナ・コンシェルジュデスク
  2. グルメ系サービス
    〜グルメ・ベネフィット
  3. トラベル系サービス
    〜JCBプレミアムステイプラン
  4. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のJCB Loungeの利用、ザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が可能

プラチナ・コンシェルジュデスク

お店探しやチケット手配など何でも頼んで代行してくれる窓口で、24時間365日、年中無休で利用できます。

お店にかぎらず、何でも相談できる窓口とお考え下さい。

私自身、同様のサービスのあるJCB ザ・クラスではありますが、たびたび利用させていただいており重宝しています。

レストランやホテル探し、予約はプロにおまかせ 〜JCB ザ・クラスのコンシェルジュサービスの内容や使い勝手についてまとめました

飲み会の幹事をする際に雰囲気や参加者、料理の種類など細かく伝えてお店を探したもらっています。

グルメ系サービス

 グルメ・ベネフィット

国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料となる期間限定の優待サービスです。

無料になった分、ドリンクを充実させたり、1品追加でき大変オトクに利用できます。

特典の内容については、以下にて解説しております。

JCB ザ・クラス、JCB プラチナカードのグルメ特典、グルメ・ベネフィット 2019について 〜2名以上利用で1名分無料の優待サービス!

 

 ゴールド ザ・プレミアと同様のグルメサービス

プレミアム30JCB優待ガイドポケットコンシェルジュ優待などは、JCB ゴールド・ザ・プレミアと同様です。

 

トラベル系サービス

 JCBプレミアムステイプラン

トラベル特典の一つで、全国の人気の高いホテル・旅館に優待価格で利用できるプランです。

特別料金が適用されるのとともに、会員限定特典がついてきます。

ホテルと旅館に分かれています。

ホテル編

お値打ち価格で利用できる「スペシャルプライスプラン」

帝国ホテル、ウェスティンホテル、オークラなどの高級ホテルや、高級旅館で、スイート以下の部屋に優待価格で宿泊が可能です。

旅館編

優待プランで利用できる「厳選の宿」

JTBで独自に定めた評価基準による「宿泊アンケート」を元に、評価が高い旅館プランのなかからJCBが選んだ名旅館をお値打ち価格で利用できます。

プランの詳細について、以下にて解説しております。

JCB ザ・クラス会員の特典の一つ、JCBプレミアムステイプラン・2019年版登場! 〜厳選された有名ホテル・旅館がラインナップ!

最新版(JCBプレミアムステイプラン2019)です。

JCB ザ・クラスと重複しますが、JCB ザ・クラスの場合は、

ホテルの場合は、厳選された高級ホテルのスイートルームを優待価格で利用できる「スイートルームプラン」

旅館の場合は、選び抜かれた旅館の「離れ・特別客室特集」

といったさらに上位のプランが選べます。

 

 ゴールド ザ・プレミアと同様のトラベル系サービス

プライオリティパス無料発行、JCB Lounge 京都の利用、空港ラウンジサービスの無料利用など、JCB ゴールド・ザ・プレミアと同様です。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内のJCB Loungeの利用、ザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が可能

USJ内のジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」に併設されたJCBラウンジの利用及びザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が可能です。

ラウンジでゆっくりくつろぎ、係員の方に案内され、ファストパスを持った方よりもさらに優先され、待たずしてアトラクションを楽しめます。

ゴールド・ザ・プレミアと同様のサービス

JCB京爛漫JCB GOLD Service Club Offポケットコンシェルジュ優待、ポイントプログラム、ヘルスケア、その他相談サポート、ギフトサービスなどについては、上記JCB ゴールド・ザ・プレミアと同様です。

年会費

25,000円+税となります。

JCB プレミアについての詳細について

その他JCB プラチナについて、以下にて詳細まとめております。

JCB プラチナ 〜JCBのプレミアムカード!招待なく申込可能で、一気にJCBのプラチナカードを取得できます

上位カード、JCB ザ・クラスへのアップグレードについて

このJCB プラチナを取得することで、さらに上位にある、JCB ザ・クラスカードが視野にはいってきます。

ゴールド ザ・プレミアからのアップグレードも可能ですが、このJCB プラチナからも可能になっています。

※私は、ゴールド ザ・プレミアからのアップグレードでJCB ザ・クラスを取得しました。

参考 JCB ゴールド・ザ・プレミアからJCB ザ・クラスへのアップグレードましちゃんのブログ

JCB ザ・クラス

JCB ザ・クラスはJCBカードの最上位カードであり、ブラックカードという位置づけのクレジットカードです。

特徴

JCB ザ・クラスに匹敵するプラチナカード!
  1. ザ・クラス・コンシェルジュデスク
  2. ザ・クラス メンバーズ・セレクション 〜ディズニー特典あり
  3. ディズニーランド内にあるラウンジ利用が可能
  4. グルメ系サービス
  5. トラベル系サービス
    〜JCBプレミアムステイプラン

ザ・クラス・コンシェルジュデスク(JCB プラチナと同様)

名称は「ザ・クラス」となっておりますが、JCB プラチナと同様、フリーダイヤルで利用でき、24時間365日・年中無休で相談できます。

実際の使い勝手については、体験談を交え、下記にて解説しております。

レストランやホテル探し、予約はプロにおまかせ 〜JCB ザ・クラスのコンシェルジュサービスの内容や使い勝手についてまとめました

ザ・クラス メンバーズ・セレクション 〜ディズニー特典あり

年に1回お好きな商品をひとつ選べる特別なサービスです。

20,000〜25,000円ぐらいの価値のあるラインナップとなっております。

特に、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオフィシャル・マーケティング・パートナーであるJCBのバリューがでている特典プランが、この「東京ディズニーリゾートセレクション」や「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン セレクション」

ザ・クラス メンバーズ・セレクションについては、以下にて詳細解説しております。

2019年の最新版です。

年に一度のJCBからの特別なプレゼント 〜JCB ザ・クラス メンバーズ・セレクション2019について徹底解説します!

ディズニーランド内にあるラウンジ利用が可能

東京ディズニーランド、東京ディズニーシー内にあるJCBのラウンジを利用できる上、ファストパスよりも優先して搭乗可能です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内のJCB Loungeの利用、ザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が可能

上記JCB プラチナと同様、USJ内のジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」に併設されたJCBラウンジの利用及びザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗が可能です。

事前申し込みが必要ですが、またずに乗れて非常に便利な特典です。

グルメ系サービス

グルメ・ベネフィットプレミアム30JCB優待ガイドポケットコンシェルジュ優待コンシェルジュサービスなどは、JCB プラチナと同様です。

トラベル系サービス

 JCBプレミアムステイプラン

全国の上質で人気の高いホテル、旅館に優待価格で利用できるプランとなります。

ホテル編

厳選された高級ホテルのスイートルームを優待価格で利用できる「スイートルームプラン」

お値打ち価格で利用できる「スペシャルプライスプラン」

旅館編

選び抜かれた旅館の「離れ・特別客室特集」

優待プランで利用できる「厳選の宿」

JCB プラチナでは「スペシャルプライスプラン」「厳選の宿」だけでしたが、JCB ザ・クラスではさらに上位のプラン、「スイートルームプラン」、「離れ・特別客室特集」が選べます。

JCBプレミアムステイプランについては、以下にて詳細解説しております。

JCB ザ・クラス会員の特典の一つ、JCBプレミアムステイプラン・2019年版登場! 〜厳選された有名ホテル・旅館がラインナップ!

 

 JCB プラチナと同様のトラベル系サービス

プライオリティパス無料発行、JCB Lounge 京都の利用、空港ラウンジサービスの無料利用など、上記JCB プラチナと同様です。

JCB プラチナと同様のサービス

JCB京爛漫JCB GOLD Service Club Off、ポイントプログラム、ヘルスケア、その他相談サポート、ギフトサービスなどについては、上記JCB プラチナと同様です。

年会費

50,000円+税となります。

JCB ザ・クラスについての詳細について

その他、JCB ザ・クラスの特典については以下にてまとめております。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

まとめ

当然といえば当然ですが、年会費がアップすればするほど、サービスも充実します。

 

おおまかには、

プライオリティパスを使って空港ラウンジ利用を充実させたい!

 =>JCB ゴールド・ザ・プレミア

コンシェルジュサービスを使いたい!

=>JCB プラチナ

コンシェルジュサービスの他、JCBのバリューであるディズニー特典など徹底的に活用したい!

=>JCB ザ・クラス

といった選択肢になります。

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください