* 年末年始、パリ旅行でした! *

【パリ・スイーツ】MORI YOSHIDA(モリヨシダ)〜パリでいただく、日本人パティシエの美しいケーキ☆

 

2018年12月訪問

この前に訪問したKaramel Parisとともに、訪問をとても楽しみにしていたお店♪

名前の通り、日本人パティスリー吉田守秀さんが東京のアニバーサリー、パークハイアット、静岡のナチュレナチュール、フランスのジャックジュナンなどでの修行を経て、

2013年、パリにオープンされたお店☆

日本でもサロンドショコラなどで人気のお店です。

年末、12/30に訪問しました。

MORI YOSHIDA モリ ヨシダ

場所

65 avenue de Breteuil, 75007 Paris, フランス

最寄り駅は、地下鉄・メトロ10・13番線 Duroc駅、6番線 Sèvres-Lecourbe駅。

我々は、Karamel Parisに訪問した後、歩いてMORI YOSHIDAに向かいました。

軍事博物館から南に伸びる広場沿いなので、とてもわかりやすいです。

外観

高級住宅街と思われる通りで、とても素敵なロケーションです。

入り口には、クリスマスから年始の営業が貼ってありました。

クリスマス後に休みをとる以外は営業しています。

内装

まるでショーケースのような外観!

通りに面して全面ガラス張り。

クロワッサン、

パンもございます。

カラフルなマカロン♪

日曜日の11時頃の到着だったので、まだまだ種類豊富♪

2019年11月に渋谷スクランブルスクエアに出店したお店でもこのモンブランが大人気。

日本のお店はこのモンブランと、ベージュ、タルトぐらいしかありませんが、ここは本場ですので品数豊富です。

とはいえ、人気の商品は売り切れになリ始めていたので、迷い時間を早めに切り上げ、早めに注文〜。

私達が訪問したタイミングでは、日本人スタッフもいらっしゃったので、日本語でオーダーしました。

イートインスペースは無いので、持ち帰りで、ホテルでいただきました。

暖かい季節なら、近くの公園でいただいても良さそう♪

我々はホテルに持ち帰りました。

持ち帰り

ムース

Beige 6.0€

見た目の美しさに即決の一品!

上部は紅茶とライムのムース。

力強いけれど出しゃばり過ぎない紅茶の香りの出し方がとても好み!

下はチョコレートのタルト生地でザクザクの食感。

中にはプラリネが入っていて、キメ細かいムースとザクザクのタルトとサクサクのプラリネで食感も楽しめる一品♪

 

こちらは、日本の渋谷のお店でも購入ができます。

エクレア

Eclair chocolat 4.5€

キリッと美しい直線が印象的なエクレア。

シューの中にはみっちりとチョコレートクリームが入っています。

さすがのチョコレートの味!

濃厚でいて甘すぎない、大人の味覚。

上にのったプレートチョコレートのパリッと割れる食感と、

シュー生地、ネットリのクリームの食感の組み合わせが心地良い。

お会計

合計で、10.50 ユーロ(日本円で約1,350円。2018年12月時点。)

クレジットカードが問題なく使えます。

まとめ

期待通りの美しく、上品な香りのケーキ達でした。

お店で他の方が購入されている様子を見ると、日曜日だったからか、10個位をまとめて購入されている方もいらっしゃいました。

地元の方が美味しいケーキをいただきたいわ、と気軽に訪問されている印象。

日本でもサロンドショコラの時期にボンボンショコラを購入することは出来ますが、美しいガトーに出会えるのはパリ訪問だからこそ。

素敵なお店に出会えました。

お店について

 MORI YOSHIDA モリヨシダ
  • ウェブサイト
    こちら
    (公式サイト)
  • 営業日・営業時間
    火曜〜日曜:10:00 – 19:15
  • 支払方法
    現金、クレジットカードが利用できます。
  • 住所(MAPはこちら
    65 Avenue de Breteuil, 75007 Paris, フランス
  • 電話番号
    +33 01 47 34 29 74
  • 定休日
    月曜日 ※年末(12/30)営業していました。
  • その他
    完全禁煙

※2019年11月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください