* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ホテル・日比谷】ザ・ペニンシュラ東京・朝食編 〜ザ・ロビーでゆとりの朝食。

 

今回、ペニンシュラ東京に宿泊した際の朝食となります。

【ホテル・日比谷】ザ・ペニンシュラ東京・宿泊編 〜皇居が目の前!銀座に至近!サービスも文句なしの5つ星ラグジュアリーホテル。

食事会場は1Fフロア(ザ・ロビー)となります。

お部屋でも可能でしたが、このロビーの雰囲気での食事はゆずれません。

人の往来が多い場所ですが、朝食時間帯ということもあり、それ以外の方はあまりいないので静かです。

ゆとりの空間で落ち着いた食事が楽しめました。

宿泊したザ・ペニンシュラ東京について

こちらにて詳細記載しております。

【ホテル・日比谷】ザ・ペニンシュラ東京・宿泊編 〜皇居が目の前!銀座に至近!サービスも文句なしの5つ星ラグジュアリーホテル。

一休.comのダイヤモンド会員特典で、14時まで滞在でき、大変充実した宿泊となりました。

ダイヤモンド会員についての詳細については、こちらに記載しております。

一休.comプレミアサービスのダイヤモンド会員というバリュー 〜ダイナースクラブプレミアムカードを所有するともれなく資格ゲットできます

朝食

宿泊が朝食付きとなっておりました。

宿泊とは別の注文の際、4,800円(1人あたり、税・サービス別)となります。

かなり奮発した金額です。

朝食メニュー 〜ザ・ペニンシュラ ブレックファスト

今回の朝食付きのプランだとこのセットメニューとなります。

基本がザ・ペニンシュラ ブレックファストは洋食ですが、和食(JAPANESE BREAKFAST)、中華(CHINESE BREAKFAST)から選べます。

アラカルトメニューを注文する場合は別会計となります。

とはいえ、渡されるお食事メニューは朝食セットの内容だけになりますので、別途メニュー表を依頼しない限りその心配はございません。

内装

テーブルとの間隔もあいており、開放的なスペースですが比較的プライベート感が保たれています。

お食事

洋食

洋食

ジュース、コーヒー or 紅茶

ベーカリーセレクション(クロワッサン、デニッシュなど5〜6種類)

メイン(ザ・ペニンシュラ エッグベネディクト、ほうれん草入りオープンホワイトオムレツ、ザ・ペニンシュラ アボカドトースト、シグネチャー フレンチトースト)

スーパーフードサラダ

フルーツヨーグルト

自家製グラノーラ

バーチャミューズリー

コーンフレークまたはオールブラン

オートミール

季節のフルーツ

上記が全部セットというわけではなく、お好みのものをオーダーする形となります。

しかも、制限はありません。

 

ジュース、コーヒー or 紅茶

ジュースはオレンジ、グレープ、アップルなどから選べます。

オレンジジュースを。

そして、コーヒー。

ポットで提供されます。

ベーカリーセレクション

このように何種類も並べられたパンから選んでいきます。

 

自家製グラノーラ

季節のフルーツ

パイナップルやキーウィ、ベリー、オレンジなど多種入っています。

バーチャミューズリー

要はスムージですね。

ベリーでした。

エッグベネディクト

サワーブレッド、厚木ベーコン、ほうれん草

シェフが来てくれて、オランデーズソースがのせられます。

ライ麦のハード系パンとの間に厚切りベーコンが潜んでいます。

スーパーフードサラダ

アボカド、スペルト小麦、キヌア、クコの実、ブロッコリースプラウト、フラックスシード、チアシード、バルサミコドレッシングとなっています。

理屈はともかく普通に美味しくいただけました。

中華

中華

点心師特製の点心 〜本日の点心とチャーシュー入り饅頭

海鮮中華粥

プーアール茶で煮込んだ卵

鶏肉ともやし入り醤油焼きそば

ドリンク(ジュース、コーヒー or 紅茶)

ドリンクは、アップルジュース。

点心師特製の点心 〜本日の点心とチャーシュー入り饅頭

海鮮中華粥

プーアール茶で煮込んだ卵

鶏肉ともやし入り醤油焼きそば

全般的に味付けは薄味です。

まとめ

5つ星ホテルでいただく朝食ということもあり、雰囲気も含めて総合的に大変素晴らしかったです。

意外にも、スイーツ的なものはないのですね。

また、まわりを見渡すと、このときは中華を頼んでいる人が多かったです。

 

お値段的には、宿泊プランとは別で注文すると4,800円とかなり奮発する金額となります。

一見すると、分量的な物足りなさを感じるかもしれません。

とはいえ、例えば洋食の場合、パンなど、すべてメニューにあるものはおかわりすることができます。

また今回、注文できるものすべてを注文しておらず、その他フルーツヨーグルトやコーンフレークなどの追加も可能ですので、そうするとかなり充実したラインナップになります。

結果、今回オーダーしたメニューだけでもお腹いっぱいになりました。

「お食事でなんとかもとを取ろう」と考えた場合、ちょっと意図と違う結果になると思いますのでそういう方にはおすすめできません。

 

やはり5つ星ホテルでの朝食ですので、落ち着いて食事を楽しむという気持ちで望むことが大切なのではと感じました。

その意味で、大変満足でした。

次回の宿泊も朝食付き必須です。

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください