名門5つ星ホテル・ストランドホテルのストランドカフェでハイティー(アフタヌーンティー)を堪能!【2018年7月・ミャンマー旅行】11

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。

以下はそのスケジュールです。

ミャンマー旅行スケジュール
 〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018年7月】

7月にミャンマー旅行に行く予定です。 最近、経済的にも発展しており、外資企業が多く進出してきているとのことです。 今回、珍しく、マイルを使わず普通に航空券を購入しました。 ...

前回は、こちら。

ストランドホテル 〜朝食編【2018年7月・ミャンマー旅行】10

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。 以下はそのスケジュールです。 ミャンマー旅行スケジュール  〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018年...

今回、アフタヌーンティーで、ストランドホテルのストランドカフェをまたまた利用です。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ストランドカフェ ハイティー(アフタヌーンティー)

ホテル玄関

入り口に案内がでています。

14時30分から17時までの時間帯です。

会場

ストランドカフェとなります。

我々は、夕食、朝食、ハイティー(昼)と3連チャンでの利用となりました。

しかも。。。

すべて全く同じ席でした。

周りを見ると、ヨーロッパ系の方、韓国系の方がそれぞれ1組づついました。

またまた貸切状態。

お水でまずは口を潤します。

事前にメールで席のみ予約をしておりました。

ハイティー

メニューは2コースあります。

クラシカルハイティーメニュー(英国式) 20 USドル

ミャンマーハイティーメニュー 18 USドル

+5%の税金と、+10%のサービス料がかかります。

クラシカルハイティーメニュー(英国式)

いわゆるよくみるアフタヌーンティーのタイプです。

ミャンマーハイティーメニュー

こちらは、ホテルオリジナルのアフタヌーンティー。

今回、2種類、英国式とミャンマー式でそれぞれ注文しました。

紅茶

紅茶(アールグレー)

ポットでててきます。

3〜4杯ぐらい飲めます。

英国式

英国式は、いわゆるアフタヌーンティーでよくみかける外観で、3段の構成。

下から。

下の段

クリームチーズとブラックフォレストハムのロール(真ん中)

イタリアンコッパ、イチジクとリコッタチーズのトーストのせ

サーモンタルタルイノンド(セリ)添え

寒天+グリーンアスパラのカナッペ

真ん中の段

ピスタチオ入りターキッシュ・ディライト

右下のローズカラーのお菓子。

フレッシュフルーツラムババロア

マンゴーミニエクレア

レモンメレンゲタルト

チョコレートガナッシュマカロン

上の段

マスカルポーネクリーム、レモングラスとパパイヤジャム付きスコーン

グリーンティーパンナコッタ+ライスクラッカー

スコーンのソース

ミャンマー式

重箱のようになっています。

ストランドホテルのロゴ入り。

年季が入った器で、アジア、というよりは日本ぽいですね。

ご飯もの(もち米)

チキンと野菜の春巻き

点心的な内容。

ラペットウ

昨日も食べましたが、美味しくいただきました。

飽きずに食べられますね。

パームシュガーがコートされた団子、ココナッツの寒天、ニンジンとココナッツのプリン

デザート?

モチモチしていました。

ココナッツクリーム、砂糖入りタピオカ

2人分でしたが、ミャンマー式の方はかなり量が多く、食べきれませんでした。。。

特にもち米が結構多めですね。

お会計

クラシカルハイティーメニュー(英国式) 20 USドル

ミャンマーハイティーメニュー 18 USドル

+サービス料、税金等で合計日本円で約8,800円(2018年7月時点)。

まとめ

席数から、ハイシーズンはかなり人が入るのだろうなと思いましたが、雨期に訪問となったためガラガラでした。

楽しみにしていたアフタヌーンティーも楽しめて良かったです。

ミャンマー式は分量が多いと思いますのでご注意を。

話のネタにご注文してはいかがでしょうか。

以上です。

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

ストランドカフェ ハイティー

ウェブサイトはこちら

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

ハイティーの時間帯

14:30~17:00

■ 住所 ■

92 Strand Rd
Yangon
ミャンマー

TEL:+95 1 243 377

info@hotelthestrand.com

■ 定休日 ■

なし

※上記は、2018年8月時点での情報です。