【天草・寿司】奴寿司 〜天草の魚介を満喫!独創的なタネのお寿司屋さん

2018年9月訪問

2泊3日の熊本旅行に行ってきました。

熊本旅行のスケジュールはこちら。

熊本・天草旅行にいってきます 〜旅行スケジュール【2018年9月】

9月に、2泊3日で熊本・天草へ旅行に行くこととしました。 今回は、そのスケジュールです。 そもそものきっかけはJALの「どこかにマイル」...

前回はこちら。

「天草 親和荘 海心」に宿泊 〜貸切風呂が快適!
(2018年9月熊本旅行)

2018年9月訪問 2泊3日の熊本旅行に行ってきました。 熊本旅行のスケジュールはこちら。 熊本・天草旅行にいってきます 〜旅行スケジュール【2018年9月】 ...

宿泊先では夕食は付けず、この日はお寿司へ!

天草といわず、全国的に有名なお寿司なんだそうです!

食べログでもTOP5000に入っており、評価も3.81と高いです。(2018年10月時点)

2週間位前に電話で予約済です。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

奴寿司

場所

〒863-0033
熊本県天草市東町76−2

宿泊先である「海心」からは歩いて10分位。

外観

住宅外に建つ店舗の暖簾には「奴」の文字。

そして、「予約のみ」の看板。

扉を開けると、靴を脱いで店内に入るつくりになっています。

内装

カウンターとテーブル席がありますが、

この日はカウンター。

しかもドセンター!

正面には、(反射してしまっていますが)朱の看板!

まるで舞台のようです。

お願いしたのは

大将のおまかせ12巻 6,000円

オーダー

梅酒のソーダ割

ウニ(雲丹)

まさかのインスタ映え渡しに戸惑う私!

海苔の香りがとーーっても良く、

それにも負けないウニの濃厚な甘さ!

幸せ〜

平目 梅塩で

写真は失念っ!

厚めにカットされたヒラメは旨味バッチリ。

イカ 雲丹塩

キンキ 山葵を載せて

筋肉質で弾き返すような弾力。

コハダ

天草ではコハダの事を「コノシロ」と呼ぶそうです。

そういえば、天草に近づいてから

「名物コノシロ」という看板等をよく見かけましたね。

鯛 柚子胡椒を載せて

黒鯛と言われたような・・・石鯛と言われたような・・・。

カマトロ

マグロの手の付け根にあたる希少部位だそうです。

脂と赤身の食感を楽しめます。

シマアジ

車海老

珍しい巻き方がされています。

ほぼ生の状態でプリンプリンの食感。

クエ 雲丹を挟んで

とても筋肉質で旨味のあるクエ。

その下にはクエの旨味に負けない雲丹が!

中トロ

漬け?炙り?

記憶が曖昧ですが脂もしっかりと感じられる濃厚な美味しさ。

カンパチ 炙り ガーリックチップを挟んで

ガーリックチップとは斬新!

赤だし

あおさの入ったお味噌汁です。

ここまでが、おまかせの内容です。

追加でちょっと注文。

タコ ごま塩

天草の魚介といえば、蛸!

なので追加でいただきました。

生鯖 炙り 柚子胡椒

写真撮り忘れ!

最後を締めるのに相応しい、

大きく身の厚い鯖は甘みがギュッと詰まって、

この日一番美味しかった!

デザート・和三盆のパンナコッタ

デザートもちゃんと美味しい♪

お会計

大将のおまかせ12巻、追加の2巻、飲み物で、

合計8,200円になりました。

なお、カード利用は可能ですが、1万円以上からになります。

まとめ

今回は一人訪問だったので、

写真を撮って、記憶して・・・が忙しく

写真の撮り忘れがあったり、お魚の名前を忘れて

しまったりがあったのがちょっと残念でしたが、

圧巻の握りでした。

大将、かなりテンポが速いです。

握りを30分位でいただいたかと思います。

今回は一人利用だったので、手持ち無沙汰になるのもと思い、

そのままいただきましたが、ゆっくりと余韻を楽しみたいなら、

途中で声を掛けた方がよいかもしれないですね。

以上です。

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

奴寿司

ウェブサイトはこちら

(一般社団法人 天草宝島観光協会のウェブサイトとなります)

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

お昼 12:00~14:30

夜  17:30~21:00

■ 住所 ■

〒863-0033
熊本県天草市東町76−2

TEL: 0969-23-4055

■ 定休日 ■

毎週月曜日

※月曜日が祝日の場合営業。翌火曜日が休みとなります。

■ 席数 ■

36席

■ 駐車場 ■

あり(10台)

※上記は、2018年10月時点での情報です。