5つ星の名門・古城ホテル、シュロスホテル クロンベルク宿泊記1【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】10

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。

ライン川下り

名門ホテル宿泊

パリ観光

をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして、

スケジュールはこんな感じでした。

2017年夏のヨーロッパ旅行スケジュール
【2017年7月 ドイツ・フランス旅行】

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 毎度毎度、つめつめな日程だったのですが・・・。 今回は、 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光...

前回は、こちら

リューデスハイムからフランクフルトを経由して古城ホテル・シュロスホテル クロンベルクへ【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】9

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光 をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして...

いよいよシュロスホテルクロンベルクに宿泊です。

周りから隔絶され緑に囲まれた中に、ホテルがあります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ホテル・シュロスホテルクロンベルク

シュロスホテル クロンベルク ホテル フランクフルト
Schlosshotel Kronberg – Hotel Frankfurt

Hainstraße 25
61476
Kronberg im Taunus

チェックイン

ドアマンの方がドアをあけてくれます。

入ると階段があります。

ホテルの方が荷物を手伝ってくれると思いますが、

私はキャリーを自分であげます。

ひらけたフロア。

この右にホテルの受付カウンターがあります。

チェックインし、エレベータで上にあがり、お部屋に向かいます。

お部屋

スーペリア ダブルルームです。

あけると、とても広くてびっくりです。

フカフカベッド。

ベッドの横には、ウェルカムドリンク。

ヨーロッパのホテルで少しお高いと、

リンゴとナイフが必ずありますね。

手書きで我々の名前の入ったウェルカムレターも添えられていました。

古城ホテルということで、昨日泊まったブルクホテル アウフ シェーンブルク Burghotel auf Schönburgのような内装かと思いきや・・・かわいらしいデザイン

ブルクホテル アウフ シェーンブルクの詳細レポートはこちら。

5つ星のドイツ古城ホテル、ブルクホテル アウフ シェーンブルクを詳細レポート1
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】6

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光 をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして、 ...

古城ホテルで非日常な体験ができました
〜ブルクホテル アウフ シェーンブルク詳細レポート2

【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】7

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光 をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして、 ...

シャワーだけではなく、バスタブもありますので、

湯船につかってゆっくりできます。

アメニティもハブラシ、シャンプー、リンス、せっけん等そろっています。

ドライヤーも備え付けです。

当然ながら、Wifiもございます。

その他

冷蔵庫もあり、中に入った飲み物も自由に飲めます。

お水以外にアルコールもありましたよ。

日本人でしたら、あったかい日本茶をのみたい時もございます。

当然ながら、日本茶はないので、持ってきたティーパックでお茶をいれようにも

外国のホテルには電気ケトルなるものは備え付けられていません。

しかし、ホテルのフロントに連絡をいれれば持ってきてくれますので、チェックイン時か、部屋の電話でコールして手配しましょう。

ホテル内で夕食

夕食を食べるためにレストランのお部屋へ。

この突き当たりにあります。

しかしながら、利用することができませんでした。

金融期間主催のパーティーをやっていました。

予約しておけばよかったのですが、そもそも入れなさそうでした。

しかし、ホテル入り口のこちらのソファ−ルームでお食事が可能です。

Jimmy’s Barという名称で、バー利用で食事ができます。

確かにそういう場所です。

シャンデリアがリッチな雰囲気をかもしだします。

ゆったりくつろぐ空間です。

照明も落ち着いています。

この空間には我々ぐらいしかおらず、貸切でした。

頼んだメニューが到着。

シーザーサラダ

牛フィレステーキ

こういう場面ではワインがお似合いなのでしょうが。。。

我々は炭酸水です。

レストランでの食事はできませんでしたが、

ほぼ貸切で雰囲気のいい空間でお食事ができました。

お会計

炭酸水、2品合計で、75.50 ユーロ。

その場でお会計はなく、チェックアウト時に宿泊代とまとめてお支払いします。

スマートですね。

2日連続の名門ホテルでとても心地よい時間が過ごせました。

以上です。

次回は、シュロスホテルクロンベルクの朝食、ホテル内について引き続きレポート致します。

5つ星の古城ホテル、シュロスホテル クロンベルク宿泊記2
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】11

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光 をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして、 スケジ...