* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

【仙台・コーヒー豆】ベートーベン 〜セントバーナードが看板犬の西公園至近のコーヒー豆専門店!

 

2019年3月訪問

 

2019年3月に、仙台にグルメ旅行にいってきました。

JCB ザ・クラス特典のメンバーズ・セレクション、JCBトラベルクーポンを使って、またまた仙台グルメ旅行に行ってきました【2019年3月】
https://mashichan.com/entry/201903-sendai

 

旅行の合間に、コーヒー豆の購入で訪問。

仙台に行く度に、ちょくちょく立ち寄っています。

西公園近くにお店があります。

 

このセントバーナードの看板が特徴です。

 

1983年から営業している、コーヒー豆専門店です。

 

 

ベートーベン

場所

〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目4−8

 

西公園すぐそばで、

大町西公園駅からもすぐです。

 

外観

実際、セントバーナードがいるのですが、

訓練中のため、不在でした。

 

現在5代目とのことで、代々セントバーナード犬が看板を背負っています。

 

 

中には焙煎されたコーヒー豆がございます。

奥には焙煎の機械もありました。

 

その場で粉にもしてもらえます。

 

その他、コーヒーグッズやクッキーなども販売しておりました。

 

購入したコーヒー豆

豆を購入して、持ち帰りました。

 

エチオピア モカ イルガチェフ コチャレ G(グレード)1 820円

インドネシア マンデリン G1 リントン バタクランド 660円

それぞれ100gを購入。

 

G-1とあるのは、最高級基準との意味だそうです。

 

豆はビニールのパックとなっており、

この紙袋にまとめて持ち帰り。

 

お会計

2種類購入して、1,480円。

現金のみです。

クレジットカードは利用できません。

 

 

 

コーヒー豆

東京に帰った際、さっそく飲んでみました。

 

エチオピア モカ イルガチェフ

イルガチェフは、先日岡山の喫茶店・折り鶴で飲んで以来、

見かけるたびにチェックするようになりました。

 

ベートーベンでも扱っていたので購入しました。

酸味がでています。

 

普段、ブラックで少し飲んだあと、

ミルクをいれることが多いのですが

この豆はそのままブラックでも美味しくいただけました。

ミルクをいれると酸味が消えて別の味としてたのしめます。

 

インドネシア マンデリン G1 リントン バタクランド

 

こちらは苦みが特徴の豆でした。

 

マンデリンはよく聞く名前でもありますが、

同じ銘柄でもこのようなコーヒー豆専門店で購入するのと

スーパーなどで市販されているコーヒー豆に比べると

特に風味についてやはり明らかな違いがわかります。

 

豆をひくのはいとわないので毎日飲みたいところですが、

お値段考えると週末のお楽しみ用にとっておいています。

それでもそれぞれ100gなので、2人で飲むとあっという間になくなってしまいましたが。。。

 

次回の仙台旅行でもまた訪問したいと思います。

 

以上です。

 

<店舗情報(お店のウェブサイトを参照)>

ベートーベン

ウェブサイトはこちら

 

—–

■ 営業日・営業時間 ■ 

9:00 〜 18:00

 

■ 住所 ■

〒980-0804
仙台市青葉区大町2丁目4-8

TEL: 022-225-6996

 

■ 定休日 ■

日曜・祝日

 

※上記は、2019年4月時点での情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE