* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

インドネシアアライバルビザ事前申請 〜e-VOAの手順を解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

先日、ジャカルタ経由でシンガポールに行ってきました

シンガポールに行ってきました 〜スケジュール【2023年1月・シンガポール】

その際、ジャカルタからシンガポールへ乗り継ぐ際、行き(ANA便)と同じスターアライアンス便ではなかったこともあり、荷物を一時的に受け取る必要がでてきました。

トランジットという形での入国〜出国ではなく、実際に荷物をうけとり空港の出口をでて、さらに再度荷物を預けて出国しなければならない、ということになりました。

インドネシアの入国においては、現状、現地なり事前なりのアライバルビザ(VOA)の申請が必要となります。

現地空港で、出発前に手続きすればよいのですが、今回乗り継ぎに2時間しかない、ということと、現地通貨も所有しておらず日本で発行のクレジットカードが使えなかった場合のリスクを考え、事前に日本にいるときに申請しました。

結果、すべてオンラインで完結でき便利でした。

しかしながら、今回のようなケースを探したものの情報が皆無で、参照先もほぼなく手探りで作成しました。

2時間ほどの滞在で、一時的に荷物受け取りのみで出国するためだけに2人で約9,000円も取られたのは残念でしたが、やむなしです。

今回は、その事前申請の書き方について解説いたします。

事前の準備物

今回、現地到着時にアライバルビザを申請すればよいのですが、時間的なものや通貨の準備などの制約を考え、事前申請=eVOAにて、日本で申請しました。

主な必要物は以下となります。

  • 有効なパスポート
  • 身分証明用の写真
    (デジタルデータで、JPG/JPEG/PNG形式)
  • スキャンしたパスポート画像
    (写真の部分を見開きで、デジタルデータ:JPG/JPEG/PNG形式)
  • インドネシア到着時の交通手段(我々の場合は飛行機)のチケットに記載の情報
    (便名、日付など)
  • インドネシア入国の際に必要な滞在情報
    (今回の我々の場合は、インドネシアに入国しシンガポール便に搭乗するので、シンガポール滞在情報・ジャカルタ空港住所情報など)

申請後の手数料の支払いにクレジットカードが必要となります。

  • クレジットカード(VISAもしくはMaster)

参考:日本でのワクチン接種もしくは陰性証明書

今回のeVOAの申請には必要ないのですが、別途用意しておきましょう。

海外旅行において、日本帰国の際、特に必須です。

海外ですので、英語版も用意しておき、念の為、スクリーンショットも撮っておきましょう。

私は、ワクチンを3回接種していたので、その証明書を利用しました。

参考:Visit Japan Web(入国手続オンラインサービス)での申請をしておきましょう

こちらも、VOA、e-VOAの申請とは関係ありませんが、そもそも海外へでかけて日本へ帰国する際に必要となります。

当然ながら日本語での解説であり、大変丁寧な内容ですので解説なしに登録完結できるかと思います。

Visit Japan Web(入国手続オンラインサービス)はこちら

登録完了すると、上記のような画面となります。

審査完了となり、青字になっていればOKです。

申請結果がでるのも数時間後と早いです。

Visit Japan Web(入国手続オンラインサービス)はこちら

参考:インドネシアにおけるワクチン接種証明のアプリは不要です

事前に準備しておきましたが、結果利用しませんでした。

私の場合はiPhoneなのでAppStoreにて、pedulilindungiといれます。

候補がでてくるのでそれを選びます。

そうすると、下記アプリがでてきます。

ダウンロードして立ち上げると、アカウント登録を要求されます。

登録後、アクセスしてログインすると下記画面がでてきます。

(アプリ内の設定にて、英語に切り替える必要があるかもしれません。)

上記、Non-Indonesian Vaccinesにワクチン接種証明を登録して申請、承認を経ておく流れになるのですが、現状アクセスしても「工事中」となるので実質的に使えない状況です。

インドネシアアライバルビザ(今回はeVOA)の申請手順

e-VOAサイトにてアカウント登録、VOA申請

以下から申請となります。

Welcome to Indonesian VISA Issuance

ウェブサイトにアクセス

申請前に、アカウント登録が必要となります。

上記ウェブサイトにアクセスすると下記画面がでてきます。

下にスクロールするか、e-VOAを選ぶと下の画面がでてきます。

「Apply」をクリックすると下記画面に遷移します。

アカウントを作成していない場合は、右下のRegisterをクリックしてアカウント登録画面に進みます。

アカウント登録(例)

すべて英語にて記載となります。

下記参照の上、自身のパスポートを確認し、登録を進めます。

写真データも忘れずに。

上記登録完了したら、Submit(送信)します。

登録したメールアドレスにメールが届きますので、そこに記載のURLをクリックするとActivate完了、登録完了です。

海外からのメールとなるため、念の為迷惑メールフォルダもチェックです。

なお、登録完了前(認証前)にログインしようとすると、下記画面になりますのでご注意です。

ログイン

改めてアクセスし、登録したログイン情報を入れます。

e-VOA申請(例)

下記参照の上、自身のインドネシア到着時交通手段(飛行機等)を確認し、登録を進めます。

今回のインドネシア入国は一時的であり、すぐシンガポールへ移動だったので、滞在先情報はインドネシア情報ではなくシンガポールのホテル情報を入力しました。

さらに、入力項目がインドネシアに限定される選択肢のみであったため、便宜上、ジャカルタ – スカルノ・ハッタ国際空港にあるスカルノハッタ特別入国管理局 (Kantor Imigrasi Kelas 1 Khusus Bandara Soekarno-Hatta)を指定しました。

インドネシアに入国しインドネシアに滞在するのであれば、その情報を入力しましょう。

上記で申請が完了です。

eVOAの支払い(クレジットカード)

支払いはオンラインで、クレジットカードで支払います。

VISAかMasterカードのみとなります。

英語も併記されているので理解できるかと思います。

日本発行のクレジットカードで問題ありません。

為替の影響がありまして、だいたい約4,500〜5,000円くらいです。

完了のメールが届きます

完了のメールが届き、下記のような添付ファイルが届きます。

Address In Indonesiaの欄に、申請時に記載した内容、シンガポール滞在先情報が記載されています。

まとめ

下記を準備しましょう。

  • 有効なパスポート
  • 身分証明用の写真
    (デジタルデータで、JPG/JPEG/PNG形式)
  • スキャンしたパスポート画像
    (写真の部分を見開きで、デジタルデータ:JPG/JPEG/PNG形式)
  • インドネシア到着時の交通手段(我々の場合は飛行機)のチケットに記載の情報
    (便名、日付など)
  • インドネシア入国の際に必要な滞在情報
    (今回の我々の場合は、インドネシアに入国しシンガポール便に搭乗するので、シンガポール滞在情報・ジャカルタ空港住所情報など)

申請後の支払い時に、下記が必要です。

  • クレジットカード(VISAもしくはMaster)

次に、手順としては、

  1. インドネシアe-VOAサイトにてアカウント登録
  2. メールアドレスをチェックし、記載のURLにアクセス
  3. アカウント登録完了→ e-VOAサイトに改めてアクセスしログイン
  4. e-VOA申請内容入力
  5. クレジットカードにて支払い処理
  6. メールアドレス宛に支払完了情報が届く。

となり、完了となります。

  • インドネシアのワクチン接種証明(スマホアプリ)の準備は不要

今回のケースがネットにないため、大変苦労しましたがなんとか入力完了でき、問題なくすすめることができました。

参考になれば幸いです。

以上です

今回のシンガポール旅行(2023年1月)については、こちらから御覧ください。

シンガポールに行ってきました 〜スケジュール【2023年1月・シンガポール】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください