* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ホテル】休暇村 大久野島 〜うさぎの島でいやされました(お部屋、夕食編)

 

岡山(牛窓)-広島(尾道・竹原)に行ってきました。

そのときのスケジュールはこちら

岡山(牛窓)-広島(尾道・竹原)に行ってきました 〜スケジュール【2019年1月】

前回、お花見と夜景スポットで有名な千光寺公園でしばし尾道観光し、竹原市にある、大久野島に行ってきました。

その際、島唯一の宿泊施設、休暇村 大久野島に泊まりまして、キレイでサービスもよく食事も美味しかったです。

うさぎのおもしろい生態や「珍行動」も見ることができ、癒やされ楽しめました。

今回は、ホテルのお部屋(和室)と宿泊当日の夕食についての記事です。

休暇村 大久野島

場所

〒729-2311 広島県竹原市忠海町5476−4

車を置いて、うさぎの島、大久野島へフェリーで向かいます。

島には、外部から車は入ることができません。

休暇村 大久野島へ

忠海港の駐車場

忠海港付近に駐車場がございます。

無料でとめられます。

この日はお休みとあって、近くの駐車場は満車。

第1駐車場(P1)と第2駐車場(P2)がございまして、そちらは空いていました。

我々は離れた第2駐車場にとめました。

歩いて5分ほどかかります。

 

車を停めている間、船が来ていました。

乗船切符売り場

乗り場付近に切符売り場があります。

中で荷物の一時預かりもやっています。

1日500円。

日帰りの場合は荷物が移動時に邪魔になるので便利です。

このあたりからうさぎを意識した環境となっています。

チケット購入

1人あたり、片道310円です。

乗船

忠海〜大久野島〜盛を行き来していまして、忠海〜大久野島間は時間にして10分ほどです。

乗船時、いったん降りてくる人や盛から乗ってきた車が先におりてから、乗り込みます。

船員にチケットを渡して、乗船です。

大久野島にむけて出港

船内

船内は上記のような環境になっています。

テレビはNHKでした。

キッズスペースのような空間もございます。

冬でしたが、天気もよいので、外で海を眺めていました。

しばし、ゆったりとした時間が過ぎていきます。

大久野島へ到着

10分ほどですので、あっというまに大久野島に到着。

シャトルバスでホテルへ

歩けなくはない距離ですし、途中にうさぎ点在しているので戯れながらホテル(休暇村 大久野島)に行くのもありなのですが、まずは腰を落ち着けるべく、シャトルバスに乗ります。

無料です。

20分間隔ででていますし、待ち時間もほとんどありません。

うさぎのいるスペースと車道がわかれている上、かなりノロノロ運転ですので、安全です。

途中、お子様がうさぎと戯れているところや、

このように点在しているうさぎを見ることができます。

ホテルに到着

島唯一のホテル、休暇村 大久野島。

休暇村 大久野島に到着!

外観

休暇村 大久野島とは

「休暇村〜」というブランドで、一般財団法人 休暇村協会が運営しています。

1961年以来、国立・国定公園といった自然環境にある宿泊施設を全国展開している老舗の団体です。

休暇村 大久野島

※ウェブサイトを開くと、音がでる場合がございますのでご注意を。

ラインナップを見てみると、全国の、都会というよりは自然に近い場所や島にあるホテルとして、他と差別化しているのがわかります。

今回、楽天トラベル休暇村 大久野島を予約しましたが、その他の休暇村も検索するとでてきます。

楽天トラベルで休暇村 大久野島を検索!

ちなみに、8年ほど前に、気仙沼大島マラソン参加のため宮城県にある休暇村 気仙沼大島に泊まったことがありましたが、自然に囲まれ大変リフレッシュした記憶がございます。

ホテル周辺にはうさぎが点在しています

さて、到着して周りを見わたすとうさぎたちがいるのがわかります。

うさぎが自由に動き回っています。

エサとしてはわかりやすいニンジンがよいです。

お菓子とかパンといった加工物はあげてはいけません。

わかりやすい、ウマ〜な顔。

実際目の前でみると、とても癒やされます。

ホテル 〜休暇村 大久野島 エントランス

ホテルのエントランスは広々。

大きなうさぎが出迎えてくれます。

この前で写真を撮っている人が多かったです。

お土産コーナー

うさぎ関係だけではなく、広島のお土産を中心に幅広くございます。

喫茶(うさんちゅカフェ)

一角に、喫茶コーナーもございます。

終了間際に行ったので、閉店直前の光景ですが。。。

メニュー(一部)

有機栽培コーヒー 260円

オリジナル兎人コーヒー 410円

竹原キャンベル(ぶどう)ジュース 460円

瀬戸内マンダリンジュース 460円

地元アヲハタジャムオーレ 360円

など、地元食材や工場のメニューが並びます。

アヲハタジャムは、忠海港の駐車場付近に工場がありました。

朝食メニューにもでてきました。

お部屋

和室8畳のお部屋です。

バスはありませんが、洗面台、トイレ(ウォシュレット有り)付きです。

お風呂は大浴場がありますので、問題ありません。

大久野島には、ラドンを含み神経痛や冷え症、疲労回復などの効能がある温泉が湧いており、天然ラジウム温泉に入ることができます。

入り口

旅館風です。

洗面台

若干年期のはいった感は否めませんが、必要最低限なところは押さえられていて清潔感があります。

トイレ

ウォシュレット付きはポイントが高いです。

お部屋内装

洋室に慣れていると、旅先で和室があると落ち着きます。

テレビ

USB付き電源タップがあります 〜すばらしい!

単純な延長ケーブルにみえますが、

USBがさせるようになっています。

しかも2口。

いちいち電源を取り出さず、USBケーブルで充電ができます。

非常にありがたい、万人に受けるサービスです。

電気ポット、冷水、茶菓子

電気ポットがあり、温かいお茶が飲めるのもありがたいのですが、冷水用意されています。

温泉に入った後に、これまた大変素敵なサービスです。

茶菓子はたこせんでした。

クローゼット

クローゼットの下には金庫もございます。

クローゼットは、ハンガーの他、サイズ別の浴衣や、

お風呂に行くときの入れ物もございます。

濡れた物もいれやすいですね。

冷蔵庫

窓側には冷蔵庫もあります。

窓からの、夕暮れの景色。

お部屋からうさぎを眺めることが出来ます。

日が暮れるとこんな素敵な景色をみることができます。

自動販売機コーナー

お部屋のエレベータ近くに、自販機コーナーがあります。

お店が周りにないので、ぼったくっているのかと思いきや、良心的なお値段でした。

予約したプラン 〜大久野島名物料理!「タコ会席」~会席プラン~

今回予約したのは、お部屋と食事のセットプラン、

大久野島名物料理!「タコ会席」~会席プラン~(和室8畳)

2人で、夕食、朝食込み・26,200円(税込み)でした。

1人あたり、13,100円と、繁忙期利用でしたが、そのわりにお値打ちでした。

 

「タコ会席」の名の通り、タコ、タコ、タコづくしです。

休暇村大久野島のウェブサイトより引用。

 

竹原ブランド牛のステーキや、牡蠣などのコースもありましたが、1番人気の大久野島名物・タコ料理としました。

後述しますが、夕食、朝食ともに食事のボリューム、バリエーションもあってかなりお値打ちです。

ホテルでの夕食

「レストランうさんちゅ」で夕食です。

きまった時間のため、かなりレストランは混み合っていました。

うさぎさん目当てということで、若い方や家族づれが多いですね。

タコづくしなコースメニュー

コース

・先付け タコの塩辛

・お造り 4種盛り

・焼 物 タコの1本足ステーキ

・台 物 タコしゃぶしゃぶ

・揚 物 タコ天ぷら

・洋 皿 タコのカルパッチョ

・温 物 タコ茶碗蒸し

・御 飯 タコ飯

・香の物

・フルーツ

と、かなり盛りだくさんな、かつ、タコづくしのメニューとなっております。

コースに先立ち、「ときめき地酒セレクション」ということで、地酒「誠鏡 純米 忠海」盛切り1杯、またはソフトドリンク(オレンジジュース・コーラ・ウーロン茶)1杯付いてきました。

なお、コース以外の注文、例えば飲み物は別払いとなります。

箸置きがかわいらしい。

お土産屋さんにこれではありませんでしたが、うさぎの箸置きがあり買って帰りました。

先付け タコの塩辛

お造り 4種盛り

焼物 タコの1本足ステーキ

食べていると、窓の外からうさぎさんが近づいてきました。

台物 タコしゃぶしゃぶ

揚物 タコ天ぷら

洋皿 タコのカルパッチョ

温物 タコ茶碗蒸し

御飯 タコ飯

その場で炊きたてをいただきます。

定位置のようです。

 

周りにお店が全くなくなにか食べたくなったらどうしようかなと思っていましたが、これだけの量がでてくるとその不安も一掃されます。

かなりおなかいっぱいになります。

しかも、デザートもございます。

デザート・ドリンク

メニューには、フルーツとかかれていましたが、デザートとしては、フルーツの他、アイスやスイーツもございました。

お子様が好きそうなものばかりでした。

アイスは抹茶、バニラ、ストロベリーでした。

お皿は、スヌーピーもいますが、うさぎつながりでミッフィーありますね。。。

まとめ

ホテルのお部屋は清潔感がありますし、お部屋が海側を向いており景色もきれいです。

なんといっても、どのお部屋からも海側の景色や広大な敷地に戯れるうさぎも眺められるところがうさぎ好きな方には大変なバリューですね。

さらに、夕食も竹原牛や牡蠣、海鮮など、さまざまな地元食材の夕食プランが選べました。

我々はタコづくしを選び、量も多い上、どれも大変おいしくいただけました。

素泊まりはもったいないです!

ぜひ宿泊してコースでゆったりをおすすめします。

今回、楽天トラベルを利用しました

休暇村 大久野島は公式サイトもございますが、日々貯めたポイントの使える楽天トラベルのようなサイトからの予約が便利です。

プランも公式サイト通りで、お値段もリーズナブル。

消費税込み価格でちゃんと表記されています。

楽天トラベルで休暇村 大久野島を検索!

次回に続きます

朝食を食べて、うさぎたちとたくさんのうさぎと戯れました!

こちらから!

【ホテル】休暇村 大久野島 〜ホテル朝食を堪能、貴重なうさぎの珍行動を目撃しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください