* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

パリ・凱旋門での年越しを楽しみました! 〜2019年ニューイヤーイベントを詳細レポート【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】14

 

2018年12月〜2019年1月に、フランス(パリ)、

ドイツ(フランクフルト)に行ってきました。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール

https://mashichan.com/entry/201812-201901-frankfurt-paris-schedule

 

前回はこちら。

【ホテル】パリの3つ星ホテル、エトワール パーク ホテル
〜凱旋門至近でアクセス良好・空港直通バスからも近い!
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】13

https://mashichan.com/entry/etoile-park-hotel-paris

 

この日は、12月31日。

 

夜は、念願の凱旋門での年越しイベントにも参加でき、楽しめました。

特に、治安について指摘されており、警戒していましたが、

幸いにも問題なく過ごせました。

 

今回、凱旋門前での年越しイベント、ニューイヤーイベントに参加して、いろいろ注意しておくべきことがありました。

事前に知っておくとより楽しめますよ。

 

 

 

 

凱旋門、シャンゼリゼ通り周辺のメトロ駅は閉鎖されます

 

お昼と夜の時間帯に、凱旋門に行ってきました。

 

テレビをつけると、今日の年越しイベントについてのニュースがくり返されていました。

 

フランス語で何言っているのかわかりませんでしたが、

規制範囲などが赤でしめされています。

 

12月31日、17時以降のメトロは無料で利用できます

おおみそかから1月1日にかけて、

メトロが17時以降開放され、無料となるのです。

 

しかし、凱旋門周辺の駅は封鎖されていましたので、

メトロのイレギュラーな運行になりますので注意です。

 

例えば、ルーブル駅から凱旋門に向けて、メトロにのってみました

ホテルが凱旋門近くにありましたので、

凱旋門の駅を通る1号線にのったところ、

その周辺の駅をドンドンとばしていきます。

どこでとまるのか、不安になるも、凱旋門駅の2つ後駅で停止。

 

Porte Maillot駅で降りました。

 

 

 

そこからホテルのある凱旋門まで歩きました。

 

 

20時ごろの凱旋門(グランドアルメ通り側より)

 

 

道路は車が入れない状態となっており、歩行者天国状態。

道の真ん中を歩きます。

 

 

凱旋門周辺(21時ごろ)

 

すでに凱旋門周辺は規制されており、

車でなくとも歩きだったとしても遠回りしないと

反対側のシャンゼリゼ通りに行けません。

 

少し離れた場所だと、普通通り飲食店が営業していました。

 

いったんホテルに戻りました。

テレビをみると、すでにライトアップして盛り上がっている様子。

 

テレビで放映

当日までのパリの状況や、昨年(2017年)の年越しイベントの模様、今現在の中継が、

テレビで何度も同じ内容のものがくり返されていました。

 

こちらは最近のパリの状況。

 

 

 

 

 

こちらが昨年2017年〜2018年の年越しイベントの模様。

 

こちらからが、テレビを見ている時の中継。

すでにかなりの人数が集まっています。

 

当日、現地にいても人が多くてなかなか凱旋門そのものが見られませんが、

テレビでちゃんと見ることができます。

 

 

 

 

 

 

やはり人だかり・・・

 

我々は23時ごろ、ホテルを出ました。

 

かなりな遅出となりまして、近いのでと油断しておりました。。。

すでにシャンゼリゼ通り、もしくは近くの通りに詰めかけている人達でどこもあふれています。

 

パリの自転車シェアリングサービス・ヴェリブ(Velib’)も撤去されています。

 

寒さは?

この時期(12月31日)ですので、寒いことにはかわりありませんが、

風がなく、湿度が高いおかげで、同時期の日本よりも寒くない、

というのが体感です。

今回の旅行では、終始そのような感じでした。

 

実際の規制状況(一部、2018年)

実際歩いてみて、こんな感じでした。

ホテル(エトワールパークホテル)から歩き、

凱旋門をまきながらシャンゼリゼ通りに近づきます。

 

 

 

斜めに見える凱旋門。

(オッシュ通りから凱旋門を望む)

凱旋門がプロジェクションマッピングで

トリコロールカラーになっているのがわかります。

 

このあたりの場所はこちら。

 

 

シャンゼリゼ通りに入ろうとするも・・・、

どこから入ろうとしても規制線があったり、

警察が封鎖していたりで、シャンゼリゼ通りにでられません。

 

逆側は行っていませんのでわかりませんが、

同じような感じだったと思います。

 

上の図の青矢印からアプローチするも、

ことごとくシャンゼリゼ通りに通じる道は規制され、

行くことができません。

 

おそらく、当初は規制されていたとはいえ通れたのだと思いますが、

我々が行った時間帯が23時過ぎということもあり、

シャンゼリゼ通りに人が多く集まりすぎていて、

そもそも入れなくしていたのかもしれません。

 

 

 

何度かアタックの末・・・

凱旋門に近い通りから、通りを変えながら

凱旋門から遠ざかるように青矢印に示すように

何度もアプローチした結果、

まもなく0時になろうとしていた時間に

コリゼ通りから入ることができました。

 

だいたい以下のあたりです。

Colisee Ave.

 

ルートを変えては、シャンゼリゼ通りに入れず、また別の通りからアプローチ、とくり返していくうちに時間がたち、もうすぐ0時になろうとした数分前でした。

 

0時直前にシャンゼリゼ通りへ〜

通りにでられず、ほとぼりさめたら、行ってみようとほぼ諦めていましたが、

道を封鎖していた警察が、急にあけてくれました!

ダッシュでシャンゼリゼ通りへ。

 

 

0時ジャストで間に合いました

めちゃめちゃ人が多かったですが、

なんとか花火がみれました。

 

凱旋門にうつるプロジェクションマッピングも拝めました。

 

片側には、ディスプレイも配置されていて、凱旋門をうつしていました。

我々はなんとか目視できましたが、人だかりだったり

かなり離れた場所だと見えませんから、

(情緒はありませんが)見れますね。

 

凱旋門にプロジェクションマッピングで、

「PARIS 2019」が映し出されています。

 

凱旋門の写真をとっていると、

自撮りしている人ばかり。。。

 

幻想的なライトアップで演出されます。

 

20分ほどで終了。

そうすると、あっさり人がひいて、歩きやすくなりました。

 

このイベントにはモノプリさんも協賛しています。

 

凱旋門に向けて歩きます

途中、テレビのインタビューを受けている方や、

 

テレビでみた黄色いベストの方々。

 

 

 

台湾でみるようなものもみました。

 

ルイヴィトンの本店。

 

 

 

しばらく歩くと、凱旋門です。

 

シャンゼリゼ通りを歩いていると、

Brioche Doreeというフランスのカフェチェーンが営業していました。

 

こういうところにつきものですが、

ゴミがけっこうおちていました。

終わったとしてもまだ規制線は残ってました。

 

 

凱旋門前

凱旋門前にあるカルティエ。

 

厳重にシャッターが閉まっていました。

 

逆側の建物の上の方に人だかりがありました。

テレビで中継していた際、バックが凱旋門だったのですが、

(左下の男性の方です)

 

位置的にこのあたりではないかと思います。

 

近年できた、1Fがベーカリーやドラッグストア、カフェの入ったこの建物です。

 

 

翌1月1日も営業していました。

 

 

凱旋門近くまでアクセスできますが、

足元まではいけず。

 

 

 

通り抜ければ宿泊しているホテルがすぐそこなのですが、

来た道を、遠回りで帰るしかありません。

 

凱旋門周辺

 

 

夜中もお店が開いていて、人も多いです。

 

エッフェル塔もみえました。

 

エッフェル塔もカウントダウンでライトアップしていたようで、そちらは行っておりませんので直接はみられませんでした。

 

ホテルに戻ってきてテレビをつけると・・・。

 

まだやっていました。

 

 

まとめ

 

初めて、パリの年越しイベント、カウントダウンに参加して、その盛り上がりに参加でき、パリの年末を楽しめました。

 

暴動も起きずで、イベントが終わると、みなさん帰る方が多く、

30分もすると、多少人がいるものの、歩ける状態になります。

 

振り返り

今回、我々は年越しまで1時間前に到着しましたので、

混雑しており直前までシャンゼリゼ通りに入ることができませんでした。

 

しかし、何時間も前に到着していればある程度規制もなく

あらかじめシャンゼリゼ通りに入ることができたかと思いますが、

トイレ事情もあり、なるべく近い時間に参加しました。

 

メトロも17時以降無料になりますが、

凱旋門の近くの駅は閉鎖されますし、結局歩くことになります。

やはり凱旋門近くにホテルをとっておいた方がよいです。

 

ちなみに、我々の泊まったエトワールパークホテルは逆(裏)だったので、

今回のような華やかさは一切なく、

プロジェクションマッピングも見ることはできませんが、

近いのがメリットです。

 

ベストな解はありませんが、よいと思われるのは、

シャンゼリゼ通り沿いにホテルをとることでしょうね。

移動・トイレ問題が解決します。

 

もっとも、必ずしもシャンゼリゼ通り沿いの部屋が確保できるかどうか、

ということや、1泊5万〜の価値をどう考えるか?ですが。。。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

次回に続きます。

1月1日のパリ 〜街は通常営業でした
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】15
https://mashichan.com/entry/201812-201901-day5-1-paris

 

2 COMMENTS

真弓アントワネット

こんにちは☆私、最前列のカルティエの横にいましたよ。一番前のバリケードにもたれながら、最前列を死守するために、夫と7時間半立ち続け、並び続けたのです。寒かったですよ~~~。後ろから見ると、こんな感じだったのですね(*^。^*)
先頭は、日本人で私たちだけでした。おかげで最高の写真と動画が撮れました。
あなたのブログに私たちの写真を探しましたが、ありませんでした(笑)残念!

返信する
かず

最前列とはすごいですね!
しかも7時間半とは・・・。

年末年始のパリは初めてでしたが、意外にお店開いていますし、
こういったイベントがあって大変満喫できました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください