* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

1月1日のパリ 〜街は通常営業でした【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】15

 

2018年12月〜2019年1月に、フランス(パリ)、

ドイツ(フランクフルト)に行ってきました。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール

https://mashichan.com/entry/201812-201901-frankfurt-paris-schedule

 

前回はこちら。

パリ・凱旋門での年越しを楽しみました! 〜ニューイヤーイベントを詳細レポート
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】14
https://mashichan.com/entry/new-year-event-in-paris-2019

 

この日は、1月1日(元旦)

 

昨日の年越しイベントや、本日から「ニューイヤー」となったのですが、日本のような「お正月」といった特別感があまり感じられず、街は前日(12月31日)同様、普通にお店が営業していました。

 

 

 

宿泊ホテル 〜エトワールパークホテル

 

エトワールパークホテル

12月31日(大晦日)から、こちらのホテルに宿泊しました。

 

場所

10 Avenue Mac-Mahon
75017 Paris
フランス

 

12時チェックアウト。

ランチをとると間に合わないので、いったんチェックアウトののち、ホテルに荷物を置きでかけます。

 

冷蔵庫が部屋にないため、ボンマルシェで買った日本に持ち帰るお土産(預けているバター類)もそのままホテル側に保管をお願いします。

 

ランチを食べるため、散策も兼ねて歩いてカフェ・ジャックマール・アンドレ Café Jacquemart-André へ向かいます。

 

カフェ・ジャックマール・アンドレ は、ジャックマール・アンドレ美術館に併設されたレストランで、もともとは美術収集家のジャックマール夫妻のお宅といういきさつのあるレストランで楽しみです。

年中無休で、1月1日もやっているというから驚きです。

 

道は大変シンプルで、凱旋門から東にのびる「フリドラン通り Boulevard Friedland」に沿ってまっすぐ歩くとあります。

 

途中で、オスマン通り(Boulevard Haussmann)になります。

 

凱旋門周辺

老舗カフェ・L’Etoile 1903も営業しておりました。

 

 

 

シャンゼリゼ通りに向かいます。

遮る物がなく、凱旋門の撮影に最適なため、

シャンゼリゼ通りの真ん中の中央分離帯に人が群がっています。

 

 

凱旋門前のドラッグストア

 

パリっぽくないガラス張りの建物、Publicis Drugstore

ドラッグストアの他、雑貨屋やカフェなどもございました。

 

 

 

 

 

 

フリドラン通り Boulevard Friedlandを歩きます。

 

 

この通りは、大きい通りではあるのですが、

ほとんど人通りがありません。

1月1日の11〜12時ごろでした。

 

 

 

途中で、カフェやレストランがあったのですが、

凱旋門に近いところだと営業しているお店が多かったです。

 

 

モノップ Berri店

途中にモノップ(Monop’)もありました。

 

場所

50 RUE DE BERRI
75008
PARIS

 

 

このモノップやモノプリなど、パリにいくつかございまして、水やチョコなど、ちょっとした買い物に最適です。

以下で解説しております。

コンビニ的な使い勝手が大変便利! 〜スーパー・モノプリを押さえましょう
https://mashichan.com/entry/monoprix

 

 

ここからしばらくすると、カフェ・ジャックマール・アンドレ Café Jacquemart-Andréが見えてきます。

 

ジャックマール・アンドレ美術館 〜カフェ・ジャックマール・アンドレ

厳密には、ジャックマール・アンドレ美術館 Musée Jacquemart-Andréです。

 

凱旋門から15分ほど歩くとあります。

 

場所

158 Boulevard Haussmann
75008
Paris
フランス

 

美術館前に行列

着いていきなり驚いたのが、この行列。

 

1月1日に美術館前に並んでいる人たち。

見たところ、観光客ぽくありませんでした。

 

入り口に向かうと、カフェとあります。

 

カフェの行列かと思いきや、

美術館の入場を待っている人達でした。

 

入り口を挟んで、2手に分かれていました。

予約している人と、そうでない人でした。

向かって右手が予約ありのようでした。

(予約内容が印字された紙をもっているひとがいましたので)

 

カフェは1月1日に営業しているのか?

カフェの看板は門の中にありました。

一見するとカフェが開いているのかすらわかりませんでしたが、入り口のセキュリティ担当ぽい人に聞くと開いているようです。

 

まずは一安心。

入り口付近で待つことにしました。

 

1月1日でも土日でなければウィークデー扱い

公式ウェブサイトをみると、

カフェは、

月〜金曜日の11:45〜17:30まで営業しており、土日は11:00〜から、

となっています。

またブランチメニューもあり、それは毎週日曜日11:00〜14:30となっています。

(2019年1月時点)

 

なお、2019年1月1日は火曜日でして、いわゆるウィークデー扱いでした。

ということで、11:45から営業となります。

やはり、年末年始に対する風習が日本と違いますね。

 

11:45、建物内へ〜

11:45になると、中に入れました。

驚いたのが、カフェの順番待ちより美術館の順番待ちの方が遙かに行列でした。

 

さらに、この建物の造り。

 

一個人の邸宅だったというから驚きです。

中に入ると、美術館見学終わりの方が、カフェやランチに流れているようで、いっぱいでした。

10分ほど玄関で待機しました。

 

カフェ内へ

年齢層がかなり高め。。。

 

Wifiもあります

旅行者にとっては、Wifiがあると、プリペイドSIMの節約になります。

 

ランチメニュー

飲み物は、炭酸水。

 

パンチェッタとトマトのキッシュ。

 

お魚のソテーとポテトグラタン。

 

パンもついてきます。

 

カプチーノ!

 

カフェ・ジャックマール・アンドレについては、以下にて詳細レポートしております。

【パリ・カフェ・フレンチ】カフェ・ジャックマール・アンドレ Café Jacquemart-André
 〜美術館内の優雅な空間で元旦ランチ♪
https://mashichan.com/entry/cafe-jacquemart-andre

 

パリ滞在、終了〜

 

以上で、パリ滞在中の予定はすべて終了!

 

 

ホテルに戻り、CDG空港に向かい、フランクフルトに移動です。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

次回に続きます。

元旦、パリからフランクフルトへ
 〜フランクフルト中央駅周辺の夜の食事には向いていません
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】16
https://mashichan.com/entry/201812-201901-day5-2-paris-frankfurt

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE