海外の航空券やホテル予約の際は、TopCashbackを利用してキャッシュバックしましょう!

マイルやポイントに着目している人でしたら、

ウェブサイトを利用して、サービス利用や商品購入の際、

どのサイトを経由すればよいか、といったところに関心があるかと思います。

日本国内だと、モッピーハピタスちょびリッチといったポイントサイトがよく利用されます。

海外においては、ポイントではありませんが、キャッシュバックサイトが多種あります。

海外のサービス利用において活用することでオトクにすることができますので、役立つサイトとしてぜひ利用しましょう。

我々が海外のサービス、商品(主に、ホテル、航空券予約です)を購入する際、使っているTopCashbackというサイトを使ったキャッシュバックについて記載します。

1.5%〜ですが、地味に貯まっていきます。

貯められるものは貯めましょう。

難点があるとすると、

記載が英語

キャッシュバックにPaypalが必要

ぐらいですかね。

ですが、どれも慣れるとあとはルーティーンですので、最初のハードルさえクリアすれば容易に利用できます。

以下、実際に航空券、ホテル予約時の手順を例として図解しました。

追って頂ければ理解できます。

ルフトハンザは1.5%、マリオットホテルは5.0%キャッシュバックできます!

スポンサーリンク
レクタングル (大)

TopCashback

TopCashbackとは

簡単にいうと、キャッシュバックサイトです。

イギリスやアメリカが本拠となりますので、英語表記です。

ちなみに、我々が利用しているのは、アメリカのサイトの方です。

topcashback.com

※英語のウェブサイトです。言語変更はできません。

一応、日本語サイトもありますが

TopCashback日本語公式ブログ
http://topcashback.jp/

ここで同じようなサービス展開はありません。

あくまで紹介ブログですね。

このサイトを経由してサービス利用したり商品を購入したりすると、その利用金額に応じて、キャッシュバック(ドル建て)されます。

キャッシュバックは、利用金額に応じた率(%、パーセント)か、固定金額($、ドル)となります。

さまざまなサービスがございます。

トラベル関連でいうと、Hotel.com、ホリデーイン、IHGグループなどのホテル系、カタール航空、エミレーツ航空、エールフランス、ルフトハンザ、ブリティッシュ・エアウェイズ等のエアライン系もございまして、利用価値は高いです。

TopCashbackにアクセス

topcashback.com

なお、利用にあたっては、ユーザ登録が必要です。

(ユーザ登録されている方はここはスキップしてください)

のちのち、キャッシュバックされるにあたり、

口座として必要なPaypal情報や詳細情報いれる必要がございますが。

ユーザ登録だけであれば、ユーザID、パスワードの設定ぐらいです。

Free to Joinに情報をいれ、登録(Join Now)しましょう。

オプションで自分オリジナル質問も加えられますので、

ログインセキュリティはあげられます。

ユーザ登録後、ログイン

ユーザ登録し、メンバーとなった後は、

Member Loginのバナーからアクセス。

ログインします。

topcashback.com

トラベル系だけではなく、さまざまなサービスが掲載されています。

馴染みのある、アマゾンもあります。

実際例その1:ルフトハンザの航空券予約

今回(2019年7月)、ルフトハンザビジネスクラス利用でウィーン、パリに旅行に行ってきます。

ANAマイルを使って、ビジネスクラス利用でウィーン〜パリに行きます(中部国際空港発)【2019年7月】

2018年末のパリ、フランクフルト旅行も覚めやらぬまま。。。 【2018年12月〜2019年1月】 ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール 夏...

ヨーロッパ内の移動は特典航空券をつかわず、自前で手配となります。

通常であれば、例えばルフトハンザを利用するのであれば、

ルフトハンザのウェブサイトで航空券を予約することになります。

※我々はANAマイルを主力として貯めているで、どうしてもスターアライアンスメンバーであるルフトハンザを選ぶ傾向にあります。

マイルを貯めているものとしては、ダイレクトで購入しようとは考えません。

その際、今回ご紹介するTopCashbackのようなキャッシュバックサイトを利用することとなります。

エアラインを選択

TravelからAirlineを選択。

2019年4月現在、32の事業者が登録されています。

ここには、純粋な航空会社以外も掲載されています。

大手でいうと、カタール航空、エミレーツ航空、エディハド、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス、KLMロイヤルダッチ(エールフランスが被っていますが)、ルフトハンザ、ハワイアン航空、

スイスインターナショナル、マレーシア航空、

アビアンカ、ブリュッセル、ジェットエアウェイズ、

などなど、掲載されています。

日系はなく、アジア系はほぼないですが、ヨーロッパ、北米エリアをカバーする航空会社が網羅されています。

キャッシュバック率をみると、1.25〜2.5%で表示されているのがわかります。

対象の航空会社を選択

ここでは、ルフトハンザを選びます。

実際に購入した際のキャプチャです。

ルフトハンザは1.5%のキャッシュバックです。

Get Cashback Nowをクリック。

そうすると、画面が遷移して、ルフトハンザのウェブサイトにジャンプします。

厳密には、ルフトハンザのUSサイトとなります。

ここから予約し、完了をすればOKです。

ルフトハンザ(英語サイト)の予約の方法について、以下にて詳細まとめております。

ルフトハンザ航空(英語サイト)の航空券予約について解説しました 〜TopCashback利用時の参考にも!

以下、ルフトハンザ航空の英語サイトでの予約手順についての解説となります。 ルフトハンザ航空の航空券予約にあたって、通常であれば、日本語サイトもあるので、そこで予約も可能です。 ...

ちゃんと経由できているのかどうか?残りますのでご安心を

ルフトハンザのウェブサイトにジャンプする際、別タブが開きます。

元のタブをみると

We’ve recorded your visitとでており、ちゃんとTopCashbackを経由してルフトハンザのウェブサイトを踏んでいることが確認できますので、安心できます。

航空券予約ですので、オススメにホテルが掲載されています。

ちゃんと先回りしています。

ちょうど、ホテル予約も・・・という流れですね。

キャッシュバック率を確認

2.63ドルがキャッシュバック金額です。

ほぼ1.5%ですね。

実際例その2:ホテル予約

今回、マリオット系のホテルで予約をしました。

上記の流れからでも予約を進められますが、以下にも記載がございます。

同じく、topcashback.comのメニュー欄の、Travelから、Hotelsをクリック。

2019年4月現在、116の事業者が登録されています。

かなりのサービスが掲載されており、有名どころはほぼ網羅されています。

8〜15%となっています。

Hotels.com、マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)、booking.com、

エクスペディア(Expedia)、アゴダ(Agoda)、IHG、ホリデーイン、インターコンチネンタル、

ヒルトン、アコーホテルズ、

ソフィテル、ノボテル、

コンフォートイン、

ベストウェスタン、

airbnbもあります。

ハイアットもあります。

日本でも身近なホテルグループもあれば、そうでないものも多く含まれています。

対象の航空会社を選択

今回は、マリオットのホテルを予約しますので、

ここでは、マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)を選びます。

Up to 7%とありますね。

Get Cashback Nowをクリック。

そうすると、画面が遷移して、マリオットのウェブサイトにジャンプします。

厳密には、マリオットのUSサイトとなります。

ここから予約し、完了をすればOKです。

以上です。

こちらも、ちゃんと経由したエビデンスは残りますのでご安心を

マリオットのウェブサイトにジャンプする際、こちらも上記ルフトハンザを予約した際の動きと同様、別タブが開きます。

元のタブをみると

We’ve recorded your visitとでており、ちゃんとTopCashbackを経由してウェブサイトを踏んでいることが確認できますので、安心できます。

こちらはホテル予約ですので、オススメに航空券が掲載されています。

キャッシュバック率を確認

5.23ドルがキャッシュバック金額です。

ほぼ5.0%ですね。

どのくらいキャッシュバックまで時間がかかるのか

上記の例でいうと、10〜14週間が目安となっています。

約2〜3ヶ月ですね。

ルフトハンザは14週間。

マリオットは10週間。

しかし、実際にはもっと早く反映されることが多いです。

ともかく、ちゃんと手順を踏んで、気長に待つ、ということに尽きます。

その後のキャッシュバックは?

上記ではありませんが、我々も過去、今回の件以外でルフトハンザやその他予約をした際、ここを経由して予約したことがあり、ちゃんとキャッシュバックされました。

TOPぺージ上部の、Accountをクリック。

Overview(一覧)を見ることができます。

過去の履歴ですね。

Outstandingとあるのは、現状まだ経由したばかりでペンディングになっているものです。

View All earnings(赤で囲った部分)をクリックすると、内訳を閲覧出来ます。

金額の内訳の記載は、以下となります。

Pending:ペンディング。まだキャッシュバックされておらず。

Confirmed:完了済。承認済み。

Payable:支払い可能。

Claimed:クレーム済み。厳密には支払いリクエスト済ということ。

Declined:却下済。何かしら理由があり承認されなかった。

今回のルフトハンザの航空券、マリオットのホテル予約のキャッシュバック反映はこれからです。

キャッシュバックを実際に入金する手順

TOPぺージ上部の、Accountをクリック。

上部、メニューが並んでいる一覧にある、「Payout」をクリック。

支払い方法

貯まったキャッシュバック金額をどれを通じて現金もしくはギフトカードにするのか、選ぶことができます。

Payout Requestの画面です。

一覧で掲載されています。

Direct Paymentとして、Paypalがありますね。

日本に住んでいるのであれば、これが一番有効かと思います。

こちらには記載がありませんが、Paypal以外にも銀行振込、Amazonなどあります。

プロフィールのページで選ぶことができまして、それについては、以下に記載します。

Paypal口座がない場合、口座を作りましょう

この時点でPaypalの口座がなくても、いったんはTopcashbackにおいておけばOKです。

キャッシュバック反映中に作ってしまいましょう。

以下から登録できます。

Paypal

日本のサイトですが、問題ございません。

銀行口座情報やメールアドレスなどが必要です。

Paypal口座をもっている場合、TopCashbackにPaypal情報を登録しておきましょう

上部、メニューが並んでいる一覧にある、「My Profile」をクリック。

右のナビメニュー、Payout Detailsをクリック。

そうすると、支払い方法の詳細についていくつかオプションとして登録が可能なのがわかります。

Payout by Amazon (Free):

Amazon Gift Cardですね。

Freeとあるので、手数料無料です。

Payout by bank transfer – Direct Deposit (Free)

銀行振込ですね。

こちらもFreeとあるので、手数料無料です。

銀行口座を登録しますが、日本の銀行口座はNGで、アメリカにある銀行の、銀行口座である必要があります。

さらに下にいくと、Paypalがあります。

Paypalのメールアドレスを登録

日本在住の我々としては、Paypal一択かと思います。

Paypalはメールアドレスがあればよいので、大変便利です。

Paypalで登録したメールアドレスをいれましょう。

ムダに個人情報をいれる必要はありません。

過去キャッシュバック分の入金(例)

Accountの画面にある、Historyから、過去の支払い実績が確認できます。

2018年10月1日に、32ドルがPaypalを通じて支払いとなっているのが確認できます。

ご注意事項

なお、こういうサイトによくある、条件が変わったり、日本からの購入はNGになったり、日本発行のクレジットカードはNGとか、レギュレーションの変更がなくはないのでご注意下さい。

過去の私の実績としましては、購入時にはちゃんとキャッシュバックされていましたが、念のため頭にいれておいてください。

まとめ

上記、手順を図解し、経由の方法について説明致しました。

経由するだけでゲットできるので、ぜひやってみることをおすすめします。

これまで一度も承認されなかったことはないですし、

非常に使い勝手がよいです。

儲ける、というサイトではなく、タナボタ的な理解で利用すると、よいと思います。

以上です

ご参考になれば幸いです。