マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy) 〜SPGがマリオットに統合!変更ポイントなど新プログラムについて詳細解説します!

2018年8月18日、スターウッド・プリファード・ゲスト(以下、SPG)が、マリオットリワード(マリオットボンヴォイ)に統合され、新プログラムとなりました。

SPGについては、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックス)の解説として以下に記事にしております。

旅行時に威力絶大なSPGアメックスカードを、実例交えてご紹介!

(ポイント換算については、旧制度の内容となっております。1スターポイント=現行の3ポイントに読み替えて下さい) 2018年8月18日より、スターウッド・プリファード・ゲスト(以下...

(上記は一部、旧情報となっております。ご参考まで)

今回の統合後の新プログラム内容について、

メリットとデメリットや、お得な使い方などを詳しく解説致します。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

新プログラム

3つのプログラムが統合 〜マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)に

マリオット リワードは従来ザ・リッツ・カールトン・リワードも含まれておりましたので、今回の統合により、プログラムとしては、

マリオット リワード

ザ・リッツ・カールトン・リワード

SPG

となりました。

29ブランドをもつ世界最大のホテルブランドに

29ブランド、約6,700軒のホテルで可能になりました。

世界最大のホテルブランドです。

ザ・リッツ・カールトン

セントレジス

JWマリオット

ラグジュアリーコレクション

Wホテル(英語です)

エディション・ホテル

マリオット

シェラトン(英語ですが日本語に変更できます)

マリオット・バケーション・クラブ(英語です)

デルタ・ホテル(英語です)

ルメリディアン

ウェスティン

ルネッサンス・ホテル(英語です)

ゲイロード・ホテル

コートヤード・バイ・マリオット(英語です)

フォーポイント

スプリングヒル・スイート(英語です)

プロテア・ホテル(英語です)

フェアフィールド・イン&スイート

ACホテル(英語です)

アロフトホテル

モクシー・ホテル

マリオット・エグゼクティブ・アパートメント

レジデンス・イン(英語です)

タウンプレース・スイート

エレメント

オートグラフ コレクション・ホテル

デザインホテル

トリビュートポートフォリオ

最新情報

なお、以下のSPGサイトに、最新情報が記載されています。

SPG会員のための最新情報

新ポイントプログラム

8月の統合により、マリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、SPG、それぞれのポイントプログラムも統合されました。

マリオット リワードとなります。

SPGの「スターポイント」といういい方はなくなり、

シンプルに、「ポイント」となっています。

正しくは、マリオット リワードの方にあわせた形となっています。

レート

レートとしては、

SPG(旧ポイント) : 新ポイント -> 1:3(3ポイント)

となります。

表面上は3倍となりますが、その分必要ポイント数もアップしておりますのでご注意を。

ポイント獲得

SPGカードの利用100円ごとに、3ポイントとなります。

但し、SPGアメックスの「ゴールドエリート」により、SPGおよびマリオット リワード参加ホテルにて利用すると、対象となる支払料金1米ドルごとに、10ポイントが獲得できます。

なお、エレメントレジデンス・インタウンプレース・スイートの各ホテルでは、対象となるホテルでのお支払額1米ドルごとに5ポイントとなります。

アカウント

今回の統合により、これまでのSPG会員番号が変更になります。

(なお、旧SPG会員番号も残ってはいます。)

ややこしいのですが、マリオット、SPGブランドも残っていますので、

SPGサイトからもマリオットからも引き続きログインできます。

どちらかでログインされていたら、もう一方にログインする際は自動的にログインとなります。

会員ステータス(エリート会員)一覧

今回の統合により、リニューアルされました。

以下、主要な特典比較です。

エリート資格資格なしシルバーエリートゴールドエリートプラチナエリートプラチナプレミアエリートプラチナプレミアエリートアンバサダー
資格取得のための
必要宿泊数
(1年間)
0〜9泊10泊25泊50泊75泊100泊
+対象となるご利用金額20,000米ドル
無料Wifi
レイトチェックアウト×
(14時まで)

(14時まで)

(16時まで)

(16時まで)

(16時まで)
アップグレード××
(スイートを含む)

(スイートを含む)

(スイートを含む)
朝食×××○ ※
ラウンジ×××
ボーナスポイント×10%25%50%75%75%
ウェルカムギフト××
250ポイントまたは500ポイント
(ブランドによって異なります)

※ポイント、朝食、アメニティから選択
(ブランドによって異なります)

※ポイント、朝食、アメニティから選択
(ブランドによって異なります)

※ポイント、朝食、アメニティから選択
(ブランドによって異なります)

(2018年9月時点)

SPGアメックス会員の特典はどうなる?

SPGアメックス会員の場合、統合後のプログラムにおいて変更がございます。

SPGアメックスであることで得られた資格は「ゴールド会員」でしたが、

ゴールド会員 => ゴールドエリート会員

となります。

ポイント獲得

SPGアメックス会員はゴールドエリート会員となりますので、

ボーナスポイントが25%アップします。

デメリット

上記見て頂いてわかるかと思いますが、

マリオット系ホテルの宿泊における朝食特典の廃止、

レイトチェックアウト特典が16->14時

になったりと、改悪となっています。

アップグレード特典はなんとか維持です。

マイル交換

ポイントを各航空会社のマイルに移行できます。

40を超える航空会社が参加しており、これは、SPGからの良さが継続されています。

マイレージプログラム移行比率
(ポイント:マイル)
エーゲ航空3:1
アエロフロート ・ ロシア航空3:1
アエロメヒコ航空クラブプレミア3:1
エアカナダ航空 アエロプラン3:1
中国国際航空 Phoenix Miles3:1
エールフランス KLM Flying Blue3:1
ニュージーランド航空 エアポインツ200:1 
アラスカ航空 マイレージプラン3:1
アリタリア航空 ミッレミリア3:1
ANAマイレージクラブ(全日空)3:1 
アメリカン航空 Aadvantage3:1
アジア・マイル3:1
アシアナ航空3:1
ブリティッシュ・エアウェイズ・
エグゼクティブクラブ
3:1 
中国東方航空 Eastern Miles3:1
中国南方航空3:1
コパ航空 ConnectMiles3:1
デルタ航空 スカイマイル3:1
エミレーツ・スカイワーズ3:1
エティハド航空3:1
フロンティア航空 EarlyReturns3:1
海南航空3:1
ハワイアン航空3:1
イベリアプラス3:1
日本航空(JAL) マイレージバンク3:1 
ジェットエアウェイズ JetPrivilege3:1
ジェットブルー TrueBlue6:1
大韓航空 SKYPASS3:1
ラタム航空 ラタムパス3:1
アヴィアンカ航空 LifeMiles3:1
ルフトハンザ航空 マイルズ&モア3:1
マルチプラス3:1
カンタス航空3:1
カタール航空3:1
サウジアラビア航空3:1
シンガポール航空 クリスフライヤー3:1
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス3:1
サウスアフリカン航空 Voyager3:1
サウスウエスト航空 ラピッドリワーズ3:1
TAP エア ポルトガル3:1
ターキッシュエアラインズ3:1
ユナイテッド航空 マイレージプラス3:1.1
ヴァージンアトランティック航空
フライングクラブ
3:1
ヴァージンオーストラリア3:1

補足

なお、交換レートが3:1となっておりますが、

SPGは、そもそも利用金額100円につき、3ポイントが貯まるしくみです。

結果、100円=1マイルの価値となります(還元率1%)。

下に記述しておりますが、マイルに移行する際に

ボーナスポイントもあるので、実質1.25%の還元率が実現できます。

これは、これまでの良さが継続されています。

細かいですが、カンタス航空、中国南方航空、ターキッシュエアラインズ、サウスウエスト航空(ラピッドリワーズ)、サウスアフリカン航空(Voyager)など、いくつか追加されています。

また、ユナイテッド航空(マイレージプラス)はレートが改善されています。

ニュージーランド航空は私、全く利用することはないですが、

これまで同様レートが悪いです。

マイル移行については、以下にて詳細解説しております。

SPGポイントの活用 〜やはりマイル移行でしょう!

(ポイント換算については、一部旧制度の内容となっています。  その際は、1スターポイント=現行の3ポイントに読み替えて下さい) 2018年8月18日より、スターウッド・プリ...

マイルへの移行時には、ボーナスポイント付与

ポイントから航空会社のマイルへの移行手続きの際、60,000ポイント毎に15,000ポイントが自動的に付与されます。

反映される状態としては、

例えば、ANAですと、交換比率が3:1ですので、

20,000マイル + ボーナスマイル5,000マイルとなります。

これは還元率で計算すると、1.25%となり、一般的なクレジットカードの還元率(およそ1%程度)よりも多くなり、大変メリットがございます。

無料宿泊について

ポイント利用により、無料宿泊が可能です。

また、ポイント+キャッシュによる支払いが可能です(キャッシュ&ポイント)。

(55米ドル+3,500ポイントから利用可能)

無料宿泊の必要ポイントについては、以下となります。

ホテルカテゴリーオフピークポイントの価値ピーク
15,0007,500
10,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000

ブラックアウト、特典除外日無し

スタンダードルームに空室がある限り、必ず確保してもらえます。

これは従来通りです。

5泊目が無料

4泊分をポイント交換して宿泊すると、その5泊目が無料になります。

ピークごとのポイント設定

オフピーク、ピーク時により、使用ポイントが異なります。

カテゴリー8の新設

新たに上位グレードが設定されました。

これは、2019年から適用される予定でして、現状(2018年9月時点)では適用されておりません。

グレードがアップする前に予約すれば、それまでの条件が適用されますのでオトク感がでますね。

まとめ

マリオットリワードとSPGが統合。

メリット

・ポイントについて、SPGのスターポイントは廃止され、マリオットリワードのポイントに統合。

・ポイントを各航空会社のマイルに移行できます。

40を超える航空会社が参加しており、これは、SPGからの良さが継続されています。

・レートは「スターポイント:マリオット=1:3」になるが、実質的には必要ポイントも3倍となっているのであまり変化無し。

デメリット

・SPGアメックス会員は、ゴールドエリート会員となり、アップグレード特典はなんとか維持ですが、

 マリオット系ホテルの宿泊における朝食特典の廃止、

 レイトチェックアウト特典が16->14時

になっています

総じて使い勝手の良さは継続

デメリットも記載しましたが、とはいえ、

マイル活用に使い勝手のよいクレジットカードです。

我々は、無料宿泊とマイル移行のよさを軸に利用しています。

そのあたりについては、以下で掘り下げています。

SPGアメックス更新しました 〜やはりマイル移行とホテル無料宿泊特典にバリューありです

所有しているSPGアメックスのクレジットカード利用明細を見ていると、年会費の記述がありました。 今年もSPGアメックスの更新時期が参りました。 2016年2月より所...

関連記事・SPGアメックスについて

ホテル無料宿泊特典

我々はSPGアメックスの特典である、ホテル無料宿泊を海外旅行時に利用させていただいています。

使い勝手やそのオトク感については、以下にて紹介しております。

名門ホテル・Wパリ オペラに無料宿泊!
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】15

2017年7月に、ドイツ、フランスを旅行してきました。 ライン川下り 名門ホテル宿泊 パリ観光 をメインに、ゆとりをもって2ヶ国をめぐる旅行となりまして、 スケジ...

1泊59,000円!

立地もよくお値段も高いため、正規で泊まろうとするとかなりの金額なのです。

さらに、2018年12月に、ウェスティン・パリ ヴァンドームに無料宿泊しました。

【ホテル】パリの4つ星ホテル、ウェスティン・パリ ヴァンドーム
〜騒音事件に遭遇したもののパリ中心地にあるラグジュアリーなホテル
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】11

2018年12月訪問 前回はこちら。 年末に、エッフェル塔に上ってきました 〜事前に流れを知ってスムースに利用しましょう(2019年1月訪問) 【2018年12月-20...

お部屋のグレードは、スーペリアルーム(キングベッド)で、普通にとまろうとすると、

522EUR(日本円で、約65,300円)!

(2018年12月時点でのレートは、1ユーロ=約125円で計算)

ここに無料宿泊できました。

マイル移行のよさ

通常だと1%なのですが、ボーナスポイントをいれると、実質1.25%にすることも可能でして、大変使い勝手のよいクレジットカードとなっています。

こちらについては、以下にて解説しております。

SPGスターポイント 〜ポイント購入、マイル移行など柔軟に活用可能です

(ポイント換算については、旧制度の内容となっております。1スターポイント=現行の3ポイントに読み替えて下さい) 2018年8月18日より、スターウッド・プリファード・ゲスト(以下...

※旧スターポイントでの表記となっております。現行、数字を×3倍でご覧下さい。マイル等への移行に際しての実質的なレートは変わっていません。

SPGアメックス入会特典

以下からお問い合わせいただくことで、今なら【入会特典】として、入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で、36,000ポイントをゲットできます。

もしご興味おありでしたら、

ブログのお問い合わせ欄

から、SPGアメックスの件と書いていただき、

お名前をメールアドレスをご記載いただけましたら、

特別URLをご案内させて頂きます。

※上記お問い合わせ欄は、SSLのセキュリティで保護されておりますので、情報を盗み撮られるようなことにはなりませんのでご安心下さい。

通常ですと、10万円利用だと3,000ポイント獲得となりますが、上記条件が適用されますので、合計39,000ポイントが獲得できます。

ぜひご活用ください!

以上です

ご参考になれば幸いです。