* グルメや旅行を充実させるカード、ANAダイナースがマイル増量の入会キャンペーン中! *

ミラノ観光 〜ドゥオーモを満喫【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】8

 

2017年9月、インド・ヨーロッパを旅行してきました。

全体のスケジュールはこちら。

インド・ヨーロッパ旅行にいってきました 〜11日間のスケジュール【2017年9月】

なお、前回はこちら。

ミラノ到着 〜夜のミラノ中央駅はとても物騒です【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】7

今回は6日目となります。

ミラノ市街を終日観光しました。

6日目 〜ミラノ観光

ミラノでのネット接続について

海外に行くにあたっては、ネットに接続できないとかなり厳しい旅になってしまいます。

今回の旅行にあたって、こちらのプリペイドSIMを使っています。

15日間3GBの容量が使え、3,500円くらいでした。

一回の旅行で、この通信料です。

安いです。

しかも、全く問題なく接続ができました。

ホテルはWifiがあるので、そちらを利用します。

ランチ 〜Princi

参考 Princi.it | Panetteria e caffetteria in MilanoPrinci

場所

Corso Venezia, 21, 20121 Milano MI, イタリア

日本にも出店しました。

ウェブサイトをみるとミラノ内にいくつか店舗がありますが、こちらはベーカリーのお店として出しているようです。

中に入ると、スタンド形式になっており、立席、テイクアウトが基本のようなつくりでした。

壁際に狭いカウンター席があり、そちらを利用します。

一番先に目にとまったピザを注文してしまいました。

カプチーノと一緒に。

チーズとベーコンがマッチしていました。

2枚はちょっと多かったかもしれませんが、ちょうどよい分量でした。

カプチーノ、ピザ2枚で

5.40 EUR(日本円で約750円)でした。

ミラノで活用できたガイドブック

食事できるお店のほか、定番メニューや、各種料理の種類、名称が写真とともに載っていたので、参考にしやすかったです。

地球の歩き方は、分厚く重いのが難点です。

しかし、基本情報が充実しているので、必要な部分だけスキャンして情報をもっていきました。

イタリアといえばジェラート 〜Ciacco Gelato senz’altro

食後のスイーツということで、イタリアといえばジェラート。

場所

Via Spadari, 13, 20123, Milano, イタリア

少ないですが、中にもテーブル(3席)やカウンター(4席ほど)があります。

見ていると、長居する人は少なく、食べるとすぐにでていきます。

バニラなど定番ものから10ぐらい種類がありましたが、チョコレートを注文。

2.5ユーロ(日本円で約340円)。

2つ積み重ねることも考えましたが、すぐに溶けそうでした。

1つでよかったです。。。

ドゥオーモ観光

ミラノ観光の定番・ドゥオーモを見学しました。

場所

当日は晴れていて、とても快適でした。

写真にはありませんが、ミサンガ売りや土産物売りなどがとても多いです。

本当にしつこい。

あと多いのは、ハトですね。。。

チケット購入

ドゥオーモの隣(西側)にある売り場(この写真でいうと左の建物)で購入します。

売り場は自動券売機となっており、クレジットカード(VISA/Master)が使えます。

ドゥオーモ入場料の他、最上階へのチケット代、博物館入場料も入っているタイプを購入しました。

16ユーロ(日本円で約2,100円)。

ドゥオーモ入場

入り口の前にセキュリティチェックがあります。
(銃をもっています。)

さらにその前にそれを待つ列があり、そこで入場チケットのチェックが入ります。

20分ほど並びましたが、無事にドゥオーモ入場。

奥行きがあって、とても壮大です。

写真をとってもその空間を表現できないのが残念。。。

ステンドグラスもところどころにあります。

最上階に行くためには、いったん外にでる必要があります。

ドゥオーモの正面から裏手の方まで歩きます。

その案内がないので、警備の方(銃をもって装備しています)しかいないので、その方に聞いて行きました。

ドゥオーモ最上階へ

また列がありました。

ここでは飲みかけのペットボトルを持っていると捨てるよう指示がありました。

さっき入場するときにはなかったのですが、より厳格にチェックされます。

セキュリティチェックを抜けると、

チケットをかざして入場するところがありますので、そこを通り、エレベータで最上階に向かいます。

エレベータボーイ(ただし、おじさん)がいます。

最上階についたところから撮影。

ここから、屋根の部分まで歩いて行きます。

道が狭いのですが、他の人そっちのけで撮影するアジア系の方がとても多いので注意しましょう。

最上階です。

金のマリア像があります。

下の方は工事中ですね。

ここから、ミラノ市内が一望できます。

ミラノの景色を満喫して、下におります。

博物館を見学しようとしましたが、この日は定休日(水曜日)。

次の日使えるよと言われましたが、次の日はいないので、なくなく断念。

カフェで一休み 〜Marchesi

カフェで休憩します。

ドゥオーモ隣のガレリアに向かいます。

ここはグッチやルイヴィトンなどの高級ブランド店 があります。

表のたたずまいがとてもきれいです。

こちらが内側。

ドーム型になっています。

参考 Marchesi 1824 - Antica Pasticceria a MilanoMarchesi 1824

場所

ちょうど中央の十字になっている部分の一角にあります。

2階にカフェはあります。

オーダー

カプチーノとマロングラッセを注文。

 カプチーノ

 

 マロングラッセ

合計で、9.5ユーロ(日本円で約1,300円)。

お土産用のものもたくさんありました。

夕食 〜ミラノといえばミラノカツレツ

ホテル近くのお店で探しました。

ガラガラで私が入ったときには1組しかいませんでした。

店員もヒマそうな様子。

大丈夫だろうとかと思いましたが、チャレンジします。

場所

Via Plinio, 29
20129
Milano

ピザを推しているお店なのですが、ピザ以外を注文していましました。

どうしても、まだミラノで食べていないパスタとミラノカツレツを頼みたかったので。。。

オーダー

 炭酸水

まずは炭酸水でのどを潤します。

パンもついてきましたが、じっと我慢します。

いよいよパスタの登場。

 

 お店特製・海鮮パスタ

多様な具材のものをと思い、海鮮にしました。

大変おいしかったです。

近くに具材がたくさん並べられたお皿がありました。

おそらくピザにのせるものもあると思いますが。

パスタを食べたくらいに、ミラノカツレツ登場です。

 

 ミラノカツレツ

つきあわせはフライドポテト。

肉も軟らかく、味付けもこしょうが聞いていておいしかったです。

1人で2品も食べるとお腹もかなりいっぱいになりました。

このころになると(21時くらい)、平日の夜なのですが、店内はいっぱいに。

あまり期待していなかったのですが、かなり満足なディナーとなりました。

合計で34ユーロ(日本円で約4,600円)。

次回に続きます

ミラノ観光 〜スフォルツェスコ城、ミラノ「ナンバー1」ベーカリーへ【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください