* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

ミラノ観光 〜スフォルツェスコ城、ミラノ「ナンバー1」ベーカリーへ【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】9

 

2017年9月、インド・ヨーロッパを旅行してきました。

全体のスケジュールはこちら。

インド・ヨーロッパ旅行にいってきました 〜11日間のスケジュール【2017年9月】

なお、前回はこちら。

ミラノ観光 〜ドゥオーモを満喫【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】8

今回7日目、イタリア・ミラノの滞在中です。

古城・スフォルツェスコ城やミラノ「ナンバー1」のベーカリーに行ってきました。

6日目 〜ミラノ観光

早起きして人気のベーカリーで朝食 〜Pavè

ミラノ最後の日。

早起きして朝食に出かけます。

ホテル近くにちょうどありました。

ミラノの中心地からは少し離れた場所にございます。

参考 Pavè

場所

Via Felice Casati, 27
20124
Milano
イタリア

私も旅で大変お世話になっているトリップアドバイザーを見てみると・・・。

なんとミラノのベーカリーで1位(235軒中)!

飲食店だと7,235軒中144位です。(2017年10月時点)

期待できます。

開店が8時でしたので、5分ほど前に行くと、

すでに5人ほど並んでいました。

人気なのがうかがえます。

外観

時間ピッタリに開店。

入ってパンのケースをみていると、店員の方から座って待っていて下さい、とのこと。

皆さん常連のようで、座って注文していました。。。

見ると1つだけある4人用テーブルは埋まり、スタバにあるようなソファ席は男性に占有されておりすでに席は限られました。

大きい共有テーブルを選び、注文します。

メニュー

イタリア語でさっぱりわかりませんが、すぐ下に英語で補足があるのでご安心下さい。

英語も通じます。

上記から、こちらを注文。

オーダー

LISCIA / Plain
(クロワッサン)

GIRELLA UVETTA E CANNELLA / Cinnamon and raisin roll
(シナモンレーズンロール)

CAPPUCCIO
(カプチーノ)

焼きたてとあってパリパリで、香りもあります。

朝からぜいたくな時間です。

平日の朝ということもあり、例えばエスプレッソだけ飲んですぐ立ち去る女性もいて、ゆっくりしている人があまりいなかったです。

回転がよいためか行列こそできませんが、ドンドン入っては出ていきます。

お会計

CAPPUCCIO(カプチーノ)1.5ユーロ
LISCIA / Plain (クロワッサン) 1.5ユーロ
GIRELLA UVETTA E CANNELLA(シナモンレーズンロール) 1.8ユーロ

※サービス料1.0ユーロ取られますので、念のため。

合計5.8ユーロ(日本円で約795円)

クレジットカードもOKです。

さすが海外でして、クレジットカードは少額でも飲食店で普通に利用可能です。

日本だとこうはいきません。

帰り際にちらっとみると、スイーツもありました。

周りもカフェだらけで朝からにぎやかです。

カフェ文化だとうかがえました。

牛みたいな模様のワンコ発見。

ネット接続チェック(SIM 2 Fly)

今回の旅行にあたって、こちらのプリペイドSIMを使っています。

15日間3GBの容量が使え、3,500円くらいでした。

ミラノでも全く問題なく接続できました。

ミラノ観光にお得な地下鉄1日券を購入

古城・スフォルツェスコ城に向かいます。

ミラノ観光には、24時間有効な地下鉄1日乗車券が便利です。

バス、トラム、地下鉄すべて対象で、なんと

4.5ユーロ(日本円で約610円)です。

1回乗車で1.5ユーロですので、3回乗れば元がとれます。

なお、1回券は乗ってから75分間有効なのでご注意を!

1日券について、例えばお昼から買ったとして、次の日の昼の同時刻まで利用が可能です。

当日の24時までではない、というのが使い勝手がよく便利です。

ミラノ観光で便利なガイドブック

今回購入した、こちらのガイドブックには詳細が書かれていて、地図もありますし便利でした。

食事できるお店のほか、定番メニューや、各種料理の種類、名称が写真とともに載っていたので、参考にしやすかったです。

スフォルツェスコ城 Castello Sforzesco

場所

Piazza Castello
20121
Milano
イタリア

地下鉄・CAIROLI駅からすぐです。

ドゥオーモからも歩いて行ける距離です。

地下鉄駅をでると、すぐ目の前にでてきます。

注意したいのが、観光地にありがちな、ミサンガ売り、みやげ物売りがめちゃめちゃ多く、しかもかなりしつこいです。

カメラを持っていたりスマホで撮影していると、観光客と思い真っ先に近づいてくるので気をつけましょう!

写真をとっていると、背後から肩に糸くずのようなものをつけられ、注意を引く行為も何度もされました。

また、ミラノに限りませんがが、どこにいっても中国の人ツアーがかなり多いです。

自撮り棒をもって歩いてもいるので一瞬でわかります。

私は日本人なんですが、ミサンガ売りにはアジア人は同じに見えるんでしょうね。

ニーハオと話しかけられました。。。

道路と歩道だけではなく、自転車道なるものがミラノにもあるのですね。

ドイツでみかけたことがありましたが、ヨーロッパらしいです。

スフォルツェスコ城について、入るだけであれば、無料です。

但し、中の博物館はお金が必要です。

その他、近代的な喫茶店もありますよ。

入り口を見上げたところ。

大きすぎて写真におさまりません。

入場

ここをくぐると、

こちらは入り口を振り返ったところ。

レンガの城壁に囲まれた、とても広大な広場。

この日はとても晴れていて、空が雲もなく青がとてもキレイでした。

博物館には、ミケランジェロの作品「ロンダニーニのピエタ」があるのですが、時間がなく行けませんでした。

これですね。

(上記は、Wikipediaより引用しました。)

博物館前には英語やロシア語、フランス語、中国語の他、日本語の説明書きもありました。

中を散歩します。

中には、あまりキレイではありませんが、

トイレもありますので(無料!)、いざというときは安心ですね。

しかも、男性トイレ、全部個室でした。

ちょっと物騒ですが、銃を持った警備もいます。

場内で飼っていると思われるニャンコ。

城外はランニングをしている人も。

夜までミラノ市内でのんびり

この日の夜、ミラノからパリへ移動します。

移動手段は寝台列車を使うことにしました。

昨年11月にスイス・チューリッヒからドイツ・ベルリンまで移動した際に使ったのですが、ミラノからもでているということで今回も利用してみます。

23時出発とのことでまだまだ時間に余裕十分、

と思ってミラノ市内をぶらり散歩していると、

あっという間に夜ご飯の時間に。。。

ホテルのレストランでディナー 〜La Terrazza

今回、ミラノ中央駅から出発です。

ミラノ中央駅の夜といえば物騒なイメージがありまして、近くのお店はちょっと不安でした。

ですので、宿泊していたホテル近くの地理のわかるところで、かつグレードの高いホテルのレストランを利用しました。

それであれば安心して、荷物も置いて食事ができます。

ベストウエスタンホテルの6階にある、こちらのレストラン。

参考 La TerrazzaHotel Galles Milano

場所

Piazza Lima, 2
20124
Milano
イタリア

ここに行きたい!というよりは、消去法で選びました。。。

ですが、ホテルのグレードも高いホテル内のレストランなので、ハズレもなく、とてもおいしく頂きました。

面白いのが、ホテル内の部屋があるフロアにレストランがあるのですが、

入り口からエレベータで6階にあがると、

一瞬わからなくなりますが、ホテルの部屋のフロアにレストランがあります。

まっすぐ進むとレストランの入り口があります。

オーダー

炭酸水

付け合わせのパン

こちらに加え、

チキン・ベーコン・オリーブ等もりっと入ったサラダ

デザートに、ティラミス

The Classic tiramisu with soft savoiardi “Alai” and Italian Espresso

ミラノですので、注文してみました。

メイン一皿+デザートだけ頼んだのですが、なかなか量も多く、お腹いっぱいです。

パンを食べ過ぎたのも原因かもしれません。。。

(付け合わせなんですが、どこのお店もおいしいのでついつい食べてしまいます。)

外国のレストランは、1皿2人分くらいの分量がでてくることもあるので、1人で食べると1皿でいっぱいになりますね。

合計で30ユーロ(日本円で約4,100円)。

クレジットカードについて、もちろんOK。

今回は、アメックスで支払いしました。

 

そうこうしているうちに22時30分。

ミラノ中央駅に向かいます。

次回に続きます

ミラノからパリへ〜ノスタルジックな寝台列車で移動【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください