* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

成田-デュッセルドルフ便のANAビジネスクラス機内レポート 〜安定の快適性!【2019年7月ウィーン・パリ旅行】2

 

2019年7月に、オーストリア(ウィーン、デュルンシュタイン)、フランス(パリ)に旅行してきました。

ANAマイルを使って、ビジネスクラス利用でウィーン〜パリに行きます
(中部国際空港発)【2019年7月】
https://mashichan.com/entry/travel-wein-paris-201907

※実際は成田空港発(ANAビジネスクラス利用に変更!)となりました。

前回はこちら。

成田空港からANAビジネスクラス利用でデュッセルドルフへ(NH209便)【2019年7月ウィーン・パリ旅行】1

定刻どおり、デュッセルドルフに向けて出発しました。

機内食を堪能して、11時間のフライトでしたが、心地よくあっという間でした。

搭乗券

カウンターでデュッセルドルフ便と、その後のデュッセルドルフ-ウィーン便のチケットも発券されました。

ANA NH209便 成田(第1)10:50 – デュッセルドルフ 15:50

 

オーストリア航空 OS156便 デュッセルドルフ 20:05 – ウィーン 21:40

 

今回、終始ビジネスクラスですので、ウィーンまでビジネスクラスとなります。

とはいえ、デュッセルドルフ-ウィーン便はEU内の路線のため、

あまり期待できませんが。。。

 

搭乗

 

ビジネスクラスということで、優先搭乗!

周り外国人の人ばかりでした。

 

今回、ちょうどスターウォーズ仕様の機材でした。

 

機内での、出発と到着についての機内のアナウンスも、一部スターウォーズでした。

マニアの方にはうれしいサービスですが、

アナウンスが小さすぎて聞こえづらかったです。。。

 

SFC会員であれば、ビジネスクラスでなくとも優先搭乗可能ですが、入り口が異なります。

 

ANAビジネスクラス

いよいよビジネスクラスに搭乗。

 

機内設備

いわゆる、スタッガード仕様となっており、

かなり個々の席の独立性が保たれています。

 

こちらは窓側相当の席。

座席が通路側にあるので、厳密には通路側となります。

窓側にシートがある席はとれませんでした。

 

ディスプレイも大きく、くつろぎながら閲覧できます。

 

足元も十分な広さ。

 

ビジネスクラスシートの真ん中の列は2人掛けとなります。

一番後ろは両並びとなりますが、

ここだけ真ん中のついたてを開閉させることができます。

ここだけ、両並び可能な「カップルシート」になっています。

 

座席には、アメニティや枕、布団セットなどがございます。

 

こちらが一式。

ポーチはGLOBE-TROTTERがモチーフの入れ物でした。

毎回楽しみなグッズです。

こちらとスリッパは持ち帰ることができます。

 

ペットボトルのお水もついてきます。

機内は乾燥するので、水分補給は必須です。

 

シート横のテーブルには免税品、エンタテインメント案内などの冊子。

 

手元を照らすライトやリモコン、電源コンセント、USBポートがございます。

 

USBポートで充電できず・・・

こちらのUSBポートなのですが、なぜか私のiPhone7の充電ケースから充電しようとしても、充電できず、でした。

その後、iPhone本体に直接つないで接続しようとしても全く充電ができなくなりました。

 

その後、自分の席だけかと思い、ガラガラの他のシートで差し込んでも全く充電できませんでした。

 

CAの方に聞いても結局原因不明。。。

 

しかも、このとき電源関係を機内持ち込みせず、

預け入れ荷物の中に入れたので、ウィーンまで取り出すことができません。。。

 

さらに、Macbookから充電しようとしましたが、現行のMacbookの端子はUSBポートではなく、USB-Cポート。

持っているlightingケーブルは旧USBポート。

 

USBポートの接続時にはご注意を。。。

 

一度接続すると次からUSBの供給が一切できなくなるという現象はわかりませんでした。。。

 

USBポートでの充電時はご注意を

充電式iPhoneケースを使っている時に充電する際は、それで使えるにしてもiPhoneをケースから取り出して本体に直接lightningケーブルを接続して充電した方がよいです。

mashichanはそのようにしていたので自席での充電が問題なかったので、私の分を充電をお願いしました。。。

 

参考:ANAのサイトの電源に関する記述(USBの容量は記載なし)

フライト中はネットに接続できなかったので調べられませんでしたが、参考まで、ANAのサイトをその後みたところ、USBポートについての容量などの記述はなく、電源のみ以下の記述がございました。

• 消費電力:
110V/60Hz、最大消費電力60Wまでのもの

• ご使用いただける機器:
スマートフォン、タブレット端末、デジタルオーディオ機器、ビデオカメラ、デジタルカメラ、電子ゲーム機など

• 形状:
ACアダプターのコンセントがプラグソケットの奥まで確実に差し込め、プラグアダプターを使用しないもの

出典 シート電源のご利用方法[国際線]

 

今回の役には立ちませんでした。

 

ウェルカムドリンク

CAさんが挨拶にこられたのち、ウェルカムドリンクをもってきてくれました。

こういった場面しか飲まないのでシャンパンをお願いしました。

 

フライト前の機内安全の案内がスタート。

リニューアルされ、歌舞伎仕様になっていました。

 

 

いよいよ離陸です。

 

 

機内食

1時間後に、機内食がスタート。

 

日系航空会社ならではのおしぼりサービス。

 

食前酒

まずは食前酒。

オススメされたカリフォルニアのワインを注文。

ボーグル・ヴィンヤーズ・シャルドネという銘柄。

酸味溢れる白ワインでした。

 

 

夕食

そしていよいよ食事です。

 

前菜・アミューズ(和食、洋食共通)

ナッツチリパイスティック

フォアグラと林檎のミルフィーユ

トマトのピクルスとチーズ ハーブオイル

 

 

洋食

 

アペタイザー

牛タンのパテ・アン・クルート 帆立貝と茸のムース 鮑のコンフィ

スープ

コーンスープ

 

メインディッシュ(2種類から選択)

牛フィレ肉のソテー ソーススペルシーと軽いガーリッククリーム

 

ブレッド

バゲット、セモリナ トマト、えごま油のフォカチャを選べます。

 

デザート(ANAオリジナルデザートを選択)

7月はタルトフランボワーズでした。

 

 

和食

 

今回の和食は、板橋のお店、よし邑さんとのコラボメニューです。

 

 

 

前菜

銀ひらす粕味噌焼き 梶木鮪南蛮漬け 合鴨アスパラ巻き・じゃが丸串打

赤蒟蒻田楽 酢取茗荷

小鉢

汲み上げ湯葉 山葵とろろ掛け

 

小鉢

トマト豆腐 雲丹・帆立 野菜ドレッシング

主菜

 

牛肉治部煮 鮑柔煮・海老冬瓜巻き旨味餡掛け

 

御飯

御飯※、味噌汁、香の物

※三重県伊賀産コシヒカリ(金芽米)を使用。

 

デザート

ピエールエルメとのコラボ・エモーション・エデンを注文。

(サフラン風味のクレームブリュレ、桃とセミドライアプリコット、サフラン風味のジュレとビスキュイを使用したグラスデザート)

 

途中で

機内食でも大変満足なのですが、

やはり気になるのがその他のサイドメニュー。

 

たとえば、軽食として、一風堂のラーメンやさぬきうどん、ハンバーグ、とんてき丼などが用意されています。

上記機内食でかなりお腹がいっぱいになりますし、

そのような「軽食」をとるような状態ではありません。

 

しかし、おつまみのミックスナッツやアイスクリームなどもございますので、このあたりANAのサイドメニューは使い勝手が幅広いです。

 

アイスクリームはハーゲンダッツ(バニラ)

 

コーヒー

 

紅茶やミックスナッツなどを注文しました。

 

ありがたいことに、注文の際は通りがかるのを待ったり、

いちいち注文しに出かける必要はありません。

 

座席で注文できます。

こちらのリモコンの人アイコンを押すか、

座席のモニターから注文できます。

 

 

また、お手洗い周辺のスペースにはこのようなサービスも用意されています。

声かけにくいシャイな方はこちらからどうぞ。

 

朝食

 

洋食
メインディッシュ

鶏もも肉のグリルとフェットゥチーネのカルボナーラ ポーチドエッグ添え

ブレッド

ブリオッシュ 米粉ブレッド

 

和食
小鉢

青梗菜と豆腐の煎り煮

主菜

鰆の伊勢醤油焼き 俵御飯 味噌汁、香の物

 

 

機内エンタテインメント

日本のニュースもやっていましたが、リアルタイム性がほぼありません。

ブラタモリをリアルタイムに流していました。

 

他の航空会社と違って、日本の会社ということもあり、

日本のテレビ番組、邦画などが充実していました。

 

私は毎度ANAの機内サービス、特に「ゴルゴ13×外務省」を見ているのですが、

13話までありました。

海外渡航の注意点を啓蒙するコンテンツとなっています。

 

最後にチェッククイズがあるのですが、こういう面白い内容もあります。

信頼できそうでも、見知らぬ人にはついていかないようにしましょう。

 

到着

毎度思うのが、大変時が経つのが早く、あっという間に到着です。

今回、30分ほど早くつきました。

 

本当に、なるべく遅く着いて欲しい、と思うくらいの心地よさです。

デュッセルドルフに到着。

雲がありますが、快晴でした。

次回に続きます

デュッセルドルフ到着、空港ラウンジを堪能もオーストリア航空遅延で空港待機。。。【2019年7月ウィーン・パリ旅行】3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください