* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

フランクフルト空港到着、乗り継いでLH1046便でパリへ【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】6

 

2018年12月〜2019年1月に、フランス(パリ)、ドイツ(フランクフルト)に行ってきました。

今回のスケジュールはこちら。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール

https://mashichan.com/entry/201812-201901-frankfurt-paris-schedule

 

前回はこちら。

ルフトハンザ 羽田-フランクフルト LH741便でビジネスクラス利用、やはり快適空間でした!〜機内レポート
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】5
https://mashichan.com/entry/201812-201901-day2-2-kix-fra

 

フランクフルトに無事到着し、

その際に利用したルフトハンザの空港ラウンジを利用しました。

 

フランクフルトを経由して、パリ・シャルル・ド・ゴール空港に到着したものの、荷物受け取り時にでてこず一時焦りました。

 

 

フランクフルト空港到着

 

パリのCDG空港によくにたガラス張りの内装。

 

セキュリティチェックに向かいます。

 

我々はこのレーンに進みます。

が、他は混んでおりませんでしたので、あまりメリットはなかったです。

 

機械化されており、いても意味があるのかわからない職員のチェックを通過します。

 

中は、海外の飲食店にきたと感じさせる雰囲気あるお店が並びます。

 

 

パン屋さんも非常に魅力的なお店があります。

100年以上続いているお店が出店しています。

この並べ方も好きです。

 

SIM入れ替え

 

フランクフルト空港に着いた際、日本で使っているmineoのSIMを日本で購入したWeChat GOのSIMに入れ替えました。

 

以下で購入しました。

 

現地では意外に容量を使ってしまい、結果容量が少ないものを選んでしまったことになりましたが、コスパのよいSIMでした。

 

設定の仕方、使い勝手などは以下で解説しております。

アマゾンで購入したWeChat GOのプリペイドSIMカードを使ってみての感想
(パリ、フランクフルト)
【2018年12月〜2019年1月】
https://mashichan.com/entry/kpn-wechat-go-sim-card-europe-201812-201901

 

 

 

ラウンジ利用

 

パリのフライトまでは時間があったので、フランクフルト空港内のラウンジで過ごすこととしました。

 

今回は、ルフトハンザのビジネスクラスで移動しておりますので、ビジネスクラス資格でラウンジ利用が可能です。

 

とはいえ、SFCカードでスターアライアンスゴールドの資格をもっているため、あまり関係ないです。

 

外にでず、そのまま制限区域内にいたため、そのエリアでのラウンジ利用となりました。

 

フランクフルト空港のラウンジは見つけやすいです

空港内を歩いていると、看板がわかりやすくでています。

 

フランクフルト空港自体が大変大きく、かつラウンジも多く存在します。

 

ご自分のチケットに記載のゲート番号をチェックして、

そこから近いところにあるラウンジを探すのがよいかと思います。

 

以下、ターミナルと最寄りのゲート番号を記載しています。

それを元にたどっていけば、地図を見なくても確実に着きます。

 

 

 

 

ルフトハンザ ラウンジ ターミナル1(シェンゲンエリア)A13ゲート付近

搭乗ゲートに近いこともあり、利用しました。

 

入り口で航空券を渡すと、機械にかざしてOKとなれば入室できます。

なかは広々で、混雑をまったく感じません。

 

カウンター席もあります。

 

ドイツの生ビールが味わえます。

 

その他のアルコールもズラリ。

 

軽食も完備です。

 

このようなビジネスコーナーもあります。

 

ラウンジ内では、アジアの某国の方がスピーカーモードで騒がしく会話しているのをみて、一緒にしてほしくないなと思う場面もありましたが、大変過ごしやすいラウンジです。

 

残念ながら、現状の日本のラウンジクオリティだとまずありません。

 

ルフトハンザ ラウンジ ターミナル1(シェンゲンエリア)A26ゲート付近

さらに、ラウンジをハシゴしました。

 

A26ゲート付近のラウンジです。

2Fにあるラウンジです。

 

こちらも、入り口で航空券を渡すと、機械にかざしてOKとなれば入室できます。

 

こちらも広々でした。

こちらは若干照明が落ちていて雰囲気ある空間でした。

 

さらに、アルコールコーナーがこのようなカウンターになっています。

注文して作ってもらうような形式です。

 

 

コーヒーやドリンク、軽食類もございます。

 

こちらも大変心地良いラウンジでした。

パリでの食事もあるので、ほどほどにしました。

 

上記ラウンジについては、以下にて詳細まとめております。

フランクフルト空港 第1ターミナル(シェンゲンエリア)
〜ルフトハンザラウンジレポート【2018年12月】
https://mashichan.com/entry/lufthansa-frankfurt-terminal1-lounge

 

ルフトハンザ フランクフルト – パリ(LH1046便)ビジネスクラス利用

 

フライト情報

ルフトハンザ LH1046便 ビジネスクラス利用

17:30 フランクフルト FRA 発
18:45 パリ CDG 着

 

17:30出発ですが、搭乗は17時から開始となっていました。

 

機内に持ち込んだ荷物が上の棚に置けなくなったりするので、

早めに行くのがオススメです。

 

搭乗

搭乗開始時刻近くにいったため、すでに人がいっぱいでした。

 

ビジネスクラスということもありますが、スターアライアンスゴールド資格ですので、優先搭乗が可能です。

 

その列(プライオリティボーディング、Priority Boarding)に並びます。

一般の列は数倍の人が並んでいますが、

優先搭乗の方が先ですので、それまで待機となります。

 

とはいえ、たまにそしらぬ顔で割り込んでくる人がいるので注意しましょう、

ですが、入場時にはねられますので、そんなことは意味がないのですが・・・。

それすら知らない人がそういうことをします。

 

SFCカードがあることで、こういった混雑時にはいつも助かります。

 

 

LH1046便 ビジネスクラス利用 機内

 

前方3列までは「ビジネスクラス」です。

 

その他とほぼ変わらないシートなのですが、

このように真ん中のシートはテーブルが入っており、実質2人シートとなります。

結局、シート幅は3列シートと同様なのですが・・・。

 

すっかり日も暮れてしまっています。

ヨーロッパの冬は暗くなるのが早いです。

 

ほどなく、出発して、パリ・シャルル・ド・ゴール空港に向かいます。

 

機内食

フライト時間は1時間ちょっとですが、

ビジネスクラスには機内食がでます。

 

 

温かい料理はなく、冷たくても食べられる料理が並んでいます。

 

パリでの食事も控えていますので、ほどほどにしました。

 

 

ビジネスクラスですので、フォーク、ナイフ、スプーンはプラスチックではありません。

 

 

パリ到着

 

あっという間にパリに到着。

1年ぶりのパリです。

 

ターミナルの外観がフランス国旗のトリコロールのカラーになっており、お出迎え。

 

セキュリティチェック後、長い歩く歩道を通過し、

 

 

荷物受け取りに向かいます。

CDGも看板表記がわかりやすいです。

 

 

ここを上っていくと、パリに来たという思いがこみ上げます。

 

 

荷物受け取り

荷物が出てこず・・・

画面表示をもとに、荷物が流れてくるのを待ちます。

いっこうにでてこず、ベルトコンベアーがとまりました。

我々以外にも何人か同じ状況でした。

 

過去、CDGではロストバゲージをくらっており、

その時の記憶が思い出します。

それが以下です。

ロストバゲージ確定。対応で半日つぶれました
【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】3
https://mashichan.com/entry/201707-day2-1-dusseldorf

このときは、パリ->デュッセルドルフ->フランクフルト->パリに戻った際に、荷物がでてきて、無事受け取れました。

 

今回、上記の経験に基づき、乗り継ぎ時間を3時間ほど確保しましたが、それでもこういう目に遭うのかと思ってしまいました。

 

関空からフランクフルトを経由してパリのフライトでしたが、途中のフランクフルトでは荷物受け取りは自ら申請しない限り、基本そのままフォワードしてくれます。

いちいち受け取らないといけないのか・・・、いろいろ考えが巡ります。

 

 

近くのカウンターに駆け込み

受け取る予定のところに行き、荷物がでてこない旨伝えます。

他の人の対応で、すぐにこちらの対応をしてくれませんでしたが、しばらく待って対応してもらえました。

 

別の受け取り場所で流れているから、そちらに行ってくれ、

とあっさり言われ、そちらに向かいました。

 

そして、無事荷物発見

そうすると、ちょうど荷物が流れてきていました。

 

受け取り口が変わったことなど、一切知らされていません。

受け取り口の表示も我々が最初に行った場所のままです。

 

意味がわからない状況でしたが、なんとか荷物を受け取り、

さっさと空港を後にします。

 

空港からはパリ市内への直通バスが便利

 

このあと、バスでパリ市内に移動します。

今回は、これまであまり行ったことの無いモンパルナスでホテルを予約しており、CDGからモンパルナス駅への直通バスがあります。

 

上記ありましたが、ディナー予約にはなんとか間に合いそうです。

 

バス停に向かいます。

 

以上です

 

 

次回に続きます。

 

パリに到着! 〜CDG空港からモンパルナスへは便利な直通バスで!
【2018年12月-2019年1月・パリ・フランクフルト旅行】7
https://mashichan.com/entry/201812-201901-day2-4-le-bus-direct-montparnasse

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください