日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)

どこよりも詳しく解説・プレミアタックスフリー免税手続きまとめています。

ヨーロッパで購入した商品の免税手続きに関して、記載したいと思います。

結論を先に申しあげますと、

購入金額の10〜12%が戻ってくるのですから、やらない手はありません。

※追記

以下、後日談として記載しておりますが、

2017年11月上旬、グローバルブルー社分の免税に関して、無事返金されました。

(購入額の約11%が戻ってきました!)

先日(2017年9月)、海外に行った際ワルシャワから日本(成田空港)へ帰国時に、出発地であるワルシャワ・ショパン空港(ヨーロッパ最終出国地)において免税手続きを行いました。

その書類一式をtax refund会社に送る必要がありますが、ワルシャワ・ショパン空港に送付するポストがなかったため、日本まで持ち帰りました。

ここまでの経緯については、以下に記載しております。

ワルシャワ市街から空港へ、そして成田 〜日本帰国
【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】15

2017年9月に、羽田からクアラルンプール経由でインド(ニューデリー)に行き、その後ヨーロッパ(イタリア、フランス、ポーランド)を旅行しております。 今回は 11日目、最終日とな...

上記記事の後半となりますが、ワルシャワ・ショパン空港の免税スタンプを押してもらう税関カウンターの場所について記載しておりますので、ご覧下さい。

tax refund会社はいくつかあるのですが、今回ご紹介するのは、プレミアタックスフリー社とグローバルブルー社の2社という免税手続き業者です。

tax refund関係ででてくるとすれば、この2社ぐらいです。

もう1社あるのですが、気にする必要はありませんし、今回記載する方法に沿っていけばOKかと思います。

今回、グローバルブルー社の書類だった場合の手続きについて記載いたします。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

払い戻し条件

1日に、1つのお店で一定金額以上購入すると適用となります。

その金額については、国によって異なります。

例えば、フランスだと、175ユーロ(日本円で約24,000円)以上で適用となっています。

その金額以上購入すれば無条件に免税とはなりません。

自己申告です。

お店から、金額を超えると、「TAX REFUND ?」と聞かれることもありますが、

自分から「TAX REFUND, Please !」とつたえましょう。

購入金額の10〜12%が戻ってくるのですから、やらない手はありません。

参考 〜海外旅行時の免税手続きについて

海外旅行時の免税手続きについて、以下にてまとめております。

【まとめ】海外ショッピングは免税手続きでさらにオトクにできます!
TAX REFUND・返金手続きまとめ(随時更新)

楽しい海外旅行で、観光やグルメもよいですが、 お買い物も楽しみに欠かせないですよね。 海外でお買い物をして、一定条件(金額)を満たすと、 10〜12%ほど返金されるし...

免税手続き代行業者・グローバルブルー社の場合

こちらは日本語サイトがございます。

グローバルブルー
http://www.globalblue.com/business/japan/

ですが、こちらショップ側へのサービス提供の記載です。

How to Shop Tax Free
http://www.globalblue.com/tax-free-shopping/how-to-shop-tax-free

こちらに記載がありますが、英語ですね。

以下の成田国際空港のサイトをみると、記載されています。

ヨーロッパ付加価値税(VAT)払い戻しサービス
https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_16

流れとしましては、

1)免税関係の書類一式を確認し、

2)成田空港内にあるJALエービーシーカウンターに行き、

3)JALエービーシーカウンターにある専用BOXに投函

でOKです。

1)免税書類一式(グローバルブルー社)を確認

以下になります。

1・レシート(例)

※一部ふせています。

ちゃんと商品のレシートであることを確認しましょう。

クレジットカードの控えではダメなのでご注意を。

2・免税書類

参考まで、イタリアで購入した際の書類です。

書き方、解説しています。

点線部分が記入項目です。

■ CUSTOMER’S DETAILS

・PASSPORT NUMBER パスポート番号

・FULL NAME 名前(フルネーム)

・PERMANENT ADDRESS お住まいの住所

・POST CODE 郵便番号

・CITY 都市

・COUNTRY 国

・E-MAIL eメールアドレス

・MOBILE NO (INCLUDE COUNTRY CODE) 携帯電話番号(国番号含む)

※日本でしたら、+81を先頭に記載します。

例)080-1234-5678であれば、+81 80-1234-5678となります。

■ CUSTOMER’S DECLARATION 署名(サイン)欄

パスポートと同じサインを記載します。

■ REFUND METHOD 返金方法

クレジットカードの他、銀行振込やアリペイ(中国限定)でもできるようです。

チェックボックスがありますので、クレジットカードに「レ」をいれましょう。

クレジット番号と、有効期限(月/年)を記入します。

■ CUSTOMS STAMP PRINTING AREA 税関スタンプ捺印場所

ここに税関からのスタンプを押してもらいます。

出国時、必ずもらって日本に帰ってきて下さい!!

国によって異なりますが、記載項目はだいたい同じです。

当然ですが、英語で記載しましょう。

3・封筒

こちらになります。

お店で購入した際に、免税書類と一緒にもらえます。

2)成田空港内にあるJALエービーシーカウンターへ

JALエービーシーカウンターに向かいましょう。

場所は、こちらに記載がございます。

成田空港フロアマップ
https://www.narita-airport.jp/jp/map/?terminal=1&map=2

場所:

第1ターミナル 北1F・到着階(JALエービーシーカウンター内)

第2ターミナル 本館1F・到着階(JALエービーシーカウンター内)

営業時間:

6:00 〜 最終便

成田空港には2か所ありますが、私の最寄りが第1ターミナルだったので、そちらをご紹介します。

以下、私にて解説しました。

私の場合、到着が南ウィングだったので、北ウィングまでいくのに5分くらい歩きました。

矢印に沿ってあるいていくと、北ウィングのところに手荷物配送カウンターの並ぶ一角があります。

このJALエービーシーカウンターに、専用BOXがあります。

念のため、今一度、書類を確認してください。

・レシート

・免税書類

・封筒

今後何かあったときのことを考え、

(例えば、2〜3ヶ月しても返金されない)

書類を写真にとっておいたほうが確実ですね。

免税書類の番号(バーコードの隣にあるDoc-ID)も控えておきましょう。

グローバルブルーのカウンターに、メモ用の用紙もあります。

3)JALエービーシーカウンターにある専用BOXに投函

確認後、問題なければ、封をして投函します。

専用BOXなので、間違いなく届きます。

これで完了です。

クレジットカードの場合、およそ1ヶ月ほどで、返金があります。

クレジットカードに返金、という形で明細があがってきます。

その他の返金方法として銀行振込などもあるようなのですが、やったことがないのでわかりません。

免税品を購入したクレジットカードに返金するよう記載していれば、余計な手数料もとられずに済みますし、それでよいと思います。

免税手続きをして、お得な海外ショッピングにしましょう!

後日談(2017年11月3日)

無事返金処理されました

上記の通り、帰国時(2017年9月下旬)、

そのまま成田空港の専用BOXにて投函しましたところ、

その後、2017年11月3日に無事、クレジットカードに返金処理がなされました。

その後、無事、2017年11月30日に

クレジットカード(ダイナースにチャージするように記載)

に返金処理がなされました。

約82,000円の商品に対して、約9,400円が日本円で返金処理されました。

(約11%!)

以下、クレジットカードの明細(ウェブ)です。

TAX FREE REFUND ITALY MOLNDAL

とありますね。

日付としては、11月3日と記載されていますが、

実際には、11月中旬頃に明細に反映されました。

反映まで少しずれがありますので、ご注意を。

クレジットカードへの返金のされ方

実際には、銀行口座に現金が振り込まれるやり方ではなく、クレジットカードに反映される形となります。

具体的には、例えば免税で1万円の返金があり、クレジットカードで4万円の支払いが発生するとした場合、1万円マイナスされ、次回3万円で請求されるという形となります。

相殺ですね。

免税返金のあるタイミングでクレジットカードに支払がない場合、

もしくは、返金が次回支払いよりも上回る金額の場合、

クレジットカードの支払いが返金分を上回るまで支払い無しとなります。

なお、アメックスで返金のあったものに関しては、その分を返金してもらう、というやり方も可能です。(実際できました。)

以上です

ご参考になれば幸いです。