ワルシャワ・ショパン空港での免税手続きについてのまとめ

(以下について、都度最新情報に更新しております。)

先日(2017年9月)、訪れたポーランドにおいて、日本への帰国便の際にワルシャワ・ショパン空港を利用し、免税手続きを行いました。

その際の旅行記は、以下に記載しています。

ワルシャワ市街から空港へ、そして成田 〜日本帰国
【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】15

2017年9月に、羽田からクアラルンプール経由でインド(ニューデリー)に行き、その後ヨーロッパ(イタリア、フランス、ポーランド)を旅行しております。 今回は 11日目、最終日とな...

スポンサーリンク
レクタングル (大)

今回の免税手続きにあたっての前提条件

私の場合、ヨーロッパ圏はイタリアから入国し、フランスを通り、最後はポーランドとなります。

その間、イタリア、フランスでお買い物をし、免税対象の金額分を購入しています。

その後、日本帰国となります。

この場合、どこがヨーロッパ最終出国地となるかというと、

ポーランドになります。

ポーランドはユーロ通貨ではないため、変な勘ぐりをするとちょっと間違えやすいのですが、上記でヨーロッパ最終出国地はポーランドとなりますので、ポーランドで免税手続きをする必要があります。

それ以外だとそもそも免税スタンプがもらえません。

(ヨーロッパ圏の方がみんな免税処理ができてしまうことになります)

ご注意下さい。

それでは以下、ワルシャワ・ショパン空港の税関カウンターの場所や、免税手続きにあたって必要なものについてご案内致します。

必要なもの

税関にいくにあたり、まず最初に、必要なものの確認です。

1)免税手続きに関する書類

・お店で購入した際のレシート

・お店からもらった免税書類

・(お店からもらえる)封筒

2)購入した免税品(一応、前提条件なので)

3)パスポート

となります。

免税書類の書き方については、免税手続きの会社別に詳しく解説しておりますので、以下をご覧頂ければと存じます。

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)

ヨーロッパで購入した商品の免税手続きにあたり、グローバルブルー社のやり方に関してどこよりも詳しくまとめています。 結論を先に申しあげますと、 免税手続きという、購入金額の1...

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・プレミアタックスフリー社の場合(2017年9月)

どこよりも詳しく解説・Planet(旧プレミアタックスフリー)の免税手続きについてまとめています。 ----- 免税手続き代行業者であるプレミアタックスフリー社の書類だった...

なお、プレミアタックスフリーは、2018年12月から社名が変更となっており、

Planetとなっておりますが、現状お店から渡される書面もまだ旧社名(プレミアタックスフリー)となっておりますが、処理において支障はないかと思います。

ワルシャワ・ショパン空港での手続き

免税書類一式そろえて、税関に向かいます。

税関の場所

以下、記載の場所となります。

ワルシャワ空港は、真ん中に各航空会社の受付カウンターがあります。

場所としては、セキュリティチェックに入る前のエリアにございますので、セキュリティチェック前の手続きとなります。

上記の地図を見ながら、上記に記載した場所に行きます。

上記のようにいくつかあるのですが、私はセキュリティチェック前のエリアにある、こちらを利用するかと思います。

入り口です。

上記の写真だと、上の赤い案内をみて並びましょう。

真ん中のレーンですね。

他の空港でもそうですが、税関の職員が無表情で出迎えます。

めっちゃ力をいれてスタンプを押すため、音が大変響きます。

ここで免税品をチェックさせろ、といわれることがあるらしいのですが、

私はこれまで一度もありませんでした。

本来はそれが手順らしいのですが、日本人の場合はないと考えてよいかと思います。

ちゃんとスタンプを押してもらったのを確認して、さっさと出ます。

書類はPlanet(旧プレミアタックスフリー)の例です。

免税のスタンプを押される場所について

■ CUSTOMS STAMP PRINTING AREA 税関スタンプ捺印場所

もしくは、書面に

PROCEDURE DE SECOURS

FALLBACK PROCEDURE

という文言がありますので、そこに押してもらいましょう。

たまに何も考えずテキトーにスタンプを押す人がいるので、確認しておきましょう。

出国時、必ずもらって日本に帰ってきて下さい!!

免税手続き後

レシートや免税書類一式を郵送します。

ワルシャワ・ショパン空港にポストがある、という説明を受けるのですが、見当たりません。

結局のところどうするかというと、日本に持ち帰ります。

(ご参考まで)

パリのシャルル・ド・ゴール空港だと、免税のキオスク端末があり、自分で処理できて大変便利です。

かつ、その場にtax refund会社直送のポストがあるので、間違えようがありません。

日本帰国後

そのまま日本に持ち帰ります。

それぞれの免税手続き会社に書類一式を送る必要があります。

以下に詳しく解説しています。

グローバルブルー

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)

ヨーロッパで購入した商品の免税手続きにあたり、グローバルブルー社のやり方に関してどこよりも詳しくまとめています。 結論を先に申しあげますと、 免税手続きという、購入金額の1...

=>簡潔にいうと、成田空港もしくは羽田空港に専用BOXがあり、そちらに投函でOKです。

参考・羽田空港国際線の到着ロビー(2F)のJAL ABCカウンターの前にポストがあります

万が一、ポストできなかったとしても、

羽田空港(国際線・到着ロビー)にもポストがあります。

具体的には、羽田空港国際線の到着ロビー(2F)の、JAL ABCカウンターの前にポストがあります。

【羽田空港国際線・到着ロビー】

上記、赤丸のところです。

参考・成田空港(第1ターミナル)国際線到着ロビーにもあります

成田空港(第1ターミナル)にもあります

矢印に沿ってあるいていくと、北ウィングのところに手荷物配送カウンターの並ぶ一角があります。

このJALエービーシーカウンターに、専用BOXがあります。

空港で投函できなかった・・・という場合は

グローバルブルーは現地の空港や、帰国した日本の羽田や成田で投函できますので、挽回がしやすいですが、さらにそれでも投函できなかったという場合は、郵送で送ることとなります。

Planet(旧プレミアタックスフリー)

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・プレミアタックスフリー社の場合(2017年9月)

どこよりも詳しく解説・Planet(旧プレミアタックスフリー)の免税手続きについてまとめています。 ----- 免税手続き代行業者であるプレミアタックスフリー社の書類だった...

=>簡潔にいうと、これまで空港で投函ポストがみつけられていません。

ですので、免税手続き代行業者であるプレミアタックスフリー社に直接郵送します。

参考 〜海外旅行時の免税手続きについて

上記含めまして、海外旅行時の免税手続きについて、以下にてまとめております。

【まとめ】海外ショッピングは免税手続きでさらにオトクにできます!
TAX REFUND・返金手続きまとめ(随時更新)

楽しい海外旅行で、観光やグルメもよいですが、 お買い物も楽しみに欠かせないですよね。 海外でお買い物をして、一定条件(金額)を満たすと、 10〜12%ほど返金されるし...

以上です

ご参考になれば幸いです。