ドイツ・フランクフルト空港での免税手続き まとめ・フランス購入編(旧プレミアタックスフリー・現Planet社)【2019年1月】

こよりも詳しく解説・Planet(旧プレミアタックスフリー)の免税手続きについてまとめています。

—–

高額なショッピングに限らず、同じ店で一度に1日でまとまったお買い物をした時などはぜひこの免税手続きを念頭にと思います。

購入金額の10〜12%が戻ってくるのですから、やらない手はありません。

今回、免税手続き代行業者であるプレミアタックスフリー社の書類だった場合の手続きについて、

フランスで免税対象の商品を購入

ドイツ・フランクフルト空港から出国(最終出国地)

の処理について記載いたします。

先日の年末年始、パリ、フランクフルトに行って参りました。

【2018年12月〜2019年1月】
ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール

年末時期のビジネスクラスを検索して、意外にもまだ席が空いていることがわかり、予約してしまいました。 実際にビジネスクラスで予約しました  〜2018年末パリ・フランクフルト旅行...

その際の状況を例に、記載したいと思います。

なお、2018年12月から、社名が変更となっており、

プレミアタックスフリーから

Planetとなっておりますが、現状お店から渡される書面もまだ旧社名(プレミアタックスフリー)となっておりますが、処理において支障はないかと思います。

今回帰国して改めてフォームを見てみると、フォームが若干変更になっており、ハンコを押す場所が変わっていました。

現地で全くチェックせず、そのままハンコを押してもらいました。

今回税関から間違った場所にハンコを押されてしまい、どうなるか、ちゃんと返金されるのか少々不安ではありますが、これにつきましては追って解説します。

目次

スポンサーリンク
レクタングル (大)

免税手続き代行業者・Planet(旧プレミアタックスフリー社)の場合

プレミアタックスフリーからPlanetへ

2018年12月から社名変更されております。

2018年12月末に、実際に複数のお店で購入したのですが、最初のお店はプレミアタックスフリー社の書類、次のお店ではPlanetと記載されていました。

書類が変わっているのに気づいて聞いて確認しました。

Planet社についても、旧プレミアタックスフリー社と同様、残念ながら日本語のウェブサイトがございません。

Planet
https://www.planetpayment.com/en/shoppers/

※旧社名(プレミアタックスフリー)のアドレスをいれると上記のサイトに自動的に転送されます。

流れとしましては、他の免税手続き業者であるグローバルブルー社と若干異なります。

なんと、グローバルブルー社のように税関のスタンプを押した後や日本の空港(羽田、成田等)に投函するためのポスト・専用BOXがございません。

ですので、手段としては日本に戻って郵送しかありません。。。

空港にポストがあるようなのですが、これまで探しましたが空港にプレミアタックスフリーのポストがあったためしがありません。

ということで、私はどうしているかというと、Planet(旧プレミアタックスフリー)については、日本まで免税書類一式持って帰ります。

もちろん、免税スタンプをもらって、です。

以下、商品を購入してから実際の書面の見方、流れとなります。

今回、「やっちまった」ところがあるのですが、それについてはどうなったか、追って報告致します。

ドイツフランクフルト国際空港の税関の場所(第1ターミナルの場合)

私は、今回ルフトハンザを利用しましたので、第1ターミナルでのご案内となります。

第1ターミナルでの税関の場所(マップ)

非常に簡単でして、出国手続きをしたすぐの場所にあります。

出て、左手です。

目の前にDuty Freeショップがありますので、

見逃さないように・・・。

この目印が窓口の上の方にあるので、チェックです。

鷲のマークが目印です。

Customs Declarationとあります。

この中で、「Tax Refund, please stamp !」

といい、スタンプをもらいましょう。

ちなみに、税関の隣に、グローバルブルーの窓口があります

今回のPlanet(旧・プレミアタックスフリー)とは別ではありますが、免税手続き会社である、グローバルブルーの窓口が、上記税関の隣にあります。

税関でスタンプをもらって、以下のグローバルブルーの窓口に行き、

そこにあるポストに投函すれば終了です。

参考・羽田空港国際線の到着ロビー(2F)のJAL ABCカウンターの前にポストがあります

万が一、ポストできなかったとしても、

羽田空港(国際線・到着ロビー)にもポストがあります。

具体的には、羽田空港国際線の到着ロビー(2F)の、JAL ABCカウンターの前にポストがあります。

【羽田空港国際線・到着ロビー】

上記、赤丸のところです。

参考・成田空港(第1ターミナル)国際線到着ロビーにもあります

成田空港(第1ターミナル)にもあります

矢印に沿ってあるいていくと、北ウィングのところに手荷物配送カウンターの並ぶ一角があります。

このJALエービーシーカウンターに、専用BOXがあります。

空港で投函できなかった・・・という場合は

グローバルブルーは現地の空港や、帰国した日本の羽田や成田で投函できますので、挽回がしやすいですが、さらにそれでも投函できなかったという場合は、郵送で送ることとなります。

手続きの流れ

1)免税関係の書類一式を確認

2)税関にスタンプを押してもらう

3)帰国後、郵送で送る

です。

1)免税書類一式(プレミアタックスフリー社)を確認

1・レシート(例)

※一部ふせています。

ちゃんと商品のレシート(原本)であることを確認しましょう。

クレジットカードの控えや、レシートのコピーではダメなのでご注意を。

2・免税書類

さて、この免税フォームについてですが、何種類かあるようですが、

内容的には同じような記載です。

①レシートタイプ

②A4大の書面になっているタイプ

がこれまでありました。

それぞれ、

A.住所等記載するパターンもあれば、

B.お店にてパスポートやクレジットカード情報等を印字済み

の時もありました。

今回は、

②のタイプ(A4大の書面)で、

B.お店にてパスポートやクレジットカード情報等を印字済み

でしたので、そちらをもとに解説します。

参考まで、とあるお店の、パリで購入した際の免税書類となります。

見方

こちらがお店からもらった免税書類についての解説です。

黄色の部分はすでに印字済みでした。

お店の住所や名前は記載されているでしょうが、

自分の住所や名前が印字されていなければ、自分で記載します。

サインは必ず書きます。

サインはお店で書くことになります。

お店から、お店の控えとともに上記書面にサインを促されると思います。

購入時、このパターンの書類の場合は、サイン以外に特に何も記載していません。

くり返しとなりますが、必ず、税関で免税スタンプもらってから帰国しましょう。

フォーム変更があり、税関で間違った場所にスタンプを押されてしまった・・・

帰国後、一番上の欄が空欄で、自分で何か記入するのかな・・・と思っていたのですが、

よくよくみると、これまでのフォームと異なり、スタンプの場所が一番上になっているのです。

普通、記載事項を上からチェックしていき、

最後、一番下にスタンプが自然かなと思いますが。。。

これまでと現行どうなっているか、以下図にしました。

免税のスタンプを押される場所には、

STAMP HERE

PROCEDURE DE SECOURS

FALLBACK PROCEDURE

という文言があります。

これまでは一番下だったのですが、

今回のフォームでは一番上になっているのがわかります。

余談

提出の際、税関担当者もこれまでと同じような場所だろうと何も考えず押していました。

あいかわらずめんどくさそうで大変傲慢な態度でしたが、こちらとすればスタンプさえ押してくれさえすればOKです。

(というか、フランスのシャルル・ド・ゴール空港ではこのチェックを機械でやっているし、人間がいちいち考えなくてもOKなそういう残念な仕事なんです。逆にご苦労様です。)

ちなみに、実際見もしないのに、商品はあるのかと言ってきました。

これは言ったり言わなかったり、その担当者次第です。

実際にこちらはそれを想定しておりましたし、基本免税商品は機内持ち込みという考えですので、袋をみせてとりだそうとすると、OKといって実際に見ませんでした。

とはいえ、私のサインの横の欄にスタンプを押される始末で、その時ちゃんと確認していればよかったのですが。。。

実際にスタンプはありますので、

ちゃんと手続きが処理され返金されるかどうか、追って記載したいと思います。

ということで、ちゃんとスタンプの押し場所をチェックしておきましょう

これをご覧になった方はちゃんとチェックして、税関にここですよ、と促しましょう。

PROCEDURE DE SECOURS

FALLBACK PROCEDURE

といった欄のところです。

3・封筒

封筒のデザインも、社名変更にともない変わっています。

これまでの封筒(プレミアタックスフリー社)

新しい社名(Planet)の入った封筒

新旧比較

宛先は同じですね。

お店で購入した際に、免税書類と一緒にもらえます。

封筒には解説が付いており、記載は英語、フランス語、ロシア語、中国語です。

万が一、無くしたとしても、宛先が上記であれば問題ないと思います。

免税ショッピングの方法という書類ももらえます

ですが、その他の書類には、こういった「免税ショッピングの方法」という書面もついてくることがあります。

こちらは日本語記載がございます。

しかしながら、こちらに記載のキオスク端末は、今回のフランクフルト空港にはないんですよね。。。

フランスで購入した際にもらった書面なので、空港はフランスの空港(シャルル・ド・ゴールなど)が前提なんでしょうね。

あらためて、上記一式を確認

免税書類

お店のレシート

がちゃんとあるか今一度チェックしましょう。

今後何かあったときのことを考え、

(例えば、2〜3ヶ月しても返金されない)

書類を一式、写真にとっておいたほうが確実です。

免税書類の番号(Doc-ID、バーコードの下に番号が印字されています)

も控えておきましょう。

2)郵送で送る

近くの郵便局から送りましょう。

どんな郵便局でも、国際郵便は受け付けています。

この封筒は、送料はかからないタイプとなっているのですが、

念のため郵便局の方に確認して下さい。

それでも不安な方はお金を払って国際郵便で送りましょう。

とはいっても、日本とは〒事情が違っていることもあり、

外国の郵便はたまに届かないことがあるようです。

追跡番号をつけてトラッキングしても起こるケースがあり、

こればかりは信じるしかないですね。。。

私の場合、今のところ上記手続きでちゃんと返金されておりますので、

100%到着しているということになります。

もし2ヶ月たっても返金されなかったら?

だいたい1〜2ヶ月ぐらいすると、返金されているのですが、上記留意すれば、全く問題ないものの、やはり人間が処理する話なので遅いことも多々あります。

特に海外ですから。

Planet社のウェブサイトから問い合わせる

以下、Planet社のウェブサイトから、問い合わせましょう。

Planet
https://www.planetpayment.com/en/shoppers/

DOC-IDを準備

その前に、申請時に控えた免税書類のDoc-ID(番号)を確認します。

どこにあるかというと、

この書類の右上のバーコードのある部分に、

数字が記載されています。

それが、Doc-IDです。

英語ですが、以下の手順に従えば、簡単です。

Planet社のウェブサイトでチェック

Planet
https://premiertaxfree.com/

にアクセスし、「Track my refund」をクリック。

Doc-IDを入れ、さらに「Track my refund」をクリックすると、進捗がわかります。

今回の申請について

クレジットカードへの返金という形で申請しております。

お店にそのように伝えています。

その他の返金方法として銀行振込などもあるようなのですが、やったことがないのでわかりません。

免税品を購入したクレジットカードに返金するよう記載していれば、余計な換金手数料もとられずに済みます。

2019年1月時点で、現在申請中

現在申請中で、上記の結果は、まだでておりません。

おそらく2月中旬〜下旬ぐらいに返金されるのではと思います。

上記の通り、不注意でちょっとやってしまったところもありますが、

結果がでしだい、報告致します。

まとめ

・やり方は以下の通りです。

1)免税関係の書類一式を確認

2)税関にスタンプを押してもらう

3)帰国後、郵送で送る

・クレジットカードの場合、およそ1〜2ヶ月ほどで、返金されます。

・時期によってかなりずれがあり、早くて1ヶ月、遅くても2ヶ月ほど待ちましょう。

・クレジットカードに返金、という形で明細があがってきます。

購入金額の10〜12%が戻ってくるのですから、やらない手はありません。

免税手続きをして、お得な海外ショッピングにしましょう!

参考 〜海外旅行時の免税手続きについて

上記含めまして、海外旅行時の免税手続きについて、以下にてまとめております。

【まとめ】海外ショッピングは免税手続きでさらにオトクにできます!
TAX REFUND・返金手続きまとめ(随時更新)

楽しい海外旅行で、観光やグルメもよいですが、 お買い物も楽しみに欠かせないですよね。 海外でお買い物をして、一定条件(金額)を満たすと、 10〜12%ほど返金されるし...

以上です

ご参考になれば幸いです。