* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

デュッセルドルフ空港での免税手続きまとめ・フランス購入編(グローバルブルー社)【2016年11月】

 

(以下について、都度最新情報に更新しております。)

 

2016年11月に、ヨーロッパを旅行した際、まとまったお買い物をしました。

 

ヨーロッパでお買い物をして、一定条件(金額)を満たすと、

10〜12%ほど返金されるしくみ (TAX REFUND)がございます。

 

前回までにいくつか事例がございますので、ご覧下さい。

 

■ ドイツで購入

デュッセルドルフ空港での免税手続きまとめ・ドイツ購入編
(グローバルブルー社の書類)【2016年11月】
https://mashichan.com/entry/201611-global-blue-tax-refund-purchase-in-germany

 

■ イタリアで購入

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)
https://mashichan.com/entry/back-to-japan-tax-refund-global-blue

 

 

今回、上記とは別のフォーマットだったため、以下に解説致します。

国が異なると、フォームの記載も若干かわるのかもしれません。

 

<今回のパターン>

フランス(パリ)で購入

・最終出国地であるドイツ(デュッセルドルフ空港)で免税手続き

・成田空港で日本に帰国

 

 

 

 

 

 

 

払い戻し条件

 

1日に、1つのお店で一定金額以上購入すると適用となります。

その金額については、国によって異なります。

 

例えば、フランスだと、175ユーロ(日本円で約24,000円)以上で適用となっています。

 

その金額以上購入すれば無条件に免税とはなりません。

自己申告です。

 

手続き書類のもらい方

お店から、金額を超えると、「TAX REFUND ?」と聞かれることもありますが、

自分から「TAX REFUND, Please !」とつたえましょう。

 

購入金額の10〜12%が戻ってくるのですから、やらない手はありません。

 

免税手続き代行業者・グローバルブルー社の書類の場合

流れ

1 免税関係の書類一式が確かにあることを確認

2 空港の税関で、免税スタンプをもらう

3 返金の方法

 1. 帰国後、書類一式を日本の空港(成田)のJALエービーシーカウンターに持っていき、
グローバルブルー社専用BOXに投函
(郵送で後日返金)

 2. 空港の両替所で払い戻し(返金)

 

となります。

 

※今回、返金方法をクレジットカードという前提で説明しております。

 

1 グローバルブルー社の免税書類一式を確認

そもそも、お店から、書類をもらっていないことには手続きもできません。

 

レシート

免税手続き書類

を必ず手に入れましょう。

 

1・レシート(例)

 

 

 

※一部ふせています。

 

ちゃんと商品のレシートであることを確認しましょう。

クレジットカードの控えではダメなのでご注意を。

こちらは、特に記入する部分はございません。

 

2・免税書類

フランスで購入した際の書類です。

レシートタイプでした。

※返金方法については、クレジットカードを前提としています。

 

グローバルブルーの明細

 

BUYER’S DETAILS ユーザ情報

 

・FULL NAME 名前(フルネームで)

 

・HOME ADDRESS お住まいの住所

例)「東京都港区港1-1-1 マンションA101」であれば、

「A101 Mansion, 1-1-1 Minato, Minato-ku」

東京都は以下のCityに記載

 

・CITY 都道府県

 

・ZIP CODE 郵便番号

 

・COUNTRY/LAND 国

 

 

・DATE OF BIRTH 生年月日

 

・E-MAIL ADDRESS eメールアドレス

 

・Mobile No 電話番号

 

・PASSPORT No パスポート番号

 

・クレジットカードにチェック ->  [ X ]

 

※当然ながら、日本語ではなく、英語で記入しましょう。

 

 

 

3・封筒

こちらになります。

お店で購入した際に、免税書類と一緒にもらえます。

 

デュッセルドルフ空港の税関の場所

今回利用したのが、デュッセルドルフ空港でした。

 

パリでの買い物の免税手続きを、

ヨーロッパ最終出国地であるデュッセルドルフ空港で行います。

 

くり返しとなりますが、免税手続きは最終出国地でしかできません。

そもそも税関でスタンプがもらえませんのでご注意下さい。

 

今回、バタバタしていたこともあり、写真を全く撮っておりません・・・。

 

以下の図の記載したアイコンをご確認下さい。

(上記図は、デュッセルドルフ空港の図をもとに当方で補足)

 

上記の場所に記載の税関で、免税のスタンプをもらえば、OKです。

その前に、書類がちゃんとあるかどうか、確認しましょう。

 

1・免税手続きのための書類確認

お店からもらった書類がグローバルブルー社のものか、プレミアタックスフリー社のものかご確認下さい。

今回、解説として対象としているのは、グローバルブルー社のものとなります。

 

2・税関でスタンプをもらう

書類をそろえた上で、先ほどの税関の場所でスタンプをもらいましょう。

 

ここで注意点があります。

免税のスタンプを押してもらう際は、

STAMP HERE

PROCEDURE DE SECOURS

FALLBACK PROCEDURE

といった文言のところに押してもらいましょう。

 

 

念のため、実際のお買い物した商品を持っておく、もしくはそれが証明できる状態で手続きをした方がよいかと思います。

私は、いつもどんなに荷物が多くても機内に持ち込むようにしているので、必然的にその場で持って行く形となっています。

 

3・返金の方法(2パターンあります)

返金については、2つの方法があります。

あとで返金してもらうか、両替所で払い戻してもらうか、です。

 

1・帰国後、書類一式を日本の空港(成田や羽田など)のJALエービーシーカウンターに持っていく(ポストに投函、後日返金)

税関のスタンプをもらった書類、商品の領収書を同封して、グローバルブルー社もしくは、プレミアタックスフリー社へ郵送することとなります。

 

デュッセルドルフ空港では専用ポストをみたことがありません。

なお、フランクフルト空港(第1ターミナル)、シャルル・ド・ゴール空港にはありました。

 

現地の空港にないとしても、日本の成田や羽田空港にもグローバルブルーの投函ポストがございますのでご安心ください。

 

成田空港の投函ポストの場所(第1ターミナル)

矢印に沿ってあるいていくと、北ウィングのところに手荷物配送カウンターの並ぶ一角があります。

 

 

このJALエービーシーカウンターに、専用BOXがあります。

 

羽田空港にもポストがあります

なお、今回は成田空港でしたが、羽田空港にもポストがあります。、

羽田空港(国際線・到着ロビー)にもポストがありますでOKです。

 

具体的には、羽田空港国際線の到着ロビー(2F)の、JAL ABCカウンターの前にポストがあります。

 

【羽田空港国際線・到着ロビー】

上記、赤丸のところです。

 

さらにそれでも投函できなかったという場合は、郵送で送ることとなります。

 

 

参考記事

 

以下にて、免税手続き業者別にやり方を記載しております。

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)
https://mashichan.com/entry/back-to-japan-tax-refund-global-blue#1

グローバルブルーは、成田、羽田空港にポストがあります!

 

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・プレミアタックスフリー社の場合(2017年9月)
https://mashichan.com/entry/back-to-japan-tax-refund-premiertaxfree#1

 

グローバルブルー、Planet(プレミアタックスフリー)ともに、1〜2ヶ月後に、指定の返金方式(銀行振込もしくはクレジットカード)で返金されます。

 

2・最終出国地の空港(デュッセルドルフ空港)の両替所で払い戻し(返金)

 

上記の、払い戻し所で返金できます。

 

現金でその場で返金されるのがメリットです。

しかし、返金手数料がとられます。

 

また、基本、ユーロで返金されることもあり、

日本円にするとレートが悪く正直おすすめしません。

 

参考 〜海外旅行時の免税手続きについて

上記含めまして、海外旅行時の免税手続きについて、以下にてまとめております。

【まとめ】海外ショッピングは免税手続きでさらにオトクにできます!
TAX REFUND・返金手続きまとめ(随時更新)
https://mashichan.com/entry/tax-refund-summary

 

 

グローバルブルーの免税手続きについて、その他の事例

今回は、フランスで購入するパターン(グローバルブルーの書類)を記載しました。

免税手続きについては、今回のフランスで購入に加えて、これまでいくつか記載してきました。

 

■ ドイツで購入

デュッセルドルフ空港での免税手続きまとめ・ドイツ購入編
(グローバルブルー社の書類)【2016年11月】
https://mashichan.com/entry/201611-global-blue-tax-refund-purchase-in-germany

 

■ イタリアで購入

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)
https://mashichan.com/entry/back-to-japan-tax-refund-global-blue#1

 

上記をみていくと、特に同じ免税業者であれば同じ行程ですので、

おおよその流れが把握できるかと思います。

 

 

以上です

 

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください