* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ホテル】モクシー ウィーン エアポート(Moxy Vienna Airport)利用 〜夜遅く到着でも安心の空港至近のホテル【2019年7月ウィーン・パリ旅行】5

 

2019年7月訪問

ウィーンへの到着日、夜遅くだったこともあり、

空港近くで予約していました。

オーストリア航空でデュッセルドルフからウィーンへ【2019年7月ウィーン・パリ旅行】4

当初よりオーストリア航空が遅延し、到着が遅れまして、

23時ごろ空港に到着。

チェックインするころには0時になろうとしていました。

今回、宿泊のホテル、モクシー ウィーン エアポートについてまとめました。

< このホテルのポイント >
・マリオット系のリーズナブルなホテルです。
◎ ウィーン空港から歩いて10分(スーツケースを引いて歩く場合)

◎ アクセスも外にほぼでず、深夜でも安心
◎ 新しいホテルで設備もキレイ

▲ お風呂はシャワーのみ(バスタブはありません)
× 冷蔵庫・電気ケトルありません

モクシー ウィーン エアポート(Moxy Vienna Airport)

場所

Ausfahrtsstraße 4
1300
シュヴェヒャート
オーストリア

 

予約

当然ながらですが、事前に予約しておき、夜遅くなることを伝えていました。

 

予約したお部屋:ルーム クイーンベッド 1 台

2人1室、1泊で予約しました。

12時チェックアウトです。

 

金額

宿泊1ヶ月前に予約して、

金額は11,868円(税・サービス前)でした。

 

マリオット系のホテルにしては安かったです。

 

本当は、SPGアメックスを持っているので、マリオットのウェブサイトから直接予約すればよかったかもしれませんが、hotels.comの方が若干安いのと、10泊すると1泊無料のスタンプがほしくて、hotels.comから予約しました。

アクセス

ウィーン空港から歩いて10分ほどです。

荷物を引いて歩くので、そのくらいかかります。

「HOTEL」の看板があります。

案内に従いましょう。

 

この大きなスロープを下っていきます。

 

地下の道をドンドン進んでいきます。

 

かなり無機質な通路となります。

動く歩道もあります。

 

このエリアは駐車場やレンタカーサービスとなっております。

 

地下道を歩いていくと、ようやくエレベータが見えてきます。

 

外観

地上に上がると、ホテルが見えます。

 

ちなみに、お昼の外観はこちら。

 

外にテーブル席もあります。

利用したのは7月ごろでしたが、お昼、日差しが大変強いです。

しかし、湿気がないので、日光さえさけられれば快適です。

 

チェックイン

受付カウンターでチェックインの手続きです。

深夜にもかかわらず、行列でした。

5、6分ほど待って、手続き完了です。

 

この際、宿泊税の引落について確認があります。

クレジットカードで支払うため、渡します。

 

ルームキーを受け取ります。

 

隣はバーになっています。

 

売店も併設されています。

周りにはお店がないですし、海外には日本にあるような自販機というものはありませんので、ほぼ唯一の売店です。

お水(ペットボトル)は2.8ユーロ(約350円)です。

市内のスーパーで買うと1ユーロ(約150円)ぐらいですのでお高いですね。

 

部屋に1人1つペットボトルがついていることが多いですが、

残念ながらこのホテルはございません。

 

コーヒーなども飲めますが、有料です。

エスプレッソ2.5ユーロからです。

お金を投入するところはないので、

カウンターで支払います。

 

なお、カップ利用とお湯は無料です。

電気ケトルがないので、お湯はここでもらうことになります。

部屋までもっていかないといけないので、少々面倒です。

 

Wifi無料です

ホテル内はWifiがあります。

 

内装

かなりモダンな内装です。

 

 

部屋

新しいホテルなので、大変きれいです。

 

クイーンサイズのベッド。

ベッド横には電源とUSBポートがあり、便利です。

 

 

テレビ

 

電源・USBポート

テレビ横にも電源、USBポートがあります。

 

USBポートにダイレクトに接続できるのは便利です。

 

 

洗面・バス・トイレ

入り口すぐ近くにございます。

アメニティは一式ございます。

 

バスはシャワーのみです。

 

 

Wifi

部屋のWifiもホテルフロアのものと同様です。

 

部屋からの景色(朝)

朝、お部屋からみた外の景色です。

快晴でして、空港を一望できます。

 

まわり、ほぼ駐車場なのがわかります。

 

参考:朝食会場

朝食はつけませんでしたが、1Fのバーエリアが朝食会場となります。

1Fはくつろげるスペースとなっております。

 

朝食会場に遠い側には人がほぼいませんでした。

 

 

テーブルには電源と(なぜか)LANケーブル接続のポートがついています。

 

 

朝食

営業時間は、6時〜10時。

1人15ユーロ(約1,800円、2019年7月時点)となります。

ちょっとお高いですね。

 

ドリンク

 

 

昨晩売店エリアの部分が朝食提供のスペースとなっていました。

 

チーズ、バターなどもたくさん種類があります。

これは外国ならでは。

 

 

パンも種類がいくつかありました。

 

クロワッサンのようなやわらか系ではなく、

ハード系が多かったです。

 

 

さらに、シリアルも充実しています。

 

 

カウンター席には、電源とLANケーブルポートなどございます。

 

テーブル以外にもソファ席もあります。

 

チェックアウト

12時チェックアウトです。

カウンターに立ち寄る必要はありません。

こちらのボックスに入れて、でていけばOKです。

 

まとめ

今回、宿泊のホテル、モクシー ウィーン エアポートについてまとめました。

< このホテルのポイント >

★ 価格
・マリオット系のリーズナブルなホテルです。
・1室約11,000円ほどでした(2019年7月時点)。

★ 場所
・大変至近です。ウィーン空港から歩いて10分。
※スーツケースを引いて歩く場合。

・アクセスも外にほぼでなくて行けますので、深夜でも安心です。

★サービス
・新しいホテルで設備もキレイです。


だだし、
・冷蔵庫・電気ケトルありませんのでご注意です。
 お湯が欲しい場合は、1Fでもらいます。
・お風呂については、バスタブはなく、シャワーのみです。

 

最新のホテル料金の検索は、こちらから!

次回に続きます

ウィーン観光1日目 〜ウィーン空港から中心地へ、カフェ・レストラン巡り!【2019年7月ウィーン・パリ旅行】6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください