* 年末年始、ストの中のパリ旅行を紹介中〜 *

【ホテル】ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴール 〜CDG空港近くなので早朝出発に最適、しかも快適すぎな空間【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】10

 

2019年の年末年始のパリ旅行で帰国時のソウル便の前泊で利用したのが、今回のホテル、ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴール

パリ市内で利用してきたホテルに比べ、格段に快適です。

早朝出発の際、空港までのアクセスに時間をかけられないときに大変重宝します。

 

なお、前回の記事はこちら

パリの元旦、エッフェル塔〜凱旋門と観光スポットをお散歩、正月でも通常営業のお店が多いです【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】9

ご参考まで、今回のパリ旅行のスケジュールについては、以下にて記載しております。

2019年の年末年始もパリにて過ごしました(ソウル経由) 〜スケジュール【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】

ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴール

場所

7 Allée du Verger, 95700 Roissy-en-France, フランス

シャルル・ド・ゴール空港至近のホテルです。

バスが空港とホテルを行き来しております。

ホテルから20〜30分ほどあれば空港にいけます。

パリ市内から空港まで早朝バスに乗る方法もありますが、市内をでるところで渋滞にハマるケースが多く、安心を考えると空港周辺のホテルに宿泊するのも一つの方法です。

外観

到着したのは夜でしたので、翌朝撮影しました。

このあたりは「ホテル村」ですので、まわりはホテルだらけです。

人通りはなく、バスか車ばかりです。

なお、ホテルは4つ星です。

日本のホテルでいうと、例えば東横インやアパホテルといったチェーン系のホテルとなります。

高級ではございませんが、快適性は期待できます。

今回宿泊したのが都心型でないためかお部屋もお値段の割に広く確保されており大変リーズナブルに利用できました。

入り口(フロント)

ホテルの朝食はこちらのフロアとなります。

今回、我々は素泊まりでしたので朝食利用はしませんでした。

予約したお部屋 〜スーペリアスイート(ダブルベッド 1 台)

予約したお部屋について、予約サイトの写真は以下でした。

大変広く、サイトには30m2(平米)とありました。ベッドとは別にソファもございます。

さらに、

トイレ別、バス付きでともかくきれいです。

以下、実際に泊まっての写真がございますが、そのとおりでした。

金額

約77ユーロ、9,300円でした。

素泊まり利用で、食事はございません。

金額は時期で大きく変動するので、booking.comHotels.comを比較して検討することをオススメします。

お部屋の内装

ベッドとは別にテーブルとソファがあります。

ベッドルームとはカーテンで仕切ることができます。

 

部屋の真ん中に、大胆にテレビが設置されていました。

動かして、ベッドからテーブルからも見れました。

ベッド

ダブルベッドとなります。

2人並んでも十分な広さです。

サイドには電源も確保されています。

両方ではなく、片方だけ電源ありでした。

なんだかちょっと残念。

電源

テーブルやベッド脇などに配置されていて困りません。

設備が古いと1か所しかなかったり限られますが、その心配はございません。

Wifi

Wifiも完備されています。

アクセスポイントにアクセスして、ID、パスワードをいれるだけ。

日本語でも表示できます。

ネットがつながればとにかく情報収集できますので、安心できます。

PCでもスマホでもOKです。

冷蔵庫周辺(電気ケトルあり)

ホテルに泊まると必ずチェックする事の一つが、電気ポット(ケトル)があるかどうか、なのですがありました。

お湯が沸かせればお茶も飲めますし、インスタント食品も食べることができますので安心感が違います。

すぐ脇に水道がありますので大変便利です。

水をとりに洗面にいく必要がありません。

コーヒーメーカー、ネスプレッソマシンもございます。

お茶菓子付きです。

その他、紅茶(クスミティー)もございます。

その他設備としては、電子レンジもあります。

空港などで購入したパンや惣菜などを温められます。

まわりにレストランもなく限られたホテルの売店ぐらいしかないので持ち込みニーズがあるのでしょうね。

さらに下に冷蔵庫がございます。

ホテルランクが3つ星で設備が古いとなかったりしますが、ちゃんとございます。

特に夏はないとつらいです。

エビアンが1本だけありました。

トイレ

入り口すぐそばにありました。

バスとは別室となります。

水洗ではございませんが、空間がちゃんと確保されています。

手洗いも中にあるのがありがたいです。

クローゼット

入り口すぐやバス前のところにもあり、各所に配置されています。

セキュリティボックスもあります。

バスに近いので、バスタオル類もございました。

バス・洗面

ホテル予約時の写真にあった通り、大変きれいです。

しかも広いです。

洗面の左側にはシャワールーム。

右側にはバスタブがございました。

海外でお風呂に入っていてモヤモヤすることの一つがシャワーの水圧ですが、問題ないです。

蛇口で適切な量を調整できます。

まとめ

よいところ

◎ 立地

20〜30分くらいゆとりが必要ですが、CDG空港から定期的に、かつ頻繁にでているバスでかんたんにアクセス可能。

パリ市内からの移動を考えると飛行機乗り遅れリスクが少ないです。

◎ 宿泊金額

年始利用、1室2名利用で約9,000円と大変リーズナブルでした。

◎ 設備

設備が全般的に近代的なのでハズレはありません。

電気ケトルもございます。

世界的なホテルチェーンであることも安心材料です。

特にバスとトイレがわかれており、バスタブもあり冬も温まって寝られます。

以上から、便利な立地でリーズナブルに利用できるホテルで利用価値ありです。

パリ市内は当たり前に1泊20,000円ぐらいしますので、それを考えるとコスパがよいです。

以上です

次回に続きます。

パリ・シャルル・ド・ゴール空港からソウル(仁川)へ【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください