* 年末年始、ストの中のパリ旅行を紹介中〜 *

パリの元旦、エッフェル塔〜凱旋門と観光スポットをお散歩、正月でも通常営業のお店が多いです【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】9

 

2019年の年末年始は2018年に続き、パリで過ごしました。

前回の記事はこちら

年末の凱旋門観光、年越しはテレビでニューイヤーイベント観覧【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】8

今回のパリ旅行では、ホテル バック サン ジェルマン (Hotel Bac Saint Germain)を拠点にしました。

以下は、1月1日のパリ、凱旋門前、シャンゼリゼ大通りの風景です。

残念ながらこの日は終日曇り空、時々雨でした。

パリでも元旦はあり、New Year Dayではありますが、ボンマルシェなど大手デパートはお休みですが、通常営業のお店が多いです。

そもそもコンビニなどはございませんが、コンビニ的なモノプリや飲食店が営業しているので安心です。

ご参考まで、今回のパリ旅行のスケジュールについては、以下にて記載しております。

2019年の年末年始もパリにて過ごしました(ソウル経由) 〜スケジュール【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】

ホテル バック サン ジェルマン Hôtel Bac St-Germain

場所

66 Rue du Bac, 75007 Paris, フランス

メトロ12号線・リュー・デュ・バック駅からすぐそばです。

訪問した際、ストでパリのメトロはほぼ動いていませんでしたので、歩きで移動しました。

パリ滞在中はほぼ晴れていて、寒いながらも心地よい日々でした。

リュー・デュ・バック 〜 エッフェル塔 〜 凱旋門を散歩

元旦、1月1日のパリ、ホテル周辺のリュー・デュ・バックをお散歩がてら歩きました。

いくつかカフェに立ち寄り。

La Pâtisserie Cyril Lignac(セーヴル通り)

こちらのお店で購入してホテルに持ち帰り、朝食としました。

1月1日にも開いていました。

Cyril Lignac

場所

133 Rue de Sèvres, 75006 Paris, フランス

クロワッサンがこの名店にして1.2ユーロ(日本円で約140円)ですから・・・安い!

またまたクロワッサンですが、訪れたからにはこちらのケーキも購入。やはり外せません。

Cyril Lignacの代名詞とも言われるEQUINOXE(エキノクス)

6ユーロ(日本円で約720円)と、ちょっと高めですが看板商品だけありすばらしい見栄えと優しい甘さを堪能できます。

お店を訪問、実際に持ち帰っての詳細レポートはこちらから。

【パリ・スイーツ・パン】La Pâtisserie Cyril Lignac シリルリニャック・セーヴル通り店 〜2020年の幕開けはこちらのお店の芸術的なケーキとパンから☆

カフェ 〜SIP Babylone

SIP Babylone

場所

46 Boulevard Raspail, 75007 Paris, フランス

元旦だけあり、朝、いつも賑わうカフェも人はまばらです。

ホットコーヒーをテイクアウトで1つ注文。

4.5ユーロ(日本円で約560円)でした。

エスプレッソは若干安いので比較できませんが、このとき立ち寄ったホテル隣のカフェ、Le Saint Germanに比べるとちょっと高めかな。。。

クレジットカードOKです。アメックスも問題ございませんでした。

カフェ 〜Le Saint German

ホテルすぐ横のカフェ。

朝から利用されていました。

場所

62 Rue du Bac, 75007 Paris, フランス

人はまばらです。

クロワッサンとエスプレッソをテイクアウトで1つづつ注文。

ホテルに持って帰りました。

パリのカフェでよく見かけるRICHARDのロゴの入ったカップで提供されます。

4.4ユーロ(日本円で約540円)でした。

クレジットカードOKです。アメックスも問題ございませんでした。

エッフェル塔

翌日のソウル便に備え、CDG空港近くのホテル(ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴール)に前泊します。

ホテル バック サン ジェルマンをチェックアウトし、エッフェル塔までバスで移動しました。

ホテルの目の前にバス停があり、そこから乗車。

車窓から。

ガラスそのものが曇っていますが、実際この日はあまり天気がよくありませんでした。

アンバリッド廃兵院です。

場所

Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris, フランス

登りませんでしたが、周辺を散歩。

公園もございますので、いつもお散歩しているワンコが多いです。

相変わらずの人気スポットです。

1月1日と日にちはよいのですが、天気が悪くちょっと残念な日でしたね。

シャイヨー宮からのエッフェル塔。

上の方は霧でみえません。

シャイヨー宮の広い場所で、パフォーマンスをしている人がいて、人だかりができていました。

ランチ 〜Cafe du Trocadero

トロカデロ駅周辺でランチとしました。

以前からよく来ている場所ではありますが、この周辺のカフェやレストランは目の前がエッフェル塔ですから、いつも混んでいます。

訪問したレストランはこちら。

Café du Trocadéro

場所

8 Place du Trocadéro et du 11 Novembre, 75116 Paris, フランス

やはり、かなり混んでいました。

服装から、中東系の方が非常に多く、以前からよく見かける中華系の方はあまりいませんでした。

お昼はお手軽に、サンドイッチとフライドポテト、コーヒー、カフェラテです。

お皿には、「RICHARD」の名称がありました。

Le Saint Germanのエスプレッソもそうですし、パリの多くのお店でこのRICHARDの豆を使っています。

お値段は、カフェラテ、コーヒー、上記サンドイッチのセットで、合計41.5ユーロ(日本円で約5,100円)

ちょっとお高いかな、と・・・。

ともかく清潔感もございますし、お手軽に食事するには場所的にもよいお店です。

しかし、観光スポット至近でもありますため、かなり込みますしオーダーもちゃんと通っているか心配になりますので、時間に余裕をもって訪問されることをおすすめします。

(我々が訪問した際は問題ございませんでした。)

おすすめのお店・Café de I’Homme

エッフェルを望むという点では、Café de I’Homme が超おすすめです(特に夏の時期)。

テラス席からエッフェル塔を見ることができます。

以前(2018年12月)に訪問した際(冬)の記事はこちらとなりますので、ご参考になればと思います。

【パリ・フレンチ】Café de I’Homme 〜エッフェル塔を見ながら食事をいただくなら、ここ!

2017年7月(夏)にも利用しまして、その際のレポートはこちらからどうぞ。

革命記念日前日のパリ、トランプ大統領訪問とバッティングしました【2017年7月・ドイツ-フランス旅行】13

凱旋門

場所

Place Charles de Gaulle, 75008 Paris, フランス

この日は曇り空が続いていました。

幸いにも前日12月31日に訪問しておいてよかったです。

エッフェル塔と異なり、凱旋門のチケットは日時の指定がないので、融通がききます。

必ず訪問するという場合は事前に購入しておけば行列に並ぶ必要もないです。

ディナー 〜 Le Congrès Maillot

日本から事前に予約しておりました。

パリで最後のディナー。

最寄りは凱旋門ではなくPorte Maillotという駅ですが、凱旋門から歩いて向かいました。

10分ほど歩きます。

Le Congrès Maillot

外観から、パリの老舗レストランの風格がただよっています。

場所

80 Avenue de la Grande-Armée, 75017 Paris, フランス

JCB特典でワンドリンクサービスでしたので、シャンパンいただきました。

野菜、お魚料理中心に優しめなメニューを選択。

クラシカルな雰囲気で初めての方はためらうかもしれませんが、JCBが運営する旅行情報サイト・たびらばにも掲載されており、初心者にも安心です。

たびらばについては、以下にて使い勝手について解説しております。

たびらば 〜JCBが運営する海外旅行者向けサービスはとても充実しています

空港バス・Le Bus Directでシャルル・ド・ゴール(CDG)空港へ

Le congressでの食事後、CDG空港へ向かいます。

翌朝のソウル行の便のため、CDG空港最寄りのホテルに宿泊としました。

このときは周辺工事のため、Le Bus Directのバス停が臨時で以下の場所にありました。

場所

事前にチケットを購入していなくても、バス内でクレジットカード利用で購入できますのでご安心を。

1人19ユーロ(日本円で約2,300円)と、通常18ユーロに比べて1ユーロアップします。

事前に購入していると、通常料金で(1ユーロ安く)18ユーロです。

今は工事も完了し、元通り、以下の場所になっております。

先程のところから真反対の場所で、ル メルディアン エトワール(Le Méridien Etoile)ホテルの真正面にあります。

以前(2019年7月)、Le Bus Directをこのバス停から利用する際に便利なホテルとして泊まったことがございます。

下記、ご参考まで、ホテルの宿泊レポートです。

【ホテル】ル メリディアン エトワールに宿泊 〜マリオット系ホテル【2019年7月ウィーン・パリ旅行】22

シャルル・ド・ゴール空港

場所

95700 Roissy-en-France, フランス

バスの終着である、CDG Terminal 2E-2Fに到着。

具体的にどこかというと、下の画像の場所となります。

Shuttle Bus 2Eで示されたところに、Le Bus Directのロゴがございますが、このあたりに到着します。

ここから最寄りのターミナル2Eや2Fにアクセスすることができます。

到着場所からターミナル2E方面に歩くと売店があります。

CDG空港周辺のホテルに泊まる際は周囲にスーパーや飲食店、売店がないと考えたほうがよいです。

実際ホテル内の売店しかなく、割高ですし、あらかじめここで購入しておいたほうがよいです。

このような広い場所があり、ここで案内してくれるガイドの方も立っているので相談可能です(英語ですが)。

空港内を歩いて、ホテル行きのバス乗り場を目指します。

Terminal 2E-2Fのゾーンにおりますので、方向としては、2C/2D方面に歩きます。

CDGVAL、Airport Shuttleと記載があります。

ご参考まで、CDGVALとは、Charles de Gaulle Véhicule Automatique Légerのことで、ターミナル間の自動運転列車です。

これを利用していけなくはないですがホテル直行ではなく、ホテル最寄りのターミナルにアクセスして、そこから歩いてホテルに向かう、という形となります。

今回は、ホテルに直接でているバスにのるのでこちらには乗りませんが、上記看板に記載の方向に歩いていくとホテル行のバスのりばがあります。看板に注意して歩きます。

Busという案内がでてきます。

見えづらいですが、掲示の下の白の真ん中の部分に、Busとあります。

エレベーターがあったら、5FのHotels by Shuttleを目指しましょう。

Busとありますね。

ここから乗ります。

英語でも、Black Line、Pink Line、Blue Lineとあります。

ホテルロゴもありわかりやすいです。

料金はかかりません。無料です。

自分の宿泊するホテルのロゴを探して、あとはバスを待つのみ。

我々は、ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴールでしたのでPINK LINEです。

バスの前面に色と、行き先表示もあるので、確認して乗車しましょう。

ご参考まで、こちらはPINK LINEです。

車体もピンク。

行き先も画面に表示されますので、安心です。

シャルル・ド・ゴール空港の周りには多くのホテルがございます

シャルル・ド・ゴール空港の周りには多くのホテルがあり、一種、ホテル村のようなエリアがございます。

少し離れた場所にありますが、空港からのシャトルバスも大変充実しており、行き先ホテル名をもとにバスに乗っていけばタクシーを利用せずともホテルにいくことができます。

無事到着

ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴールに到着。

夜遅くにホテルに到着したため、その際は撮影せず、下記は翌日撮った写真です。

ホテル前にバスは到着するので、空港から迷わず、しかも無料でホテルにたどり着けます。

 

ということで、無事ホテルに到着しました。

ホテルはパリ市内の一般的なホテルの半値で泊まれて、設備はそれよりも数倍よく最新のものという環境でして、非常に満足度が高かったです。

実際に宿泊した際のレポートはこちら

【ホテル】ノボテル スイート パリ ロワシー シャルルドゴール 〜CDG空港近くなので早朝出発に最適、しかも快適すぎな空間【2019年12月-2020年1月・パリ旅行】10

この日でパリを離れて明日からソウル経由で日本に帰国です。

次回に続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください