* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

JCBのカードで金券購入が可能 〜タクシーチケットも購入できて使い勝手がよいです

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

JCB ザ・クラスカード、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールドカードで、ギフトカード、QUOカード等金券を購入できます。

具体的な贈り物が想定できない場合に、大変使い勝手よく、相手にも喜ばれるものの一つです。

また、タクシーチケットの活用も可能でして、支払時にクレジットカードを出さずともスムーズに精算が可能です。

先日、このタクシーチケットが大変便利に使えましたのでご紹介したいと思います。

ウェブサイトMy JCBから申し込み

ログイン後、以下のページの左メニューの部分、画像の赤い囲い部分に、

ギフトカード

QUOカード

タクシーチケット

とありますので、該当のものをクリック。

それぞれについて説明します。

金券購入

JCBギフトカード、JCB-QUOカードを購入可能です。

JCBギフトカード

JCBカードのウェブサイトから購入ができます。

最短2営業日後にお届け可能です。

JCBギフトカード

全国100万以上の取扱店で利用可能な商品券です。

1,000円券、5,000円券の2券種あります。

「ご利用のてびき」と一緒にカードケース、紙箱またはメッセージギフトケースがついてきます。

また、カードケースと紙箱の場合、用途に応じてのし紙の種類・のし掛け(外のし・内のし)を指定できます。

 カードケース紙箱メッセージ
ギフトケース
1セットあたり
30枚以下
○(無料)
(100円
(税込)
/箱)

(150円
(税込)
/個)
1セットあたり
31枚以上
×
(無料)
×

オリジナルメッセージプリントが可能です(追加料金)

150円追加で、メッセージカードが追加できます。

大切な方にギフトカードを贈る際に活用できますね。

発行手数料

残念ながら、手数料が発生します。

JCBカードサイトでの注文 540円(税込)

電話でのご注文 799円(税込)

ある程度まとまった数量で購入すると、手数料を分散できますね。

JCB-QUOカード

コンビニや書店・ドラッグストアなどで利用できる全国共通の商品券です。

身の回りで使える場面も多く、大変使い勝手がよいですね。

QUOカードは、コンビニでも購入が可能なのですが、500円、1,000円券は取扱いがありません。

500円、1,000円あたりはちょっとしたお渡しで使い勝手が高いのですが・・・。

金券ショップで取扱いがあるものの、企業広告が入っていたり独特な内容だったりします。

また、まとまった数量(10枚以上)になると、金券ショップにも在庫がなかったり、

(そもそもクレジットカード購入出来ませんし)

デザインがバラバラになったりしますので、JCBカードのサイトであれば、デザインもシンプルですし、クレジットカードで購入もできますし、お勧めです。

発行手数料

残念ながら、手数料が発生します。

JCBカードサイトでの注文 432円(税込)

電話でのご注文 799円(税込)

ある程度まとまった数量で購入すると、手数料を分散できますね。

タクシーチケット

クレジットカードが使えないタクシーだったとしても、このタクシーチケットを活用することで、実質的にクレジットカードで支払い・銀行口座から引き落とし可能です。

あらかじめMyJCBにて申し込みし、取り寄せる必要があります。

タクシーチケットは、冊子状になっており、ミシン目に沿って切り離しできます。

2枚で一式となり、30セットほどあります。

1枚目。

2枚目。

こちらは控え。

複写式になっています。

冊子には記入例があります。

使い方(例)

例えば、幹事役をされている人が、会合や結婚式でのまとまった人数の移動を考え、タクシーを手配する際を想定してみましょう。

1)各タクシーにのる代表の人に、タクシーチケットをお渡ししておきます。

2枚がバラバラにならないよう、お渡しして下さい。

金額以外の部分はあらかじめ記入しておきましょう。

複写式なので、2枚目の控えにも転記されます。

2)目的地につき、到着した際に、タクシーの運転手にチケットをお渡ししてもらいます。

その際、控えを必ず手元に控えてもらいましょう。

こちらは、タクシー運転手にお渡し。

こちらを幹事役の方に戻して貰います。

3)のちほど幹事役の方に戻してもらいます。

上記により、タクシーで金銭の受け渡しが発生せず、幹事の方も費用を一括でまとめることができ、大変手間が省けます。

幹事役の方は、のちほどJCBの明細にタクシー代金が掲載されるのを確認の上、精算すればOKです。

参考 〜JCB ザ・クラスカードはどうやったら手に入れられる?

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

その際の記事はこちら

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドカードを取得してクレジットヒストリーを積んでいきましょう!

JCBゴールドカードを取得して、JCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードし、JCB ザ・クラスのインビテーションを受けて入手しました。

なによりも近道かつ確実な方法です。

JCBゴールドカードからJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていく必要があります。

この積み重ねをベースとすることでブラックカードへ近づくことが可能となりますので、ゴールドカードも検討の価値があります。

JCBゴールドカード入会キャンペーン ~2024年3月31日(日)まで

現在、JCBゴールドカードの入会キャンペーンがございます。

JCBゴールドカード 入会キャンペーンの内容
  • Amazon.co.jpご利用額の20%をキャッシュバック(最大23,000円)
  • スマホ決済(Apple Pay・Google Pay、MyJCB Pay)ご利用額の20%をキャッシュバック(最大3,000円)
  • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバック
  • キャッシングサービス枠の設定&ショッピング1万円以上の利用:5,000円キャッシュバック(抽選、200名)
JCBゴールドカード 入会キャンペーンの内容 〜お友達紹介キャンペーン
  • 紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバック

特に家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロです。

↓ 以下からどうぞ。

JCBゴールドカード入会キャンペーン

JCBオリジナルシリーズ

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドの次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、ゴールドカードで、連続100万円(税込)以上/年×2年=200万円以上の利用が必要となります。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは、取得までが明示されていますので、わかりやすいですね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法をこちらにて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

JCB カード Sからのアップグレード

JCBゴールドからやJCBプラチナからスタートしてJCB ザ・クラス取得を目指すことは可能ですが、そもそもゴールドカード自体の審査が微妙・・・と思われる方は、JCB カード Sからの積み重ねからも可能です。

厳密にはゴールドカードに改めて申し込む必要がありますが、クレジットヒストリーを積むことで審査のプラスになるかと思います。

JCB カード S入会キャンペーン

入会にあたっては、従来の一般カードに代わりに「JCB カード S」がリリースされており、入会キャンペーンが用意されています。

JCB カード S 入会キャンペーンの内容
  • Amazon.co.jpご利用分最大15,000円キャッシュバック
  • スマホ決済(Apple Pay・Google Pay、MyJCB Pay)ご利用額の20%をキャッシュバック(最大3,000円)
  • ショッピング分割・スキップ払いを10万円(税込)以上利用で、もれなく15,000円キャッシュバック
  • 家族カード入会で、最大4,000円キャッシュバック
JCB カード S入会キャンペーンの内容 〜お友達紹介キャンペーン
  • 紹介者・被紹介者に1,500円キャッシュバック

JCB カード Sの入会キャンペーンはこちらから!

JCBオリジナルシリーズ

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてやカードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

こちらからお願いします。

お問い合わせ お問い合わせ

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください