* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ラウンジ】京都駅内に落ち着きの場所 〜JCB Lounge 京都

 

京都旅行にあたって、JCBの特定のクレジットカードを所有することで、便利な休憩ラウンジ、JCB Lounge 京都が利用可能です。

駅チカで休めて荷物の預けられる場所があると、とてもありがたいです。

JCB Lounge 京都

京都駅ビル内にあるJCBの特定会員向けのラウンジです。

場所

〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町676

京都タワーを正面に、右手に進んでいくと京都劇場があります。

そこをめざしましょう。

京都駅構内からラウンジまでの行き方

新幹線口からですと、京都駅正面に向かう通路をすすみます。

京都タワーの見える正面まででてもよいですが、駅をでる手前に、右手に京都駅の案内カウンターがあります。

(エスカレータを降りる前です)

その案内で聞いてもよいですね。

ともかく、京都劇場を目指しましょう。

案内カウンターの前を進み、エスカレータを降りると、

京都劇場が見えてきます。

さらに進みます。

京都劇場に到着。

脇のエスカレータをみると、看板がでています。

小さく、JCBラウンジがでています。

どこもラウンジ表記ってなぜか小さめですね。

エスカレータを上がると、京都劇場の入り口となります。

館内案内あります。

京都劇場に入ると、JCBプラザ京都と、その横にJCBラウンジ京都がございます。

JCBプラザ京都

JCBプラザ京都

営業時間:10:00AM~6:00PM(年中無休)

サービス:Wifi、電源、荷物一時預かり、雑誌閲覧サービス等ございます。

ご注意したいのは、国内発行のJCBカードで入室できません。

海外発行のカード所有者向けとなりますので、あくまで海外展開しているJCBプラザの日本での施設、という位置づけです。

JCBラウンジ京都

今回の目的の、JCBラウンジ京都はこちら。

ウェブサイトのイメージに近い表玄関でした。

利用対象者

JCB ザ・クラス会員

プラチナ会員

ゴールド ザ・プレミア会員

家族会員もOKです。

また、会員1名様につき、同伴者1名様まで利用可能です。

ご参考まで、今回入室時に提示したJCB ザ・クラスの魅力については以下をご参考にして下さい。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

受付で、対象のカードを提示して入室です。

以下にて詳細レポートしております。

JCBの最上位カード、JCB ザ・クラス 〜ディズニー特典に価値ありのブラックカード

営業時間

10:00AM~6:00PM(年中無休)

サービス内容

・新聞 ・雑誌の閲覧(雑誌は京都情報がメイン)

・休憩スペース

・荷物一時預かり

・ドリンクサービス

となっております。

 

 荷物一時預かり

駅チカで荷物預かりできるのは大変ありがたいです。

受付にこの用途で訪れる方がとても多かったです。

 

 ドリンクサービス
メニュー

カフェラテ

カフェモカ

ココア

カプチーノ

エスプレッソ

アイスコーヒー

オニオンスープ

などございます。

受付に言えば、オレンジジュース、リンゴジュースが紙パックでもらえますよ。

お子さまが何人かもらっていました。

また、ビニールに入ったお手ふきも備え付けがございます。

内装

席数は15ほど。

ソファ席の他、テーブル席が3席ありまして、作業もできます。

利用は一時間以内との記載ありますので、一時的な休憩利用でどうぞ。

すこし狭い感じは否めませんが、一時利用と考えると十分かな、と思います。

室内設備

 Wifi

無線LANが使えます。

カエルのイラスト、海外のJCBプラザでよくみかけますね。

 

 電源

もちろんございます。

 

 その他

喫煙室が室内にありましたが、2018年6月にリニューアルオープンして、喫煙ルームが撤去されました!

席数も増えて、ありがたい限りです。

お手洗い(京都劇場)

ラウンジ内にございませんので、ラウンジの外にでての利用となります。

まとめ

ラウンジそのものは狭さを感じる空間ではあるものの、京都駅に近い大変立地のよい場所で、一時的な休憩利用、荷物預かりができるというのは大変なバリューです。

京都のガイドブックも備え付けがございますし、京都旅行の前に、いったん体を休めて、思案するのもよいかと思います。

参考 〜JCB ザ・クラスカードはどうやったら手に入れられる?

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法を以下にて解説しております。

JCBゴールドカードを取得して、JCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードし、JCB ザ・クラスのインビテーションを受けて入手しました。

その際の記事はこちら

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

クレジットヒストリーが大事

ともかく、JCBゴールドを取得してクレジットヒストリーを積んでいきましょう!

なによりも近道かつ確実な方法です。

※カードを切り替えたので、裁断してしまっています。。。

新しい券面!

JCBゴールドからJCB ゴールド・ザ・プレミアとアップグレードしていく必要があります。

新しい券面!

この積み重ねをベースとすることでブラックカードへ近づくことが可能となりますので、ゴールドカードも検討の価値があります。

JCBカード入会キャンペーン 〜JCBゴールド ザ・プレミアに特別に早期招待! 参加登録は10月31日まで

現在、JCBゴールド入会キャンペーンがございます。

ゴールド ザ・プレミアに特別早期招待される内容となります。

通常であれば、最低2年かかりますが、なんとキャンペーン期間中に条件を満たせば、実質1年もかからず6ヶ月ほどで達成できます。

入会キャンペーンの内容

内容
  1. JCBゴールドに新規入会(9月30日まで)
  2. キャンペーン登録
  3. 利用対象期間:2022年7月1日(金)~12月15日(木)に100万円(税込)以上利用

となります。

2023年2〜3月招待とのことでかなり取得の短縮が可能です。

さらに、いくつかキャンペーン開催中で、ゴールドカードは通常、年会費11,000円(税込)となっていますが、キャンペーン期間中に、対象カードに新規入会のうえMyJCBアプリへログインし、対象カードを合計100万円(税込)以上利用した方に、翌年度年会費(11,000円)がキャッシュバックされます。

翌年度年会費キャッシュバックキャンペーン
  1. JCBゴールドに新規入会
    2022年7月1日(金)~9月30日(金))
  2. MyJCBアプリへログイン
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  3. JCBゴールドは合計100万円(税込)以上利用
    (2022年7月1日(金)~12月15日(木))
  • キャンペーン期間:2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会、カード入会月翌々月15日までにMyJCBアプリへのログイン+利用で、Amazon.co.jpを利用すると20%キャッシュバック!(最大30,000円)
  • キャンペーン期間:2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)の新規入会で、
    - 家族1名様につき2,000円、最大4,000円キャッシュバック!(キャンペーン参加登録必要)
    - JCBカードを紹介し、紹介された方が対象カードに入会すると、もれなく1,500円キャッシュバック!(紹介人数上限なし)

などがあり、あわせ技でメリット増大です。

特に家族カードの年会費は1名まで無料なのでリスクゼロ、です。

↓ 以下からどうぞ。

JCBゴールド入会キャンペーン

JCBオリジナルシリーズ

JCB ザ・クラスへのステップ 〜JCB ゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドの次のステップである、JCB ゴールド・ザ・プレミアを視野にいれた場合、そのアップグレードは、通常、ゴールドカードで2年連続で100万円(税込)以上であることが要件となっています。

しかしながら、今回のキャンペーンを利用すれば、約6ヶ月で100万円(税込)以上と、かなりの近道になります。

持ち出しコストを計算

100万円(税込)利用で、翌年に通常年会費:11,000円(税込)がキャッシュバック

となりますため、今回のキャンペーン利用で、年会費実質無料でJCB ゴールド・ザ・プレミア取得が可能となります。

JCB ゴールド・ザ・プレミア取得、さらにはその上位のJCB ザ・クラスを考えた場合、今回のキャンペーンもかなりオトクかと思います。

さらに、家族カードや友人紹介もカウントするとさらに持ち出しが減りますね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは道筋、条件が明確

上記から、JCB ゴールド・ザ・プレミアまでは、取得までが明示されていますので、わかりやすいですね。

JCB ゴールド・ザ・プレミアをゲット後は、粛々とクレジットヒストリーを積み重ね、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つ、という形になります。

ぜひ上記を利用してJCB ザ・クラスをゲットして下さい。

私の体験談とともに、JCB ザ・クラス取得の方法をこちらにて解説しております。

ブラックカード 〜JCB ザ・クラスを取得するための方法を詳細解説!

JCBの一般カードからのアップグレード

JCBゴールドを申請していきなりのJCB ザ・クラス取得も目指すことは可能ですが、そもそも審査が微妙・・・と思われる方は、JCB一般カードからの積み重ねからも可能です。

 

新しい券面!

厳密にはゴールドカードに改めて申し込む必要がありますが、クレジットヒストリーを積むことで審査のプラスになるかと思います。

JCB一般カードも入会キャンペーンやっています!

入会にあたっては、こちらも上記と同様の初年度年会費無料の、JCB一般カード入会キャンペーンが用意されています。

JCB一般カードの入会キャンペーンはこちらから!

JCBオリジナルシリーズ

何かご質問があれば、お問い合わせください

入会についてやカードの使い勝手など、私の経験も踏まえお答えさせていただきますので、その際はご連絡いただければと存じます。

こちらからお願いします。

お問い合わせ お問い合わせ

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください