* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード 〜ダイナースクラブプレミアムカード

 

ダイナースクラブカードの上位カードである、ダイナースクラブプレミアムカード。

ダイナースクラブカードそのものもメリット満載なのですが、

その上位カードだけあり、年会費がお高いです。

しかし、それ相応のバリューがあり、グルメや旅行において大活躍です。

 

我々のメインカード、ダイナースクラブプレミアムカードのグルメ、旅行関連を中心としたメリットについてご紹介致します。

ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカードとは

ダイナースクラブカードの上位カードです。

ダイナースクラブカードについて、以下にて詳細解説しております。

グルメを楽しむ人に最上のクレジットカード 〜ダイナースクラブカードを実例交えてご紹介!

私は以前、ダイナースクラブカードをもっておりましたが、アップグレードしてダイナースクラブプレミアムカードにしております。

ダイナースクラブプレミアムカードについては、通常とは異なる申込方法となっています。

招待制となっており、ダイナースからのインビテーション、もしくはダイナースクラブプレミアムカード所有者からの紹介がないと基本的には入会できません。

ダイナースクラブプレミアムカードへのアップグレード(私の場合)

ダイナースクラブカードを所有して、カードを2年ほど使い続けていたら、ダイナースの方からインビテーションの連絡があり、アップグレードしました。

年会費は130,000円で、税込で143,000円となります。

高額ですよね。

 

ダイナースクラブカードの年会費は、22,000円+消費税=24,200円ですから。

正直、かなり悩みました。

 

しかし、以下のメリットを考え、アップグレードしました。

ダイナースクラブプレミアムカードのメリット

メリット

・レストランウィークの先々行予約が可能

-> 一般の方、ダイナースクラブカード会員よりも先に予約が可能となり、人気店をいち早く確保!

 

・2名利用で1名無料になる、エグゼクティブダイニング店舗拡大

-> プレミアムカード会員向けのお店もあり、選択肢が広がる!

 

・100円=1.5ポイント(還元率1.5%)

->ポイント還元率日本一!(海外利用は2%)

 

・ダイナース銀座ラウンジの利用

->銀座のど真ん中で無料でくつろげ、めっちゃ便利!

 

・プライオリティパスの発行

->海外旅行時の空港ラウンジが無料で利用ができ、大変便利です。

通常、年間US$399もかかる年会費が無料です。

フランスレストランウィークの先々行予約が可能

ダイナースクラブカード会員よりもさらに先んじて予約が可能となります。

プレミアムカードの所有者はダイナースクラブカードに比べて人数も限られます。

一般開放されて予約競争になる前に、早々に予約が可能となります。

メリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

グルメを楽しむ人に最上のクレジットカード 〜ダイナースクラブカードを実例交えてご紹介!

メリット満載!

グルメなメリットとして外せません。

 

エグゼクティブダイニング

会員自身を含む2名以上で、対象レストラン所定において所定のコース料理を利用すると、1名分のコース料金が無料になるという大変お得な特典です。

ダイナースクラブの全会員で利用が可能な店舗数は、2018年3月現在で、301店舗。

プレミアムカード所有者はさらに69店舗追加となり、選択肢が拡大します。

こちらもまた、グルメなメリットです。

エグゼクティブダイニングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ダイナースのグルメ特典 〜エグゼクティブダイニングの魅力を実際に利用したお店も交えて徹底解説!

ごひいき予約.com

予約の取りづらい有名店を含む優良飲食店のキャンセル情報が届き、予約が可能なサービスです。

ダイナースクラブのスマホアプリやメールで空席情報をゲットできます。

利用にあたっては、一休.comへの会員登録が必要です。

 

 対象店舗

対象店舗は、恵比寿 くろいわ / KEISUKE MATSUSHIMA / 銀座 小十 / 鮨 心白(しんぱく)/ セララバアド / ナベノ-イズム / NARISAWA / 日本料理 龍吟 / 青空(はるたか) / フルタ などなど人気とともに実力も兼ね備えたお店が多くございます。

参考 ダイナースクラブ ごひいき予約.com 対象店舗一覧ダイナースクラブ公式

通常だとなかなか予約がとりづらいお店が多数ラインナップされており、行きたいけど予約がとれない、紹介がないと行けなかったお店でもこのサービスを通じて予約ができるシステムです。

ポイント還元率が2%

ポイントプログラムは、「ダイナースクラブ リワードプログラム」となります。

利用金額100円につき、国内利用は1.5ポイント、海外利用は2ポイント(+ポイントアップ)と高還元率でポイントが貯まります。

※但し、海外利用については、2019年9月16日~2022年3月15日ご利用分は、海外利用100円につき+0.5ポイント加算されますので合計2.5ポイントとなります。

昨今、クレジットカードのポイント加算に関しての改悪(ダウン)が相次いでおりますが、標準的といわれる1%以上の還元率です。

 

 例外:200円につき1ポイントとなる対象先があります

公共料金に関する支払いは、200円につき1ポイント(ポイント還元率0.5%)です。

 

200円につき1ポイントの対象先

電力会社、水道局、ガス会社、国税、都道府県・市町村取扱いの各種税金、ヤフー公金支払い、さとふる、NHKL受信料、国民年金保険料、医療用商材

総合病院等大型病院、有料道路通行料金、ETC利用料金、保険料、プロバイダー等通信料、電話・携帯通話料、有料放送サービス及びそれら加盟店の利用

ダイナースクラブ リワードプログラムの利用用途 〜マイル

 航空会社のマイルに交換・ダイナースグローバルマイレージ

一番、お値打ちなポイント利用方法は、航空会社のマイルにすることです。

1ポイント=1マイルで交換できます。

 

 対象となる航空会社

対象となる航空会社は、こちら。

対象となる航空会社

全日本空輸/ANAマイレージクラブ

アリタリア-イタリア航空/ミッレミリア

大韓航空/スカイパス

デルタ航空/デルタスカイマイル

ユナイテッド航空/マイレージ プラス

もし、ANAが対象外となったら・・・。ちょっと考えますね。

この利用用途でダイナースクラブカードに入っている方も多数おられると思われますし、ダイナースクラブのバリューとしてもここにあるところもありますので、それはないと思いますがね。。。

 

 価値の高い利用方法はマイル交換

例えば我々の場合、ポイントはすべて航空会社のマイル、ANAのマイルに変えています。

以下、過去のヨーロッパ旅行においては、マイルに交換の上、ビジネスクラスで確保ができ、大変ありがたくポイントを利用できました。

2016年11月冬のヨーロッパ旅行11日間のスケジュール 〜クロアチア、スイス、ドイツ、フランス、ベルギーにいってきました! 2017年夏のヨーロッパ旅行スケジュール【2017年7月 ドイツ・フランス旅行】 【2018年12月〜2019年1月】ビジネスクラスで行く、冬のパリ・フランクフルト旅行スケジュール 【2019年7月】ルフトハンザビジネスクラス利用、ウィーン、パリ旅行スケジュール 〜マリオット系ホテルに多数宿泊予定

 

 マイル移行は上限あり(ANAマイルは40,000マイル)

ダイナースグローバルマイレージ年間移行マイル数上限の改定があり、ANAマイルは40,000マイルが上限となります。

 

他の航空会社

アリタリア-イタリア航空/ミッレミリア:100,000マイル

大韓航空/スカイパス:100,000マイル

デルタ航空/デルタスカイマイル:100,000マイル

ユナイテッド航空/マイレージ プラス:100,000マイル

ご参考まで、このような状況に対応するための考え方、マイル移行に関する戦略については、以下に記載しております。

マイルの貯めるための方法論・基本編 〜ビジネスクラスをタダで利用するために マイルの貯めるための方法論・応用編 〜ポイントサイトを利用する

ポイント移行に関しまして、さらにつっこんでいうと、ポイントサイトのポイントから直接ANAやJALなどのマイルに移行するとポイント還元率がかなり落ちるため、効率的なポイント移行を念頭におく必要がございます。

そのあたりも解説しております。

 

 年間手数料

プレミアムカードは無料です。

なお、ポイントをマイルに移行する際の手数料も無料です。

 

 移行期間

1週間ほどで、移行先である航空会社のマイルに反映されます。

 

マイル以外の交換 〜こだわりの逸品

ポイントを家電やグルメな商品に交換できます。

例えば、最近はやりのBALMUDA 。

「BALMUDA The Range ブラック」の必要ポイントが110,000。

ANAマイルに交換した場合、110,000マイルとなります。

110,000マイルあれば、ヨーロッパ往復、ビジネスクラス1人分のチケットが取得可能なレベルです。

ヨーロッパビジネスクラス往復にかかる費用は、以下にも記載しましたが・・・、

成田からビジネスクラス搭乗! 〜ブリュッセル、クロアチア・ザグレブを経由してドゥブロブニクへ【2016年11月・ヨーロッパ旅行】1

 

普通に買うと、航空券だけで、160万円。。。

以上から、旅行好きな人からすると、商品に交換するのは大変もったいない使い方となりますので、オススメしません。

 

 Tポイントに交換できます

2,500ポイント=1,000ポイント

マイル価値を考えると、こちらも上記同様で、できれば避けましょう。

 ポイント・キャッシュバック

貯まったポイントを銀行口座にキャッシュバックできるようになります。

ダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードで金額が異なります。

マイル価値を考えると、こちらも上記同様で、できれば避けましょう。

プレミアムカードの場合、10,000ポイント=5,000円となります。

 

 ポイント・ペイ(旧:ご利用代金充当プログラム)

カード利用分をポイントで支払いできます。

ダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードで金額が異なります。

マイル価値を考えると、こちらも上記同様で、できれば避けましょう。

プレミアムカードの場合、100ポイント=50円となります。

10,000ポイント以上から100ポイント単位で交換できます。

 

ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ利用が可能

ダイナースが銀座の一等地、銀座四丁目交差点に近い場所に所有するラウンジを無料で利用することができます。

【ラウンジ】銀座のど真ん中でくつろげる空間 〜ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ

銀座の周辺でのお買い物やお散歩で休みたいときに大変バリューのあるサービスです。

銀座ダイナースクラブカード所有者も使えるのですが、プレミアムカード所有者はくつろげるスペースが倍となりサービスも格段にアップしたプレミアムエリアの利用が可能です。

我々は銀座を経由して用事がある際には便利なので必ず利用しています。

 

ダイナースクラブプレミアムカードではなく、単純にこのラウンジ利用をしたいという場合は銀座ダイナースクラブカードを取得することで利用が可能です。

こちらは通常のクレジットカード申込時の審査のみで取得が可能です。

また、銀座ダイナースクラブカードを所有することで、こちらのラウンジだけではなく、大丸東京店にあるラウンジも利用が可能です。

銀座ダイナースクラブカード入会に関する詳細はこちらから。

 

銀座ダイナースクラブカードについての詳細については、以下にて解説しております。

銀座ダイナースクラブカード 〜大丸東京店や銀座四丁目近くにあるプレミアムラウンジ利用が可能!さらに銀座でのショッピングでポイントアップできる価値ある1枚!

プライオリティパスが無料で手に入る

プライオリティパスは、世界各国の約1,000もの空港ラウンジが利用できるサービスです。

海外旅行時の、空港での時間の過ごし方を大変ゆとりあるものにしてくれます。

いくつかグレードがあり、年会費がUS$399もかかる「プレステージ」会員の資格が無料でゲットできます。

本人会員のみならず、家族会員用のプライオリティパスも発行でき、大変利便性の高いサービスとなっております。

 

しかしながら、同伴者は無料とはなりませんので、その分の料金が発生します。

プライオリティパスの詳細解説はこちら。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

 

 プライオリティパスで利用できるラウンジ(例)

プライオリティパスの使える空港ラウンジは、日本の空港ラウンジにあるラウンジと比べるとフード&ドリンクが充実しています。

特にドリンクはアルコールの提供もあり、お酒を飲まれる方にとってはかなり価値の高いラウンジです。

 

ご参考まで、過去プライオリティパスを利用した際の空港ラウンジレポートは以下の通りです。

香港国際空港のラウンジ。

LCC・香港エキスプレスで入国!【2017年5月・香港旅行】1

 

インディラ・ガンディー国際空港のラウンジ。

インド空港ラウンジ散策、エアインディア搭乗記 〜インドからイタリア・ミラノへ【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】6

 

クアラルンプール空港のラウンジ。

インドへのトランジット、クアラルンプール空港内ホテルにて過ごす【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】2

 

台湾の桃園国際空港のラウンジ。

【空港ラウンジ】桃園国際空港(第2ターミナル)にてプライオリティパスの使えるラウンジはやはり快適!【2019年5月・台湾旅行】

 

デュッセルドルフ空港のHugo Junkers Lounge。

【空港ラウンジ】Hugo Junkers Lounge利用レポート 〜デュッセルドルフ空港にある、プライオリティパスで利用できるラウンジ

などなど。

これらは、利用できる空港ラウンジのほんの一部です。

コンシェルジュサービス

ブラックカードならではの、コンシェルジュサービスです。

なんと、24時間・年中無休、フリーダイヤルで利用ができます。

そして、専任の担当もつきますので秘書のように利用させて頂いていまして、何かとお世話になっています。

※ダイナースクラブプレミアムカードのウェブサイトから引用させて頂きました。

具体的には、レストラン予約や旅行、鉄道の手配など、要望を伝えて手配してもらえます。

自分で探さずして、最適なプランを提示してもらうことが可能です。

 

我々は、レストラン予約で大変活用させてもらっています。

予約が必須でなかなかとりづらいお店も、お願いが可能です。

一休.comレストラン ダイヤモンド会員資格をゲット

国内最大級のレストラン予約サイト、一休.comレストランの最上位・ダイヤモンド会員を無条件でゲットできます。

1時間先行予約ができ、他の会員よりも先行して予約ゲットできます。

また、レストラン、海外・国内ホテルの予約において、他の、レギュラー(1.0%)、ゴールド(1.5%)会員に比べて付与率が高く、2%のポイントがつきます。

ダイナースクラブプレミアムカード・付帯保険

ブラックカードだけあって、充実の保険内容です。

カード会員本人だけではなく、その家族も対象される家族特約がついています。

 

 国内旅行傷害保険

最高1億円の補償を受けることができます。

補償内容

死亡・後遺障害: 最高1億円(家族特約:最高500万円)

入院:日額 5,000円

手術:手術の種類に応じて 5万円・10万円・20万円

通院:日額 3,000円

 

 海外旅行保険(自動付帯)

※自動付帯:カードを所有しているだけでついてくる、という意味です。

日本を出発してから最高3ヵ月まで、補償が受けられます。

 

補償内容

傷害死亡・後遺障害:最高1億円(家族特約:最高1,000万円)

傷害治療費用:1,000万円(家族特約:200万円)

疾病治療費用:1,000万円(家族特約:200万円)

賠償責任:1億円 (家族特約:2,000万円)

携行品損害:100万円 (家族特約:50万円)

救援者費用:500万円 (家族特約:200万円)

 

 海外緊急アシスタンスサービス

海外旅行中に病気・ケガなどにあっても、24時間・年中無休でサポートがうけられる、エマージェンシーアシスタンス

海外からも相談ができる、緊急医療相談サービス

東京海上日動が提携している病院において、その場で(海外でも)自己負担することなく治療が受けられる、キャッシュレス・メディカル・サービス

 

など、ダイナースクラブカードよりもさらに充実したサービスをうけることができます。

いざというときに、なれない海外だったとしても安心できます。

海外にいても、日本につながる電話番号があります。

 

 海外航空便遅延費用保険(自動付帯)

海外旅行中の航空便の遅れによる負担もダイナースがカバーします。

 

補償内容

乗継遅延費用:2万円

出航遅延・欠航・搭乗不能費用:2万円

受託手荷物遅延費用:2万円

受託手荷物紛失費用:4万円

上位カードであるダイナースクラブプレミアムカードの場合は、航空会社の遅延や欠航に伴う補償もカバーされており、より手厚いサービスを受けることができます。

 

2017年7月のヨーロッパ旅行において、ロストバゲージ(遅延)にあい、数日着替えを別途調達しなければならないことがありました。

ロストバゲージになってしまったら・・・その対処についてのまとめ

実際にダイナースの保険サービスを利用することはなく、遅れた航空会社(エールフランス)に請求し、無事、全額返金されました。

こういうサービスもあるのか、このくらいの金額までだったら自分で負担して後で請求しよう、という気づきがあり、その手厚さを確認することができました。

 

 有料サービスもあります 〜海外旅行保険 プラス

カード付帯保険にプラスして、さらに補償を手厚くしたい方やご家族の補償をご希望の方のために、追加で支払うことで加入できる「海外旅行保険 プラス」もあります。

こちらはクレジットカードに付帯する保険サービスではなく、別途、保険に加入する形となります。

 

上記に加え、プレミアムカード会員向け有料サービスがあります。

プレミアムカード会員向け有料サービス

傷害死亡補償:1億5千万円

疾病死亡:1,500万円

携行品損害:150万円

といった、さらに手厚くなったサービスを受けることができます。

さらに、治療費が高額になった場合の「治療・救援費用保険金額無制限タイプ」といったサービスもございます。

プレミアムカードを手に入れるためには

プレミアムカードを手に入れる前提として、

ダイナースクラブカードをつくって実績をつみ、ダイナースからのインビテーションを待つ必要がございます。

ご参考まで、ダイナースクラブカードの詳細については、以下で詳しく解説しています。

グルメを楽しむ人に最上のクレジットカード 〜ダイナースクラブカードを実例交えてご紹介!

 

ダイナースクラブプレミアムカードを取得までの流れについて、以下にて解説しております。

ダイナースクラブプレミアムカードを取得するための方法を詳細解説!


しかし、まだダイナースクラブカードを持っていないかたで、プレミアムカードを検討されている方がおられましたらご一報下さい。

一足飛びに取得できる方法もなくはありません。

私からのご紹介でのアップグレードも可能な場合がございます。

この件について、以下にて詳しく解説しております。

ご興味のあるかたはどうぞ!

ダイナースプレミアムカードの紹介制度 〜当方からご紹介可能ですよ!

 

以上です

2 COMMENTS

かず

コパ様、

お問い合わせありがとうございます。

コメント欄にご記載のメールアドレス宛でメールいたしましたのでご確認ください。
合わせて迷惑メールボックスもご確認いただけたらと思います。

よろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください