* 2019年7月 ウィーン・パリ旅行記 掲載中 *

【空港ラウンジ】成田アライバルラウンジ(第1ターミナル) 〜海外からの旅の疲れが癒やせます

 

2018年7月、ミャンマーに行ってまいりました。

 

以下はそのスケジュールです。

ミャンマー旅行スケジュール
 〜ヤンゴンは外資系ホテルが意外にも多くて安いです【2018年7月】
https://mashichan.com/entry/201807-myanmar

 

帰国後、すぐに自宅に帰らず、空港で休憩としました。

到着後にシャワーも浴びられ、軽食も取れるラウンジが成田にあります。

 

 

 

成田アライバルラウンジ(成田空港第1ターミナル)

場所・行き方

国際線到着後、まずは、南ウィング到着ロビーを目指します。

 

方向としては、国内線方面にあります。

看板の指示に従います。

成田アライバルラウンジとはありません。

 

向かっていると、右手に見えます。

 

さらに歩くと、右手に国内線チェックカウンターが見えてきます。

 

 

 

端のほうにくると、「航空会社ラウンジ」の看板が見えてきます。

ここまでくるとすぐそこです。

 

ANA Arrival Loungeの看板があります。

 

 

外観

 

航空券を提示して入室します。

 

内装

入ってすぐに、シャワールームがあります。

こちらは受付で申込して順番待ちする必要があります。

5人ほど並んでいて、40分ほどの待ち時間が発生していました。

 

さらにビジネスマン向けのデスクコーナー。

 

中はソファなどならんでいます。

広いです。

 

 

清潔感ありますね。

 

Wifi接続

ANAラウンジですので、wifiも他と同じやり方でログインできます。

アクセスポイントを探します。

性別、年齢、アドレスをいれてサインします。

 

 

 

フード&ドリンクコーナー

フードコーナー

こじんまりとしていますが、最低限の品揃え。

 

おつまみ系のおかき。

 

チョコ。

 

パンもほんとうにわずかですがありました。

 

 

サンドウィッチ、

 

おにぎりなどもございます。

 

 

ドリンク

 

コーヒー、紅茶、ソフトドリンクなどございます。

 

 

ビールや日本酒などアルコールもあります。

出発時に利用するラウンジですと朝からアルコールの人をよくみかけるのですが、到着ラウンジですのでみなさん疲れているのか、見ている限り、このラウンジでアルコールを飲んでいる人はいなかったです。

 

冷蔵庫にもジュース、牛乳、グラスがあります。

 

 

まとめ

到着ラウンジは、普段利用するANAラウンジとはフード、ドリンクの品揃えが異なります。

あまりないですが、あまり食事を求めているというよりは少し休む場所やシャワー利用、ネットなどの活用がありかなと思います。

 

実際にそんな光景でしたし、我々も同様でした。

 

 

以上です

ご参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE