【空港ラウンジ】成田空港・国際線(第2ターミナル)ラウンジまとめ 〜出国前エリア編

成田空港第2ターミナルの国際線、セキュリティチェック前のエリア(ランドサイド)での空港ラウンジレビューとなります。

先日の5月連休(2019年5月)を使って、台湾(高雄、台北)に旅行に行ってきました。

台湾(台北、高雄)旅行スケジュール 〜5月GWに行ってきます【2019年5月】

来年(2019年)5月のゴールデンウィーク(GW)連休に、台湾に行きました。 2016年7月にも行ったことがあり、3年ぶりです。 その台湾旅行については、こちら。 台...

その際、LCC利用でして、航空会社のラウンジを利用できませんでしたので、今回のようないわゆる一般ラウンジを利用しました。

各ラウンジ、Wifiが完備されていますし、1つはアルコールも1杯まで無料ですので、ちょっとした利用に向いてます。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ラウンジマップ(4F)

国際線の出発階(3F)からのぼって、4Fにございます。

フロアの両端に位置します。

(赤の四角で囲ったところです。)

T.E.I.ラウンジ(68番)

ビジネス&トラベルサポートセンターという名目で、ラウンジサービスが提供されています。

場所

上記案内図の右にあります。

営業時間

7:00~21:00

外観

玄関に利用できるクレジットカードが記載されています。

料金

利用料金(1人あたり、大人1,300円)

所定のクレジットカード、プライオリティパスがあれば無料で利用が可能です。

クレジットカードは、ダイナースクラブカードの他、VJAグループ(三井住友カードなど)、Life、ジャックス、ドラゴンパス、楽天カード、オリコカードなどで入ることができます。

上記のクレジットカードがないと利用できない、というわけではなく、利用料金(1人あたり、大人1,300円)を払えば利用可能です。

プライオリティパスで利用可能なラウンジです

プライオリティパスについては、以下にて解説しております。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

今回は、海外旅行時に大変活用させてもらっている、 プライオリティパスというサービスについてご紹介致します。 我々が海外の空港ラウンジを利用する際に大活躍していまして...

日本以外の空港ラウンジで大活躍します。

落ち着いた空間の中、搭乗までの時間の過ごし方がたいへん充実します。

内装

コンパクトなスペースですので、ソファ席ですが、奥に行くほどほぼ席の間隔がありません。。。

寝ている人いますが、受付では各人のフライトまで管理をしているわけではないので、乗り遅れのないようご注意を。。。

電源あります

電源がありましたが・・・。

無造作に電源タップがありました。。。

Wifi使えます

ドリンクコーナー

よくある、ベンディングマシンのタイプです。

ソフトドリンク利用は無料ですが、アルコールは有料となります。

若干インターフェースが違っていて、好みを選ぶような画面となっています。

中身はよくあるドリンクですね。

お湯もあります。

その他サービス(無料)

新聞・雑誌の閲覧サービス

携帯電話充電サービス

その他サービス(有料)

ビジネス&トラベルサポートセンターという名目で、ラウンジサービスが提供されていますので、ビジネス用途のサービスがいくつかあります。

FAXサービス

コピーサービス

プリントアウトサービス

名刺作成サービス

冬季衣類お預かりサービス(有料/12月~3月 ※開始・終了は毎年変動)

昭和なサービス、FAXも無料で使えます。

季節が逆の場所に行って帰る際には、衣類預かりサービスはよいですね。

ラウンジ前に団体向け待合室があります

こちらは団体向けで都度利用されているようですが、別途、個人向けのラウンジとして「トラベラーズラウンジラシュラン」があります。

Traveler’s Lounge Rassurants(トラベラーズラウンジラシュラン)

クレジットカード会社との提携のない、一般向け有料ラウンジとなっております。

場所

こちらは、上記案内図の左側のエリアにあります。

営業時間

8:00~20:00(年中無休)

外観

料金

大人(13才以上)1,030円 / 小人(6~12才):520円 / 幼児・乳児:無料

サービス内容

入室しませんので、中はどうなっているかわかりませんが、

ウォーターサーバー、

コーヒーサーバー、

新聞・雑誌、

リクライニングシート(2席/室)、

フライト情報、

Wi-Fi

となっており、一通りのサービスが提供されています。

ドリンクはジュース類はなさそうですね。

なお、以下のリンクに概要が記載されています。

トラベラーズラウンジラシュラン

IASS Executive Lounge 2

場所

こちらも、上記案内図の左側のエリアにあります。

営業時間

7:00~21:00

外観

玄関に利用できるクレジットカードが記載されています。

料金

利用料金(1人あたり、大人1,300円)

提携クレジットカード

JCB、UC、三菱UFJニコス、アメリカン・エキスプレス(日本国内発行のみ)、オリコ、エポス、エムアイカード、APLUS、プライオリティパス、イオンカード

こちらのカードがあれば、無料で利用ができます。

プライオリティパスで利用可能なラウンジです

プライオリティパスについては、以下にて解説しております。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

今回は、海外旅行時に大変活用させてもらっている、 プライオリティパスというサービスについてご紹介致します。 我々が海外の空港ラウンジを利用する際に大活躍していまして...

日本以外の空港ラウンジで大活躍します。

落ち着いた空間の中、搭乗までの時間の過ごし方がたいへん充実します。

内装

比較的大きめスペースです。

70〜80名ぐらいですかね。

こちらは広々ですが、利用者が多く、ごちゃごちゃしています。

電源・USBポート、あります

座席ごとにほぼあります。

便利なのが、USBポートがあることです。

Wifiあります

ドリンクコーナー

コーヒー、ジュース、ティーパックなど各種ございます。

紙コップでの提供となります。

かなり紙コップがつみあげられていて、前面にでっぱっています。。。

ソフトドリンク利用は無料の他、こちらのラウンジは、1杯だけアルコール(缶ビール、缶ウィスキー)が無料です。

必要な際は、受付で伝えましょう。

柿ピーも置いていまして、朝なのに、アルコール率、高いです。

横の小さい小分けに入れてとっていくようになっています。

その他サービス(無料)

新聞・雑誌の閲覧サービス

FAXサービス

昭和なサービス、FAXも無料で使えます。

まとめ

上記掲載のラウンジは、提携クレジットカードを所有することで無料で使える点はメリットです。

上記、少なくとも、電源があり、Wifiがつながる、という必要最低限なサービスがありますので、利用出来ることを覚えておくとよいと思います。

また、航空会社運営のラウンジに比べると、フード類がない、シャワーがない等サービス内容が下がりますが、ソフトドリンクが飲めますし、IASS Executive Lounge 2のような一部ラウンジであれば、1杯までアルコールが飲めますので利用価値はあるかと思います。

その他注意点としては、保安検査場前のエリアですので、その後の搭乗手続きがありますので、時間を気にしながら過ごさなくてはいけません。

セキュリティチェック後であれば、搭乗時間ギリギリまで滞在できるのですが、そういう使い方はできませんのでご注意を。

以上です

ご参考になれば幸いです。