* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

LCC・タイガーエア台湾で成田空港から台湾・高雄へ【2019年5月・台湾旅行】1

 

5月のゴールデンウィーク(GW)連休に、台湾に行きました。

前情報だと、滞在中ずっと雨マークでしてせっかくの台湾旅行なのにと気分が下がり気味でしたが、雨はほとんど降らずで結果としてはよかったです。

台湾の天気情報が当てにならないかということを実感しました。

今回、LCCのタイガーエア台湾を利用しました。

3〜4時間ほどでいける身近な外国、台湾ですので、マイルやビジネスクラス利用はよっぽどのことがないかぎりもったいないです。

LCC・タイガーエア台湾

タイガーエア台湾とは

参考 タイガーエア台湾公式

台湾の台湾桃園国際空港をハブとしているLCCで、本拠は台湾です。

現在、チャイナエアラインの子会社となっています。

就航都市

5つの国と地域を結んでいます。

日本線が大変手厚くカバーされています。

就航都市

台湾 : 台北/桃園、台中、高雄

日本 : 旭川、函館、花巻、仙台、茨城、東京/成田、東京/羽田、名古屋/中部、小松、大阪/関西、岡山、福岡、佐賀、那覇

韓国 : 釜山、大邱、済州

マカオ : マカオ

タイ : バンコク/ドンムアン

LCC・タイガーエア台湾の航空券費用

旅行時期が5月連休、ゴールデンウィークということもあり、高めの時期となる上、今回の訪問時期は10連休という事情もあり、2018年12月のセールの時点で航空券を予約しました。

予約した際の記事はこちら

LCC・タイガーエア台湾のダイヤ発表を予測して、有効に航空券をゲットしましょう 〜傾向と対策を解説!

セールを狙いました

と同時に、ゴールデンウィークを含む夏ダイヤのスケジュールがリリースされます。

そのタイミングを狙いまして、無事要望通りのフライトをゲットできました。

そのときの記事がこちらです。

タイガーエア台湾の夏ダイヤの先取りセールで成田〜高雄便をゲットしました!【2019年5月・台湾旅行】

運賃タイプ

運賃タイプが3種類(tigerlight、tigersmart、tigerpro)あります。

 tigerlighttigersmarttigerpro
機内持ち込み手荷物
座席指定要サービス料
tigerbuddyの座席指定無料

すべての座席指定無料
受託手荷物要サービス料
預け入れ手荷物20㎏まで無料

預け入れ手荷物20㎏まで無料
エコノミーミールセット要サービス料要サービス料
搭乗便の日付または時間の変更1回要サービス料要サービス料
差額は、別途支払
価格チケット価格チケット価格+
twd850 / thb970 / hkd240 / jpy3,400 / krw33,000 / usd31
チケット価格+
twd1,600 / thb1,810 / hkd450 / jpy6,300 / krw62,000 / usd57

今回、一番安いtigerlightを購入しました。

シートタイプ

Tiger Comfort(紫色)、Tiger Quicker(青色)、Tiger Buddy(黄色)という構成となっています。

シート幅は21インチ(約53cm)、

シート奥行きは16インチ(約41cm)

となっており、座席間隔(シートピッチ)が各グレードにより異なります。

Tiger Comfort

1、12、13列目の座席となります。

1列目の座席のシートピッチは43インチ(約109cm)、12列目と13列目の座席のシートピッチは38インチ(約96cm)。

今回、紫のTiger Comfortを確保しました。

Tiger Quicker

青の座席が2〜4列あり、前の方にある座席、ということでシートがわけられています。

以下のTiger Buddyとかわりません。

Tiger Buddy

青の座席の後は黄色のシート(5~11列目および14~30列目)が続きます。

Tiger Comfortを確保

トータルだと片道、2人で36,620円。

うち、追加料金は、我々が購入した際は、1,800円(1人あたり)。

1人当たり、約18,300円

5月の連休、Tiger Comfort利用も考えると安いと思います。

成田空港(第2ターミナル)へ

ということで、無事チケットも確保して、準備を整え、台湾旅行に出かけました。

JR・成田エクスプレスで移動

成田までの移動に際しては、JRの成田エクスプレスを利用しました。

最近高速バス移動ばかりでしたが、確実に時間通りに到着する上、たいへん早いです。

例えば渋谷からだと、1時間20分ほどでつきます

料金は、成田エクスプレス利用だと、2人で、乗車券・特急券込みで、7,120円でした。

高速バスも時間的には変わりないのですが、連休ですので時間の読める電車を利用しました

参考まで、東京空港交通・リムジンバスで、例えば渋谷から成田空港まで高速バスで移動すると1人3,100円です。

こちらも実は、1時間20分ほどでつきます。

電車かバスかの決定的な違いとしては、バスは道路事情や時間帯、時期により大きく時間が変更になる可能性があります。

しかし、電車の場合はよっぽどの大事故がない限り到着が遅くなるケースは皆無です。

ということで、やはりJRの方がお高いですが、時間の余裕がないときは電車利用がベターです。

成田空港第2ターミナルに到着

定刻通り、成田空港に到着。

連休で、しかも10連休なので、さぞかりごったがえしているのかと思いきや、ガラガラです。

そのほうがストレスがないので、よいのですが、海外行く人減っているのでしょうかね。。。

ラウンジ(出国前エリア)

タイガーエア台湾のチェックインカウンターは出発の2時間30分前に対応となりますので、その間ラウンジでくつろぎます。

まだ保安検査場を通っておりませんので、出国前エリアのラウンジとなります。

その場合、必然的にドリンクのみのラウンジ利用となります。

かつ、出国前のエリアには、航空会社運営のラウンジはありません。

ラウンジは4Fにあります

国際線の出発階(3F)からのぼって、4Fにございます。

フロアの両端に位置します。

(赤の四角で囲ったところです。)

 

 T.E.I.ラウンジ(上記68番)

所定のクレジットカード、プライオリティパスがあれば無料で利用が可能です。

利用可能な主なクレジットカード

クレジットカードは、ダイナースクラブカードの他、VJAグループ(三井住友カードなど)、Life、ジャックス、ドラゴンパス、楽天カード、オリコカードなど

クレジットカードがなくても、料金(大人1,300円)を払えば利用できます。

コンパクトなスペースです。

ソファ席ですが、奥に行くほどほぼ席の間隔がありません。。。

Wifiも完備されていますのでよいのですが、小休止程度の利用ですかね。

ソフトドリンク利用は無料ですが、アルコールは有料となります。

 

 Traveler’s Lounge Rassurants(トラベラーズラウンジラシュラン)(上記23番)

こちらのラウンジは、いわゆる有料ラウンジで料金が必要なラウンジとなります。

1人1,030円で利用ができます。

 

 IASS Executive Lounge 2(上記22番)

該当するクレジットカードがあると無料で利用できるラウンジがもう1つあります。

こちらのラウンジは、1杯だけアルコール(缶ビール、缶ウィスキー)が無料です。

必要な際は、受付で伝えましょう。

こちらは広々ですが、利用者が多いです。

柿ピーも置いていまして、朝なのに、アルコール率、高いです。

チェックインカウンターへ

時間がきたので、チェックインの手続きです。

3Fのチェックインカウンターに出向きますと、すでに並んでいました。

今回の便は、11:50出発で、9:20に搭乗手続き開始、

11:05に終了、となっております。

LCCですので、重量のみならず、大きさも考慮しなければなりません。

イレギュラーサイズでないか、改めてチェック。

参考まで、重量については、LCC各社でオペレーションが若干異なるものの、ある程度共通する基準がございます。

こちらにて解説しております。

日本発着の主要なLCC各社の国際線手荷物制限規定まとめ(2019年版)

預け入れの荷物(受託手荷物)について、1つの荷物が制限の10kg(1人10kg)を超えているのですが、2人で1つの荷物を預ける際は、2人で20kgまでとなります。

ですので、上記はセーフです。

受託手荷物の他、機内持ち込みにもこのようなタグが付きます。

重量数も記載されます。

パスポートを渡してチェックイン手続きです。

このようなシールがありますが、これは優先搭乗が可能なシールです。

搭乗時、シート上の荷物入れは争奪戦になります。

早めに搭乗することが重要です。

今回、追加料金を払ってTiger Comfortというシートを確保しておりますので、安心です。

保安検査場

最近は、ノートPCやiPhone、iPad、モバイルバッテリーなどがありますので、いちいちパッキングした荷物から出して一苦労します。

入れたままチェックできるシステムできませんかね。。。

いまだ昭和的なルーティーンなセキュリティチェック。

出国手続き完了

パスポートを見せて、出国手続き終了。

出国手続き後のエリアにもラウンジがあります

出発まで時間を過ごします。

LCC利用の場合、上級会員の航空会社ラウンジ利用はできません。

航空会社のラウンジがいくつかあります。

アメリカン航空、チャイナエアライン、キャセイ、エミレーツなどありますね。

そこで、プライオリティパスの登場となるのですが・・・。

プライオリティパスで利用出来るラウンジはございません。

海外の空港だと、国を代表する空港でなくとも普通に存在しますが、日本にはありません。

各ラウンジに来ては質問がきているのでしょうね・・・このような札が立っていました。

ということで、制限エリア内のレストランを利用したのですが、選択肢がほぼなく、2つしかありません。

しかも、お値段も高いです。

海外の空港を利用しているとどうしても比較してしまうのですが、日本の空港とのサービスの違いを見せつけられる場面です。

いよいよ出発

登場時刻になりましたので、出発ゲートに向かいます。

出発前でしたので、かなりごったがえしていました。

搭乗に際しては、このように列が分けられております。

左が一般、右が優先レーンです。

今回のチケットはTiger Comfortですので、右側に並びます。

いよいよ搭乗して、台湾・高雄に向かいます。

オプショナルツアーという選択肢

台湾旅行は他の国に比べて非常にリーズナブルなうえ日本からのアクセスも大変便利。

現地ツアーを取り入れることで、より華やかな旅行にすることも可能です。

千と千尋のモデルとなった九份をはじめ、様々なツアーがあり、なんといっても全ツアー安心の日本語対応。

タビナカ でツアーや料金などを検索!

次はこちら

タイガーエアで高雄に向かいました。

タイガーエアに搭乗した際の記事はこちらです。

LCC・タイガーエア台湾で成田から高雄へ 〜一番シートの広いTiger Comfortを利用しての感想、快適性について他の座席との比較も交えレポート!【2019年5月・台湾旅行】2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください