* 2019年・年末年始 パリ旅行決定〜! *

インド・ニューデリー市内を観光【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】4

 

2017年9月、インド・ヨーロッパを旅行してきました。

全体のスケジュールはこちら。

インド・ヨーロッパ旅行にいってきました 〜11日間のスケジュール【2017年9月】

前回はこちら。

これでバッチリ! 〜インド入国時に必要なアライバルビザの申請方法をまとめました【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】3

本記事は3日目、インド・ニューデリー観光が主となります。

3日目 〜インド観光・その1

インド到着後、インドの日本人駐在員の友人宅へ

何とか空港でアライバルビザをとり、友人と合流。

すでに深夜、翌土曜日0時となっていました。

彼の車で自宅へ移動します。

高速道路を使って空港からデリー郊外の都市・グルガオン(Gurgaon)に向かいます。

インドの自動車事情

この辺りはアメックスやデル等外資系企業も多くあり、日本人駐在員も多く住むマンションがある地区なのですが、高速が大渋滞でした。

たま〜に検問をやるようなのですが、原因はわからず。。。

車関係のお話しでいうと、写真にはとっておりませんが、インドでは車でも譲り合う精神が一切ありません。

先に行ったもの勝ちです。

ですので、ちょっとでも先に行こう行こうとして結果車が詰まり渋滞が多々起きると聞きました。

また、日本人駐在員の事情でいうと、大手企業になりますが、移動やセキュリティ面を考えて車とドライバーが会社から与えられているケースが多いです。

日本でそれを考えると重役クラスというイメージで(彼は日本からの代表で出向していますが、課長級の役職です)、実際スゴイ待遇だなと思ったのですが2日間インドにいるとそれは必要だなと実感する場面が多々ありました。

宿泊先に到着

さてさて、何とか1時ごろ、到着。

今回のインド宿泊においてはホテルをとらず、以前の会社で一緒だった同期がインドに駐在しており、その空いた部屋をかりました。

今回、2日ほどインドに滞在しましたが、その際観光の案内も含めて大変お世話になりました。

プリペイドSIMも問題なく接続

インド国内に入ってからも、クアラルンプールから利用しているプリペイドSIM、全く問題なく利用できました。

15日間3GBの容量が使え、3,500円くらいでした。

通信は3G/4Gが使えます。

アジアからヨーロッパまで対応の国の記載もあり、幅広く使えて安くて便利ですよ。

デリー門

まず行ったのが、デリー門。

地区としては、ニューデリーとなります。

車から降りるや否や、買ってくれ写真撮りますの人達が群がってきます。

一緒の彼は勝手知ったるところでもあるので、あしらいながらデリー門に向かいます。

凱旋門を元にしているのですね。

道理でデザインが近いわけです。

パリ・凱旋門のように近づけず。

ある一定の場所から入ろうとすると、銃を持った軍の方に注意されます。

単なる注意ではないのが、雰囲気から感じられます。

これは慰霊碑として立てられているモニュメントになっており、

見づらいですが、戦没者の名前が刻まれているようです。

周りは政府機関も集まっており、

この辺りになると、さすがに物売りは近づいてきませんが、銃を持った方々が監視しています。

大統領官邸

近づけるところギリギリで撮影。

ジャーマー・マスジッド

次は、ジャーマー・マスジッド(Jama Masjid)というモスクに向かいます。

インドはイスラム教もわずかながらおり、もともと支配していたムガル帝国がイスラム教だったこともあり、その建築、モスクも残っています。

(ある意味)絶対に車がないと行けない場所です。

というのは。。。

道は単純なのですが、歩いて行くとバイクや車、地元民にまみれて到達できないどころか迷子になりそうです。

道も狭く、車でもなかなか進みません。

車をおり、ドライバーさんに待機してもらい、モスクに入ります。

こんな場所にあります。

靴を脱いで入ります。

裸足でも靴下でもOKです。

お金を払いましたが、彼がすべてやったため料金はわからず。。。

観光的な方というよりは、礼拝に来ている人が多かった印象です。

ランチ 〜サガール・ラトナ

向かったのは、コンノートプレイスという道路が円状となった地区。

ニューデリー駅の南側にあります。

車で行った上、彼の案内でドンドン進んだため、地理感覚が全くわかりません。。。

お店は、サガール・ラトナ(Sagar Ratna)というインドレストラン。

インドでも有名なお店のようで、ハズレがないということで彼紹介のもと、行きました。

外観

こちらが玄関。

衛生的には問題なさそうです。

オーダー

まずは水。

インドの食器類はこういったステンレス製のものがでてきますね。

なんでもかんでも辛いです。

韓国はキムチですが、こちらはマサラが何かしら入っている感じです。

こちらはドーサ。

中にポテトが入っています。

チャパティ、カレーのセット。

インド米。日本のお米に比べて細くて長いです。

バターチキン。

豆の入ったもので、この2点は日本人にもなじみがあるカレーです。

他に漬け物的なものもあり、箸休めもできるものもございます。

 

お口直し。

ショッピングモールへ

インドにも郊外にショッピングモールがあります。

H&Mやマクドナルドなどお馴染みのお店が入っています。

ここだけ切り取ると、インドをあまり感じません。

アンビーンスというショッピングモールです。

モール内の広場でバスケットボールの3on3の大会?をやっていました。

日本のROYCEが近々オープンらしいです。(2017年9月時点)

地下にはスーパーも入っており、食料品や野菜なども売っています。

歩いていると彼の知っている日本人に何人か出会いました。

行くところはだいたい同じなのですかね。。。

次回に続きます

インド観光の定番、タージマハルに向かいます。

デリーから高速でいっても4時間かかる場所でして、早起きが大変でした。。。

タージマハル観光 〜現地駐在日本人がオススメ!定番だがはずさないインド観光半日コース【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】5

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE