人気レストラン予約サービス・一休.comレストランはダイナースのポイントモール経由がおトクです

レストラン予約サイトの一休.comレストランは、人気のお店、質の高いお店がラインナップされ、

プランも多様で我々も時々利用します。

その際、一休.comレストランから直接予約するのは大変もったいないです。

予約時は、ポイントサイトを利用するのが得策です。

特に、クレジットカード各社でポイントサイトがございますので、それを経由することで、

ポイントサイトのポイント

クレジットカード利用時のポイント

一休.comレストランのポイント

三重取りも可能です。

今回、

どこのポイントサイトがよいのか?

どのクレジットカードがよいのか?

主要なクレジットカード会社のポイントモールを比べてみました。

先日、一休.comレストランで予約して帝国ホテルのアフタヌーンティーで実際に利用してきましたが、その際の内容も交えながら解説致します。

帝国ホテルのアフタヌーンティーのレポートはこちら。

帝国ホテル最上階、窓側から皇居を眺めながらのアフタヌーンティー!

先日以下でご紹介しました、レストラン予約サイトの一休.comレストラン。 ダイナースクラブプレミアムカードで、 一気に一休.comプレミアサービスのダイヤモンド会員に! ...

なお、我々は旅行好きということもあり、ポイントは航空会社(ANA)のマイルに交換することを前提としておりまして、マイルに移行するといくら、という形で算出しております。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

一休.comレストランとは

国内最大級のレストラン予約サービスです。

一休.comにも一休.comプレミアムサービスというステータス制度があり、最上位はダイヤモンド会員です。

ダイナースクラブプレミアムカードをもっていると、一気にそのダイヤモンド会員の資格がゲットできます。

以下の記事で、ダイヤモンド会員のメリットに触れながら、一休.comレストランについて詳しく解説しています。

ダイナースクラブプレミアムカードで、
一気に一休.comプレミアサービスのダイヤモンド会員に!

普段、還元率の高さもありクレジットカード利用時にはダイナースカード(プレミアムカード)を最優先で利用しています。 その他、ダイナースクラブレストランウィークなどのグルメイベント、2人利用...

予約にあたって

予約はウェブサイトとなりますが、その際、一休.comレストランのウェブサイトから直接予約するのは大変もったいないです。

必ず、ポイントサイトを利用しましょう。

どのポイントサイトがよいのか

多くのポイントサイトがあり、正直判断に迷います。

今回は、クレジットカード会社の主催するポイントサイトを利用した際にどこがオトクか、ある程度評価の高いサイトを前提として、以下確認したいと思います。

以下前提としまして、それぞれサイトを運営する会社のクレジットカードを所有していることが前提です。

そもそも、クレジットカードがないと、ポイントサイトを経由したところでポイントがつきませんので、ポイントサイトを経由した意味がなくなってしまいます。

クレジットカードを所有し、それを利用することで相乗効果がでてまいります。

個別にみていきます。

対象

帝国ホテルのアフタヌーンティー予約をしたとして、どこがオトクか確認したいと思います。

1人あたり5,000円となります。

5,000円として計算してみます。

ダイナースクラブカード・ダイナースクラブポイントモール

ダイナースクラブカードの運営するポイントサイトです。

結論申しあげると、これが数ある中で一番コストパフォーマンスが高いです。

さらに、利用時には当然ながら、ポイントサイトを主宰するクレジットカードを利用しましょう。

そのクレジットカードの特徴もあわせて確認していきます。

ダイナースクラブカードのポイント

ダイナースクラブカードのポイントの名称は、

正式には、ダイナースクラブ リワードポイントです。

特徴としましては、2点ございます。

主なクレジットカードとして、ダイナースクラブカードと、ダイナースクラブプレミアムカードをご紹介します。

ポイント還元率

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、100円ごとに1ポイントが貯まります。

還元率にして、1%となり、高還元の部類に入ります。

ダイナースクラブカードについては、以下で徹底解説しています。

ポイント還元のみならず、特にグルメ利用でさまざまメリットの高いカードです。

グルメを楽しむ人に最上のクレジットカード
〜ダイナースクラブカードを実例交えてご紹介!

これまでこのブログにてさまざまおいしいお店や旅行先などご紹介して参りましたが、その際に大活躍しているクレジットカード、ダイナースクラブカードのご紹介です。 クレジットカードという...

そして、もう一枚。

ダイナースクラブプレミアムカード

なんと、上位カードであるダイナースクラブプレミアムカードは、100円ごとに2ポイントが貯まります。

還元率にして、2%となります。

現状、これにかなうクレジットカードは存在していません。

プレミアムカードについては、以下で徹底解説しています。

上位カードだけあり、ポイント還元以外のメリットもハンパないです。

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード
 〜ダイナースクラブプレミアムカード

今回は、先日ご紹介しました、ダイナースクラブカードの上位カードである、ダイナースクラブプレミアムカードをご紹介致します。 ダイナースクラブカードそのものもメリット満載なのですが、...

ということで、我々は、こちらをメインカードとして日々利用しております。

今までダイナースクラブカードをメインに使っておりましたが、ダイナースクラブプレミアムカードにすることで還元率が2倍となり、以前に比べてポイントが倍のスピードで貯まるようになりました。

とはいいましても、メリットばかりではございません。

気になる点はございます。

なんといっても、年会費に大きな違いがあります。

ダイナースクラブカード:23,760円(税込)

ダイナースクラブプレミアムカード:140,400円(税込)

我々は十分すぎるほどのメリットを感じており、プレミアムカードを所有しておりますが、ダイナースクラブカードでも十分なメリットとの認識です。

有効期限なし

ポイントに期限がございません。

例えば、3年といった制限があり、それを過ぎるとポイント失効というケースがある中、ダイナースのポイントはそのようなことがございません。

失効することなく貯め続けることができますので、多くのポイントを必要とするサービスや商品も利用したり、手に入れることができますね。

これは大変なメリットです。

我々も、このメリットを最大限利用させて頂いております。

特に、航空会社のマイル、例えば、ANA(全日本空輸)、アリタリア-イタリア航空、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空などへの利用で使えます。

我々は、主にANAマイルへ移行しておりますが、非常に使い勝手がよいです。

ずっとダイナースのポイントで保有し、まとまったところで一気にマイルに移行させています。

ちなみに、ダイナースのポイントから航空会社へのポイント移行にかかる期間は1週間ほど(5営業日)と書いていますが、2営業日ぐらいでANAに反映されました。

非常に迅速との認識で、重宝しております。

上記から、クレジットカードとしてもポイント面で大変即効力及びインパクトが高いです。

ダイナースクラブポイントモール

次にポイントサイトをチェックします。

ダイナースクラブポイントモール

※利用にあたっては、ログインが必要です。

ここで獲得できるポイントは・・・

一休.comレストランを経由することで、

クレジットカード利用の1%(プレミアムカードは2%)に加え、

5,000円ごとに50ポイント、もしくは1%キャッシュバックがプラスされます。

※今回は、「ポイント」の方で計算します。

計算結果

例えば、5,000円を利用したとすると、

クレジットカード利用のポイント

ダイナースクラブカード:50ポイント

または、

ダイナースクラブプレミアムカード:100ポイント

ダイナースクラブポイントモール利用のポイント

50ポイント

となります。

以上から

50 〜 150ポイント獲得できます。

マイルに変換すると、100 〜 150マイルです。

一休.comレストランのポイントもゲット!(これはどのクレジットカードでも同様)

一休.comレストランのポイントも別途プラスされます。

これはダイナースモールに限らず、一休.comレストランを利用した際の獲得ポイントとなります。

一休.comレストランは、会員ステータスにより還元率が異なります。

レギュラー:1%

ゴールド:1.5%

プラチナ/ダイヤモンド:2%

上にいけばいくほどあがりまして、ダイヤモンド会員は2%です。

ダイナースクラブプレミアムカード所有者は、実績を積まずしてダイヤモンド会員にアップグレードが可能です。一気に一休.comレストランステータスの最上位に到達できます。

ダイナースクラブプレミアムカードで、
一気に一休.comプレミアサービスのダイヤモンド会員に!

普段、還元率の高さもありクレジットカード利用時にはダイナースカード(プレミアムカード)を最優先で利用しています。 その他、ダイナースクラブレストランウィークなどのグルメイベント、2人利用...

三井住友カード・ポイントUPモール

三井住友カードの主宰するポイントサイトです。

ポイントUPモール
https://pointupmall.com/

こちらで「一休」と検索すると、以下2件でてきます。

一休.comレストランを選びます。

現在、ポイントが3倍になっているのがわかりますが、「単なる3倍」ではありません。

この倍の部分については、マイル計算がまた異なりますので要注意です。

三井住友カードのポイント

ポイントの名称は、ワールドプレゼントポイントです。

ポイント還元率

1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

5マイル:ANAクラシック会員 / ANA 銀聯カード会員

一般・ワイド・学生・スーパーフライヤーズ・ANA VISA Suica カード・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANA VISA nimocaカード、ANA 銀聯カード会員

 -> 還元率は0.05% 

10マイル:ANAゴールド会員

ワイドゴールド・スーパーフライヤーズゴールドカード会員

 -> 還元率は0.1% 

15マイル:ANA VISAプラチナ プレミアムカード会員

ANA VISAプラチナ プレミアムカード・ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード会員

 -> 還元率は0.15% 

かなり低いですね。。。

有効期限

ポイント獲得から3年となっています。

計算結果

例えば、5,000円を利用したとすると、

クレジットカード利用のポイント

通常1,000円ごとに1ポイントが貯まりますので、

通常、5,000円で、5ポイント。

ポイントUPモール利用のポイント

現在、一休.comレストランの場合、ポイントは通常に比べて3倍となっています。

しかし、ここで注意です。

上乗せとなるポイント分は「プレミアムポイント」として付与されます。

以下に記載されております。

Q.01 ポイント2~20倍はすべてプレミアムポイントで付与されますか?
https://pointupmall.com/qa/

わかりづらいですね。。。

注意!プレミアムポイントのマイル計算

プレミアムポイントは、どのクレジットカードのグレードでも、

一律1ポイント=3マイル移行

となっております。

ポイントアップは3倍となっていますので、

5,000円ですと、

通常ポイント分:5

上乗せポイント分:15(3倍分)

となります。

クレジットカードのグレードにより、1ポイント=5〜15マイルとなりますので、

通常部分は、1ポイント=5〜15マイル。

上乗せポイント分は、1ポイント=3マイルとなりますので、

通常部分は、15ポイント=45マイル。

以上から

5,000円で、50〜60マイル獲得できます。

JCB・OkiDokiランド

JCBカードの主宰するポイントサイトです。

ポイントの名称は、Okidokiポイントです。

グルメ予約で探すと、2件でてきます。

レストランですので、一休.comレストランです。

ポイント還元率

1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

有効期限

所有するカードのグレードにより異なります。

JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア:獲得月から5年(60ヵ月)後の15日まで

JCBゴールド:獲得月から3年(36ヵ月)後の15日まで

JCB一般カード:獲得月から2年(24ヵ月)後の15日まで

計算結果

例えば、5,000円を利用したとすると、

クレジットカード利用のポイント

通常1,000円ごとに1ポイントが貯まりますので、

通常、5,000円で、5ポイント。

Okidokiモール利用のポイント

現在、一休.comレストランの場合、ポイントは通常に比べて2倍となっています。

よって、5,000円で、5×2倍=10ポイントとなります。

Okidokiポイントのマイル計算

600ポイント以上が最低ラインです。

1ポイントあたり、3マイルになります。

以上から

今回、マイル移行が600ポイントだったと仮定して、

5,000円あたりのマイル獲得計算すると、

10ポイント×3マイル=30マイル

となります。

まとめ

以上より、5,000円利用で獲得できるマイル数は、

ダイナースクラブ ポイントモール:100 〜 150マイル

三井住友カード ポイントUPモール:50〜60マイル

JCBカード Okidokiモール利用:30マイル

となり、ダイナースクラブカードを使うことで獲得マイルを効率よく貯めることが可能です。

関連記事

上記から、メリットの大きいダイナースクラブカードについては、以下で徹底解説しています。

ポイント還元のみならず、特にグルメ利用でさまざまメリットの高いカードです。

グルメを楽しむ人に最上のクレジットカード
〜ダイナースクラブカードを実例交えてご紹介!

これまでこのブログにてさまざまおいしいお店や旅行先などご紹介して参りましたが、その際に大活躍しているクレジットカード、ダイナースクラブカードのご紹介です。 クレジットカードという...

ダイナースクラブカードの上位カードである、プレミアムカードについては、以下で徹底解説しています。

上位カードだけあり、ポイント還元以外のメリットもハンパないです。

ダイナースの魅力を最大限活用できる最強のカード
 〜ダイナースクラブプレミアムカード

今回は、先日ご紹介しました、ダイナースクラブカードの上位カードである、ダイナースクラブプレミアムカードをご紹介致します。 ダイナースクラブカードそのものもメリット満載なのですが、...

我々は、これをメインカードにしており、極力これで決済しています。

通常のクレジットカードが1%ぐらいですが、このカードは2%と、2倍のポイント獲得が可能でして大変にバリューのあるクレジットカードです。

以上です

ご参考になれば幸いです。