* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【ホテル・宮古島】セントラルリゾート宮古島 〜平良地区にある便利なホテル(JALの「どこかにマイル」を利用して、宮古島に行ってきました)

 

JALの「どこかにマイル」を利用して、宮古島に行ってきました!

(出典・引用:JALウェブサイト

どこかにマイルについての解説はこちらから。

どこかにマイル 〜6,000マイルで全国の観光地におまかせ旅行!

どの行き先でも往復6,000マイルでいける「どこかにマイル」。

那覇が登場するだけでもラッキーなのに、さらに遠くてリゾートな宮古島が登場するなんてとってもラッキーなタイミングでした☆

※2021年6月に改装され、ホテル内装やサービスが大幅に変わりましたがその前の利用となります。

宿泊したホテル 〜セントラルリゾート宮古島

場所

〒906-0012 沖縄県 宮古島市平良西里225番地

どこかにマイル

このとおり、うまくいけば、宮古島へ往復6,000マイルで行けてしまいます。

通常、往復で一人あたり20,000マイル必要ですので、いかにオトクかわかります。

 

どこかにマイルについての解説はこちらから。

どこかにマイル 〜6,000マイルで全国の観光地におまかせ旅行!

羽田〜宮古島

羽田から宮古島へ!

青い海から、コバルトブルーの海の色へと変わっていく景色!

市街地の上をかなり低く飛んでいるのがわかりますね。

宮古島へ

到着した宮古島空港!

宮古島空港から宿泊のホテルに向かいます。

市街地までの交通手段 〜公共交通機関・バス

電車の無い宮古島といえばレンタカー移動が定番となりますが、今回は「ペーパードライバー」mashichanのひとり旅となるため、ホテルまではバスで移動します。

宮古島空港のバス時刻表

※変わっている可能性があるので、ウェブサイト等で事前のチェックを!

参考 ウェブサイト宮古協栄バス合資会社

かなり本数が少ないですが、ある程度、飛行機の到着時間に合わせていると思われます。

しばし空港のまわりを散策し、時間調整をしました。

交通系のカードが使えなかったので、現金を用意しましょう。

「北小前」バス停で下車

ホテルへは、「協栄車庫行き」のバスに乗り、「北小前」バス停で下車。

約15分くらいでした。

また、運転手さんにもよるようですが、バス停のアナウンスが無かったのでGoogle mapなどで走行位置を確認しておくと安心です。

 

宮古島での宿泊は「セントラルリゾート宮古島」。

宮古島の繁華街、平良地区にあるホテルです。

外観

エントランス

チェックインはタブレット機器で行います。

プランについて

利用した際は、旧プランで、税・サービス料・消費税込で4,400円でした。

ご参考まで、Yahooトラベル楽天トラベルじゃらんだと下記のような価格帯です。

リゾート地である宮古島の金額としてはお値打ちです。

しかも、現在は、「新棟 Asobi館」のお部屋、「biz棟 本館」のお部屋、といった形式にリニューアルされています。

 

最新の金額については、以下から検索可能です。

ロビー

歯ブラシは室内にセットされていましたが、その他のアメニティーはロビーにあるアメニティーゾーンからピックアップします。

お茶やドリップコーヒーもロビーに置かれていて便利!

旅の予定を計画するような雑誌などがロビーにあり、カフェも1Fにあります。

Wifi

ネットも問題なく利用できます。無料です。

お部屋

室内はゆったりとした広さで、机もありビジネス利用もできる仕様になっています。

設備は経年を感じさせますが、現在はリニューアルしています。

USB充電ポートが充実

冷蔵庫、電気ポットなど

ナイトウェア(パジャマ)もあります

洗面・トイレ・バスルーム

3点のユニットタイプとなります。

部屋からの景色(6階から)

窓の外にはちらっと海が見えます。

ホテル近くにコンビニあり

ホテルすぐ近くにコンビニがあり、これもかなりありがたかったです。

周りには飲食店も多く、拠点として宿泊するのもとても便利なホテルでした。

改装されています

現在は、リゾート利用は新館、ビジネス利用は本館、とセレクトできるように改装されています。

次回はこちら

電動機付自転車を借りて、伊良部島に行ってきました!

【宮古島・観光】電動機付自転車で伊良部島に行ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください