【空港ラウンジ】ANAラウンジ関西(国際線) 〜航空会社直営ならではのクオリティ

関西空港は国際空港とあってラウンジもカードラウンジから航空会社ラウンジなどさまざま各ございます。

今回は、関西空港の、国際線セキュリティチェック後のエリア(制限区域内)にある、ANAラウンジ関西のレポートです。

この前に複数のラウンジをまわって、最後にANAラウンジとしましたが、そのせいもありますが、ANA直営ならではのクオリティの大変さを改めて実感しました。

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ANAラウンジ関西

場所

関西国際空港第1ターミナルビル 国際線ゲートエリア 北ウィング 15番ゲート付近

中間駅を降りたところにあります。

外観

関空の他のラウンジに比べて圧倒的に外観から違います。

内装

広々です。

細長ですが、狭さを感じません。

席もたくさんあり、座れないということはありません。

飛行機側に大きな窓があるので飛行機が眺められます。

ちょうど移動していて、とまっているところでした。

晴れていると、飛行機を間近でみることができ、

大変すばらしい景色です。

ミリオンマイラーのタグ。

雑誌も、和洋中華、取りそろえられています。

Wifiもあります

無料でWifiにもつなげます。

メールアドレスを登録するだけでOKです。

ドリンクコーナー

ANAラウンジですので、ドリンクも充実しております。

日本酒。

ウィスキーやワインもあります。

ビールは生ビールです。

ソフトドリンクもありまして、コーヒーや

ピッチャーのトマトジュースや冷えたグラスが完備。

このあたりは、国内線のANAラウンジと共通するところですね。

フードコーナー

国内線のANAラウンジだと、あられなどの乾き物のみですが、

国際線とあって、食べ物が用意されています。

パンやお寿司。

肉団子や焼きそば。

ごはんとみそ汁というシンプルですが、

日本を出る前に味わっておきたいメニューですね。

人気なのが、こちらのANAチキンカレー

ついつい食べてしまいます。。。

その他、リンツのチョコレートも飴と一緒におかれていました。

おちつきます。。。

その他

ビジネスコーナーもありまして、コピー機もあります。

まとめ

ANA直営のラウンジだけあり、たいへん心地良い空間です。

席数も限られ、明らかに混雑している上、サービスもジュースのみといった内容でカードラウンジと比較するのもあまり意味がないですが、SFCカードがあるだけでこんなにもフライトまで過ごす時間が違うのか、といつも思ってしまいます。

家族の一人がSFCカードを所有していれば、家族カード発行で、家族も利用することができ、有効活用できます。

旅行の始まりを演出してくれる、すばらしい空間です。

なお今回のラウンジは「ANAラウンジ」ですが、「ANA SUITE LOUNGE」という、もうワンランク上のラウンジが存在します。

関西空港にはございませんで、国際線だと羽田と成田のみ存在します。

こちらはANAの上級会員でいうと、プラチナ以下だとだめで、SFCでもだめです。

最上位のダイヤモンド会員にならないと利用できません。

もしくは、ファーストクラス利用でしか利用できないという大変ハードルの高い、貴重なラウンジです。

ラウンジ利用券が1枚あたり6,000円でヤフオクやメルカリで出回っているので、それらを使って一度は体験したいところです。

以上です

ご参考になれば幸いです。