* グルメや旅行を充実させるダイナースカードの上位ステータス、プレミアムカードのご紹介が可能です! *

【空港ラウンジ】桃園国際空港(第2ターミナル)JALラウンジ 〜搭乗口至近で出発ギリギリまでくつろげる場所があるのはありがたい【2019年5月・台湾旅行】

 

プライオリティパスで入ることのできるラウンジの後、JALラウンジに訪問しました。

初めてのJALラウンジで期待したところがありましたが、上記のプライオリティパスのラウンジに比べるとちょっと期待外れかな・・・という印象でしたが日系のラウンジですので安心感がございます。

桃園国際空港 JALラウンジ

場所

搭乗口D6向かいにあります。

JALのカウンターでチェックイン時にこちらの案内をいただきました。

ラウンジまでのアクセス

セキュリティチェック、出国審査(イミグレーション)後の場所から5分ほど歩くとございます。

搭乗口方向に歩いていきます。

こういった大きなマップもあるので、迷うことはまずないです。

JALのラウンジも、ありますね。D6付近です。

上記地図のT字路になったところがこちら。

こちらを左に折れると、D5、D6、D7方面になります。

日本航空、JALって看板ありますね。

JALのラウンジ到着です。

内装

初めてのJALラウンジ。印象としては、たいへんキレイです。

電話コーナー

電話が置いている、というよりはここで電話を掛けてください、という場所ですね。

リラクゼーションコーナー

マッサージチェアがありました。意外に使われていました。

クローク

ビジネスコーナー

個室感あるスペース。

電源もWifiも完備していますので、フライトまで集中できますね。

ソファスペース

億にはソファスペースがひろがります。

大きく、いくつかにわかれていますが、広いスペースで席数も多く、座れない、ということはなさそうです。

真ん中のエリアに、フード、ドリンクのコーナーがあります。

ちょっと残念だったのは、雰囲気が無料ラウンジ、待合室の延長のような感じでした。

明るさの問題でしょうか・・・?

使い勝手の面から言うと、ソファスペースにもカウンター席として一人スペースもあるので、集中したいときはよいですね。

電源も完備しています。

出発前だったので混んでいました。

スペースは広めです。

ドリンク・フードコーナー

品数はまあまあありました。

フードコーナー

スープ類。

肉まんやシューマイがございます。

焼きビーフン、チャーハンなど。

お腹にたまりそうなメニューがございました。

こちらが、噂に聞いていたJALラウンジのカレー(ビーフでした)。

これを食べるとすべて終わってしまうので、一通りラウンジメニューを味わって食べました。

辛くて美味しかったです。

これはよかったです。

また、おにぎりやおいなり、サンドイッチもありました。

ドリンクコーナー

ドリンクは冷蔵ケースにありました。

お味噌汁のお椀、フルーツもこちらにあります。

オレンジジュースやトマトジュース、お茶などございます。

ビールのグラスもこちらにあります。

お味噌汁のお椀。

コーヒーサーバー

カップの裏側はJALのマーク。ノリタケ製です。

ビールサーバー

アルコールもあり、ビールがございます。

上記からピックアップして、食事としました。

フルーツも若干ございました。

機内食があるので、控えめに。。。

まとめ

初めてのJALラウンジ。

プライオリティパスのラウンジの訪問後だったということもあったかもしれませんが、内装がキレイだったものの、ちょっと古くさい雰囲気が否めなかったです。

しかし、JALの搭乗口至近の場所にもあり、ソファスペースも広く、席数も多いのでフライト直前までくつろげるのはメリットです。

ビジネスクラス利用の場合は無条件に利用できますが、エコノミークラス利用でもJGC会員(JALの上級会員)になれば利用できますよ。

参考 〜台湾旅行に際して

台湾旅行は他の国に比べて非常にリーズナブルなうえ日本からのアクセスも大変便利。

現地ツアーを取り入れることで、より華やかな旅行にすることも可能です。

海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイト【タビナカ】

千と千尋のモデルとなった九份をはじめ、様々なツアーがあり、なんといっても全ツアー安心の日本語対応。

タビナカ でツアーや料金などを検索!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください