* 年末年始、パリ旅行でした! *

【空港ラウンジ】桃園国際空港(第2ターミナル)にてプライオリティパスの使えるラウンジはやはり快適!【2019年5月・台湾旅行】

 

セキュリティチェックも通過し、JALでの帰国便出発までの間、空港内のラウンジでくつろぐことにしました。

今回、JALのビジネスクラス利用なので、JGC会員ではありませんがJALラウンジを利用できました。

 

と、その前に、プライオリティパスの使えるラウンジに行ってみました。

いつも思うことですが、ハイクオリティなラウンジです。

プライオリティパスの使えるラウンジ(桃園第2ターミナル)

セキュリティチェック通過後の風景。

大規模に工事をしていました。

桃園国際空港第2ターミナルには、プライオリティパスで利用できるラウンジは2つございます。

ラウンジは上の階(4F)にあります

イミグレを通過したエリアには、免税ショップや飲食店などございますがラウンジはその上のフロアにあります。

表示だと、貴賓室(VIP lounge)となっています。

エスカレータをあがると地図がありますので、すぐ見つけられます。

マクドナルドやモスなど、日本でお馴染みのお店がラウンジ周辺にあります。

桃園国際空港に乗り入れている航空会社、中華航空やシンガポール航空、本拠としているエバー航空などののラウンジがございます。

プライオリティパスの使える、Plaza Premium Loungeが2つあります。

Plaza Premium Loungeは、地図でいうところの1番と22番です。

なお、ここにはJALのラウンジが見当たりませんが、搭乗口付近にありまして大変便利な場所にあります。

Plaza Premium Lounge(1番)

まずは、1番と記載されたほうのラウンジへ。

入り口

利用する航空会社によっては、ラウンジ利用をする際は、このPlaza Premium Loungeを利用することになります。

参考まで、上記に記載の通り、ダイナースクラブカードを持っていれば、プライオリティパスをもっていなくても無条件に使えるんです。

ご参考まで、使えるラウンジ例を以下にてまとめています。

ダイナースクラブカードでもプライオリティパスで利用できるラウンジはほぼ同じところが利用可能!

海外の空港だとダイナースクラブカードが強力なバックアップとなります。

外観

空港内にぜいたくに場所が確保されています。

ラウンジ内は、WifiももちろんOK。

受付には、Booking.comの評価も記載されていて、この時点(2019年5月)では、8.5となっています。

ともかく、こういうところに意識が向いているラウンジって、ただ運営しているラウンジとは違っていることが一目でわかりますし、いいアピールにもなります。

こちらも安心できますし、いいですね。

実はこのラウンジ、宿泊ができます

以前(2017年9月)、クアラルンプール経由でインドに行った際、トランジットで同じPlaza Premium Loungeに泊まったのですが、ここでも泊まれるのです。

Booking.comを見ると・・・。

週末で指定すると、売り切れが多いです。

かつ、お高く1泊20,000円ほどしますが、2019年9月時点で受付していません。。。

参考 プラザ プレミアム ラウンジ(Plaza Premium Lounge)Booking.com

このように中に入ると、お部屋がございます。

入り口のオープンスペースにもテーブルがあるので、くつろぐことができます。

受付で、航空券とプライオリティパスを見せて、入室します。

内装

中はシックで落ち着いた空間が広がっています。

シャワールーム

シャワールームがあるのです。

予約しなくても、空いていれば利用できます。

とてもキレイで清潔感があります。

Private resting suite

また、中には個室があります。

こちらが宿泊エリアですね。

こちらは受付カウンターに問い合わせが必要です。

あいていれば仮眠がとれますが、そもそも宿泊で埋まってそうです。

中は落ち着いた照明です。

広々で座るところには困りません。

フードコーナー

なんといってもありがたいのが、シェフがいて注文するとその場で作ってくれる、というサービスがございます。

台湾ですので、牛肉麺や鶏肉飯などございます。

こんなふうに、カウンターで注文してできたら呼ばれますので、品をとっていきます。

基本、ビュッフェ形式です。

えびチャーハン(開いていませんが)。

季節の野菜(開いていませんが)。

スクランブルエッグ(開いていませんが)。

チキンポップコーン??

要は、鶏の唐揚げです。

種類はたくさんあるので、一通り味わえて満足感があります。

お茶うけも若干ですが、ございます。

ドリンクコーナー

サーバに入った飲み物の他、

ドリンクはジュースや炭酸など、缶での提供となります。

台湾ビールがあります。

一部冷やしたスイーツがあり、下の段には、リンゴがそのまんまありますね。。。

休憩できる半個室もあり

予約が必要です。

個室感がよりくつろげますね。

右にみえますが、かなりおくつろぎの方がおられました。。。

Plaza Premium Lounge(22番)

すぐ近くに、同じPlaza Premium Loungeがあります。

外観

こちらも先ほどの1番のラウンジと同様で、必要なステータスも同じです。

入り口

こちらでも、航空券とプライオリティパスを提示して入室します。

1番のラウンジとこの22番のラウンジの違う点は、先ほどの1番のラウンジが室内といった空間でしたが、こちらは屋根がなく空港のオープンスペースの延長のような雰囲気、というところです。

入り口のケースに、またまたリンゴが。。。

内装

こちらはオープンスペースでくつろぐことができます。

フードコーナー

こちらでも先ほどと同様、麺などのオーダーもできます。

メニューも同じです。

こちらもキッチンが見える場所で作っていて、空港ラウンジとは思えません。

温めるだけのレトルト感がないのがよいです。

ドリンクコーナー

コーヒーの他、ジュースもございます。

お湯ですね。

ビールやワインなど、アルコールなどもございます。

カウンター席もあります

カウンターもありますので、作業しながら食事、といったことも可能です。

カウンター席には、電源も完備されています。

まとめ

以上、桃園国際空港第2ターミナルの、プライオリティパスが使えるラウンジでした。

プライオリティパスがあれば、上記のサービスをタダで利用できます。

このようなシェフのいる食事ができて、ドリンクもアルコールもあってと、クオリティのラウンジを無料で使えるのはかなり破格です。

JALラウンジ利用前でしたが、かなり満足しました。

1番のラウンジの方は宿泊もできるので、空港からなるべくでない、という使い方も可能ですね。

参考まで

プライオリティパスについては、以下にてまとめています。

海外旅行時の空港ラウンジ利用に絶大なメリット 〜プライオリティパス

このある・なしで、海外旅行の疲れ方が変わります。

 

また、クレジットカードであるダイナースクラブカードがあれば、プライオリティパスで使えるラウンジがほぼ利用できます。

海外の空港だとダイナースクラブカードが強力なバックアップとなります。

参考 〜台湾旅行に際して

台湾旅行は他の国に比べて非常にリーズナブルなうえ日本からのアクセスも大変便利。

現地ツアーを取り入れることで、より華やかな旅行にすることも可能です。

海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイト【タビナカ】

千と千尋のモデルとなった九份をはじめ、様々なツアーがあり、なんといっても全ツアー安心の日本語対応。

タビナカ でツアーや料金などを検索!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE