ワルシャワ市街から空港へ、そして成田 〜日本帰国【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】15

2017年9月に、羽田からクアラルンプール経由でインド(ニューデリー)に行き、その後ヨーロッパ(イタリア、フランス、ポーランド)を旅行しております。

今回は 11日目、最終日となりました。

全く観光もせず、ただ乗り換えだけのためにワルシャワにきて、そのまま日本に帰国です。

全体のスケジュールは以下となっています。

2017年9月 インド・ヨーロッパ旅行
〜11日間のスケジュール

まとまったお休みをとることができましたので、またまた遠出を計画してしまいました。 7月にもフランス、ドイツに10日間ほど行ってきたのですが、2ヶ月もあけずにヨーロッパを再訪するこ...

なお、前回はこちら。

ポーランドへ移動、ワルシャワ市街へのアクセス情報など
【2017年9月・インド-ヨーロッパ旅行】14

2017年9月に、羽田からクアラルンプール経由でインド(ニューデリー)に行き、その後ヨーロッパ(イタリア、フランス、ポーランド)を旅行しております。 今回は10日目、パリからポー...

スポンサーリンク
レクタングル (大)

ホテル 〜Hotel Mazowiecki

場所

ワルシャワで泊まったホテルは、こちらとなります。

駅から歩くこと15分。

道はとてもわかりやすいですが、遠いです。

ホテル マゾビエツキ
Hotel Mazowiecki

Mazowiecka 10
00-048
Warszawa

部屋の内装・設備

質素な部屋です。

ただ寝るだけですので、ぜいたくは必要ありません。

清潔感はありますよ。

このクローゼット。。。

開くと途中でつっかえ、開くというナゾ設計。

使いませんでした。

バスタブはありません。

シャワーとなっています。

ヘッドを手元にもってこれるタイプです。

固定ではありません。

よかった・・・。

トイレ。

便座が冷たい!

洗面台。

その他設備・サービス周り

電源

1つだけありました。

フランス、イタリアと同じインターフェース(形状、口)で、

Cタイプでした。

Wifi

OKです。

受付で、チェックイン時に言えばアクセスポイントやパス情報がもらえます。

ポット

基本なしです。

日本のホテルのように標準で配備されておりません。

ホテルにリクエストしていないので、貸してもらえるかわかりません。

ドライヤー

そんなものはありません。

かりられるかもしれません。

私は自然乾燥でのりきりました。

アメニティ

外国のホテル(特に中〜下クラス)は、

アメニティはないと思って用意しておくのが無難です。

シャンプー、せっけん、クシなどありますが、持参することをオススメします。

タオルは大小それぞれ1つづつあります。

朝食

朝食がついていましたので、1Fに。

近隣の食事事情がわからないだけに、ありがたい。

この奥に大きなお部屋があり、バイキングでの朝食でした。

ウィンナーやヨーグルトなどございました。

食事後、チェックアウト

夜は全くわかりませんでしたが、こちらがホテルの玄関。

この入り口を入ったすぐのところにレストランがあります。

以前の仕事の関係で購入した、「地球の歩き方 チェコ・ポーランド・スロヴァキア 2012-13」を持っていて、掲載されているレストランをみていたら、このホテルに併設されているレストランがのっていました。

Restauracja – Kuźnia Smaku

地球の歩き方によると・・・、

高級レストラン。

内装は1920〜30年代を意識したもので、使われている家具や絵画もその当時のもの。

スープ 29〜37ズロチ(日本円で、約900〜1,200円)

メインは、

肉料理 37〜62ズロチ(日本円で、約1,200〜2,000円)

魚料理 39〜112ズロチ(日本円で、約1,200〜3,500円)

とのこと。

トリップアドバイザーなどでも、

なにげに評価が高いではないですか・・・。

12時からのようですので、そもそも利用できませんでしたが、ちょっと残念。。。

レストランの看板、ありますね。

この日も雨模様でした。

昨日の夜の騒がしさが全く無いです。

ワルシャワ市内

ワルシャワ中央駅に向かって歩きます。

ついでに短いですが、市内散策も兼ねます。

自転車レーンをみると、ヨーロッパにいることを実感。

自動車、自転車、歩道というレーン構成。

近代的なビルが意外にも多かったです。

あとは、道路がやたら広い。

再開発をしているのでしょう。

ワルシャワ中央駅前

駅前にそびえ立つ、文化科学宮殿。

スターリンによって寄贈されたという歴史的な建物。

近くにいって正面をみると、

KINOTEKAとあります。

宮殿内にある映画館ですね。

駅前公園

晴れていたら、きれいでしょうね。

曇り空が東欧らしさをだしています。

途中、ワルシャワ中央駅前の公園を抜けて歩いていると、ケバブ屋さんがありました。

ワルシャワ中央駅が見えてきました。

空港へ 〜電車にて移動

時刻表らしきものを発見。

空港からきた電車も、このS3でした。

これに乗れば良さそうです。

いくつか鉄道会社が乗り入れていて、どこにのればいいのかわかりづらいんです。

ワルシャワ中央駅構内

このあたりに売り場、窓口がありましたが、

よくわかりません。

この辺は素通りし、ずんずん列車のとまる方へ、

駅ナカに入っていきます。

歩いて行くと、お店も入居しているエリアとなりました。

そのあたりに券売機らしきものがありましたが、よくわかりませんでした。

ということで、対面で購入することにします。

切符はキヨスクで買いましょう

チケット売り場らしきところがありましたので、

列に並び、20分ほどしてやっと窓口に。

しかし・・・。

ここじゃないよ、キオスクで買うんだよ。

とのこと。

会話の中で、私の「ワルシャワ」Warsawとの発音に首をかしげていた窓口の女性でしたが、意味をくみ取ってくれました。

ワルシャワじゃなくて、「ワルソー」Warsawというと通じますよ。

空港は、「ワルシャワエアポート」じゃなくて、「ショパンエアポート」でOKです。

つづりみると、そういえばそうですね。

でも今後使わないだろうな・・・。

駅構内のキヨスク発見

日用雑貨に混じってきっぷも売っています。

レストランとかではなく、日用雑貨を扱っているお店、キヨスクを見つけましょう。

何店舗かありました。

オヤジ店員から購入。

クレジットカードOKです。

各種会社、ダイナースもOKですよ〜。

空港から市内の電車で買ったきっぷとはデザインが違いますが、75分間有効のきっぷ。

4.4PLN(日本円で約140円)。

話せなくても、この写真をキヨスクで見せればOKですね。

改札はないです。

ショパン空港行きのプラットフォームを目指します。

歩いていると電光掲示板があります。

行き先をチェック。

ショパンエアポート行きを確認。

4番線です。

こちらがエアポート行きでした。

トラック8となっているのは8号車(8両目)という意味です。

30分に1本ぐらいの割合ででていました。

旅行者らしき人がいたので、そのあたりで私も待っていました。

しかし、列車がきたときに車両が短かったため、自分たちが待っているところよりも遠くでとまり、かなり焦りました。

その辺りの旅行者は、荷物かかえてみんな小走りでした。。。

空港到着

終着が空港ですので、これで安心です。

ワルシャワでは、電車で焦った記憶しか残っていません。

さて、ヨーロッパ圏をでる最終出国地となるので、

ここで免税スタンプをもらう必要があります。

ちらりと受付カウンターをみると、めっちゃ混んでる・・・。

昨日のパリからの便で、この日のチケットも発券してもらっていましたが、荷物を預ける必要があります。

サクサクさばいていたので、あまり待たずにカウンターでチェックインと荷物預けを完了。

免税手続き

あとは免税手続きです。

ワルシャワ・ショパン空港はコンパクトで、同じフロアに税関がありました。

以下、税関のアイコンで示しているのが、その場所です。

出国後のエリアにもあるのですね。

そこにいくと・・・。

混んでいます。

オマケに、先頭には爆買い中国人軍団がもめています・・・。

めっちゃレシートをつかんでいました。

札束みたいになっていました。

待っていると、ようやく私の番に。

私がハローと笑いながら、パスポートと免税書類一式渡しても、

税関の職員が無表情で出迎えます。

ムダに力をいれてスタンプを押すため、音が響きます。

それだけもらえればOKですけどね。

ちゃんとスタンプを押してもらったのを確認して、さっさと出ます。

免税書類一式について

いつもここで思うのが、免税書類一式をどう送るかという問題。

最近は成田に戻るとポストがあるので、帰国して出してもOKになりました。

空港にポストがある、という説明を受けるのですが、このワルシャワ・ショパン空港にはありません。

結果、持ち帰り、日本から郵送しました。

送料はかからないのですが、念のため送る際に郵便局に確認しましょう。

免税については、古かったりあまり情報がなく、

特にワルシャワの空港が最終出国地だったらどうなるの?とか、

海外にいくことが多くなり、かなり情報が蓄積してきました。

以下に詳しく解説しています。

ワルシャワ・ショパン空港での免税手続きについてのまとめ(2017年9月)

(以下について、都度最新情報に更新しております。) 先日(2017年9月)、訪れたポーランドにおいて、日本への帰国便の際にワルシャワ・ショパン空港を利用し、免税手続きを行いました...

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・グローバルブルー社の場合(2017年9月)

どこよりも詳しく解説・プレミアタックスフリー免税手続きまとめています。 ヨーロッパで購入した商品の免税手続きに関して、記載したいと思います。 結論を先に申しあげます...

日本帰国後の免税手続きについてのまとめ・プレミアタックスフリー社の場合(2017年9月)

どこよりも詳しく解説・プレミアタックスフリー免税手続きまとめています。 今回は、前回に続き、免税手続きについての解説です。 プレミアタックスフリー社の書類だった場合の手続き...

セキュリティチェックは優先レーンでラクラク通過

あとはセキュリティチェックです。

見ると、やはり中国人のツアーらしき一団がめちゃめちゃ並んでいます。

入れなくて、列が何重にもなっています。

これに普通に並ぶと、いつまでかかるのか。

不安とストレスしか感じません。

しかし、私にはとてもすばらしいカードがあります。

私、スターアライアンスのゴールドメンバーですので、

ファストトラックという優先レーンが使えるのです!

予約時に会員番号も入れているので、その時点でチケットにこの情報が入っているので、その場でカード提示は必要ありません。

場所はコチラ。

ファストトラック入り口。

ここにはだれも並んでいません。

手荷物をスキャナーに通して、ボディチェックをうけて、ハイ通過。

セキュリティチェックを振り返り、撮影。

正味5分程度でした。

最強ですね〜。

ANAさんでスターアライアンスのゴールドメンバーになっていますが、ストレスなく通過できました。

私は、ANAでスーパーフライヤーズ会員であるため、同じスターアライアンスメンバーのLOTポーランド航空でも同様の会員ステータスが使えるんです。

ANA スーパーフライヤーズ会員https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/service/sfc.html

ステイタス獲得条件
https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/status/

獲得するのはちょっと大変かもですが、

ともかく、海外旅行で絶大な威力を発揮します。

その他、優先搭乗や航空券の優先確保なども魅力ですよ。

空港ラウンジ LOTビジネスラウンジ

さて、免税スタンプももらい、かなり余裕ができましたので、ラウンジでくつろぎます。

たとえ、エコノミークラスでも、スターアライアンスのゴールドメンバーだと利用できます。

以下にて、別途解説しています。

ポーランド LOTビジネスラウンジ訪問レポート(2017年9月)

2017年9月訪問 先日(2017年9月)訪れたワルシャワにおいて、日本への帰国便の際にワルシャワ・ショパン空港にあるLOTビジネスラウンジ・ポロネーズ(Polonez)を利用し...

セキュリティチェック後、飲食店が沢山集まったエリアがありました。

出国後エリアのお店がかなり充実している印象です。

ラウンジの場所

上の看板を見ながら歩いているとラウンジの案内がありますので、それに沿ってすすみましょう。

こちらが目印。

上に上がると、玄関です。

LOTビジネスラウンジ ポロネーズ Polonez

場所:シェンゲンエリア・ゲート 24/26 近く
営業時間;5:00 – 23:00

入り口でスターアライアンスゴールドメンバーのカードを提示。

ここではチケットの他、スターアライアンスゴールドメンバーであることを示すため、カード提示が必要です。

ラウンジ入室

細長で奥までずっと広がっています。

広いですが、座席が埋まっている・・・。

カウンターで立って食事している人、PC作業している人も。

奥にいくとちらほらあいている席がありました。

ビジネスラウンジだけあって、充実しています。

アルコール類やパンなどもたくさんありました。

私はスイーツでまとめてみました。

このラウンジには、奥の方に特別にVIPルームもありました。

近くに座って、自動ドアが開く度にチェックしましたが、中をうかがいしれず・・・。

搭乗口へ

【フライト情報】

LOTポーランド航空 79 便

ワルシャワ 15:10発
成田 翌8:45着

フライトの時刻が近づいたので、搭乗口に向かいます。

途中、odprawa celnaという免税カウンター?がありました。

歩いていると、両替窓口がありました。

免税処理したレシートを、その場で現金で換金もできるようで、そのようなやりとりがみえました。

ここでも中国人軍団。。。

いよいよラストフライトです。

機内

1ヶ月前の予約時に座席の配置をみたところ、

ガラガラでしたので座席指定をするか迷ったのですが、

座席指定して正解でした。

結局、ほぼ埋まっていました。

成田-ポーランドは週3便だそうです。

人気なのですかね。

周りは年配の日本人ツアー客の皆様。

ポーランドに行くとは渋い。

日本人だらけで、帰国便なんだなあと思う場面でした。

乗客も行儀のよい方々ばかりでよかったです。

直近のエアインディアが相当にひどかったですから・・・。

機内の設備

座席はエコノミーですので、仕方ありません。

横は、バッグの幅くらいです。

毛布類。

それにしても、

せまい・・・。

通路側じゃないとストレスがハンパない。

機内はとてもきれいでした。

少なくとも、直近でのったエアインディアよりは相当快適です。

直近のエアインディアが相当にひどかったですから・・・。

ボーイング878の、787ドリームライナーということで設備も新しいです。

機内のエンターテインメント

エンターテインメントコントローラー。

音楽も、映画も好みのものがなく、動物モノをみます。

ちょうど野生動物の過酷さをウォッチする番組があり、ペンギン特集をやっていました。

かなり切なく、食事をしている時にみるものではなかったです。

コペンギンのエサを求めて海に戻る親ペンギン。

背中がシブすぎる・・・。

機内食

機内食は2回でした。

エコノミーなので期待していません。

こちらはディナーです。

お魚にしました。

パン
サーモンとマッシュポテト
玉子焼き、さやえんどう、大根の煮物
ワカメときゅうりのサラダ
デザート(チーズケーキ)

お箸付きでした。

こちらは朝食。

オレンジジュース(選択)
パン
パンケーキ
サラダ
フルーツ(スイカ、パイナップル、メロン)
チョコレートバー

食事もそこそこに、ずっとiPadで雑誌を見ていました。

成田空港に到着

10時間のフライトののち、成田に到着。

8:45着。

ワルシャワに比べれば、やはり湿気を感じますね。

このキャラをみると、日本に帰ったなと思います。

到着階へ。

以上となります

ということで、15回に渡るインド〜イタリア〜フランス〜ポーランドの旅行記は終了です。

また、旅にでますよ〜。

以上です。